小樽商科大学ラグビー部ログ -2ページ目

小樽商科大学ラグビー部ログ

小樽商科大学ラグビー部のブログです。
以前使っていたものが要領オーバーになったため移動しました。


テーマ:


こんばんは!
これまで3年生までの感想を紹介してきました。
本日は、今シーズンで引退を迎えた4年生の感想を紹介します。


田本健朗
結果としては大変悔しいものとなってしまい、個人としても最後のインカレを怪我で満足にプレーできなかったことは、非常に心残りです。怪我人も多く、厳しい状況だったチームに貢献できなかった自分が情けなく、チームに対して本当に申し訳なく思っています。しかし、劣勢の中でも最後まで走ろうとする後輩達の姿はいつもより頼もしく見え、彼らが今年感じた悔しさは、来年度以降に必ず繋がると信じています。
 大学から始めたラグビーがこんなにも楽しく、こんなにも貴重な体験ができるとは思いませんでした。それらは、先輩方や先生を含む、ラグビーを通して関わってきた全ての方たちのお陰だと思います。本当にありがとうございました。
この商大ラグビー部で、この仲間たちとプレーできたことは、僕の人生の誇りです。今度はOBとして、後輩たちをいつまでも支えていきます。4年間ありがとうございました。 


小野寺雅刀
最後の年にA2に降格してしまいとても悔しいと言うのが率直な感想です。
しかし、この4年間で苦しいことも楽しいことも共にしてきた仲間ができたことはとても大きな財産になりました。
応援してくださったOBOG、保護者の皆様、練習や試合の大きな支えとなりました。
本当にありがとうございました。
今後は私もOBという立場でラグビー部に貢献していきたいと思います。
来年度以降のラグビー部も是非応援よろしくお願いします。


荒 巧介
最後のインカレは悔しい結果となりましたが、厳しい状況でも最後まで共に戦ってくれた仲間を誇りに思います。
ラグビー部に入り、先輩や後輩、同期、先生、コーチと出会い、貴重な経験をすることができました。これほど幸せな大学生活を送ることができたのも、商大ラグビー部に関わる全ての方々の支えのおかげです。今まで私達の活動に協力していただいた皆様、本当にありがとうございました。
今後もOBとして、商大ラグビー部をずっと応援していきたいと思います。

捧亮也
道大での降格の反省を生かして挑んだインカレでしたが、1勝もすることが出来ず終わってしまい、本当に不甲斐ないです。
就職活動が終わり、部活に復帰して、代わりにチームを引っ張ってくれていた3年生や、一皮むけた2年生の成長を見た時に、このチームは4年生がいなくなってもどんどん強くなっていくと思いました。今年はインカレ降格という結果になってしまいましたが、今いる後輩たちがこの悔しさをバネにして、小樽商大ラグビー部をA1の舞台に戻してくれると信じています。
最後になりますが、乙政先生、三宅コーチには大変お世話になりました。また、OB.OGの皆様、試合に足を運んでくださった皆様、サポートしてくれたマネージャーの皆んなには、申し訳なく思うと共に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。


兼平健介
主将として臨んだ一年でしたが、結果として道大もインカレも降格してしまい、責任を感じています。しかし、一年を通して、後輩たちが成長していたのもすごく感じていたし、インカレではとてもいいチームにまとまってる感覚もありました。来年は今までやって来たことをゼロに戻して最初からになるのではなく、今までやって来たことにさらに積み上げていけるよううにし、上を見ていって欲しいです。
この個性豊かのメンバーが集まったこのチームの主将を務めることができて本当に良かったと思います。ありがとうございました。


山崎瑞貴
最後のインカレはA1ブロック降格という非常に悔しい結果に終わりましたが、商大ラグビー部でマネージャーとしてお仕事出来たことは一生の宝物です。ラグビー部入部して、楽しかった事も辛かった事も大切な思い出です。
来年は、後輩がこの悔しい気持ちを胸にA1ブロックに戻ってくれると信じてます。
来年からはOGとして、チームの力になれたらと思っております。






以上で今シーズンを戦い抜いた部員たちのインカレ感想の紹介は終わりとなります。
来シーズンの商大ラグビー部もどうぞよろしくお願いいたします。
次回は第93代主将 兼平からの挨拶をお届けします!是非ご覧ください。


2年 桝田

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス