■□■2冊の本のご紹介□■□
 
「持ちすぎない」新しい習慣

 

「使い果たす」新しい習慣

使い果たす習慣 使い果たす習慣
1,404円
Amazon

 

「片付いた家」は
心・家計・時間を守ります
お片づけ系 記事
 

■□遊びに来てくれて■□■□

■□ありがとうございます□■

 
実家に泊まりました。
 
父が1人暮らしの家は
部屋が余っています。
好きにやっているから 
居心地は良さそうです。
 
もう少し庭を
なんとかしなければ
と帰るたびに思いますが
 
 
小さな椅子に座っていると
スズメが草の中や
茂みに入って遊んでいます。
 
ピアノ少し弾いてみたり
お墓まいりしたり
 
どうして私の家は
ピアノが畳の上に
のっている、似合わないと
 
本気で悩んでいたのは
中学生の頃
 
 
私が
「畳にのってるピアノ」を
弾ける場所は
もうここだけです
 
マンションの猫たちは
近所の方に鍵を預け
お願いしています。
 
 
実家に戻るといつも
駅でなんだか
途方にくれるような気持ちで
 
新しくできたお店を見たり
 
やることないなー
と考えて歩いています。
 
子どもの宿題
PC、本など入れて
結構重たいスーツケース
 
とぼとぼ歩いていたら
空がすごくきれいで
 
 
 今の
自分のマンションと近所が
1番気楽で自由自在、楽しい
 
すごい空の色はいろいろある
気がかりなことを
忘れてしまうくらい
きれいです
 
久しぶりに父と会い
たくさん
話すわけではないけれど
 
扇風機の前で
アイス食べたり
網戸にとまったセミを観察
 
暇だと言いながら
過ごす時間も楽しいです。
 
 
実家で「親孝行」とか
なんだか肩肘はろうとするから
プレッシャー感じるけど
 
ただ遊びに行けば
楽しい古い家
 
同じ時期に一気に
建てられた新築の戸建てが
並んだ住宅地
 
30年過ぎると
建て替えられたり
取り壊されて更地に
新しい人が越してきて
 
知ってるけれど
もう知らない場所です
 
実家のテレビの前には
イノシシの置物
 
昔の家族旅行の
シーサーが置いてある
 
北欧雑貨でも
スタイリッシュさもない
 
揃わないままで
一緒に並んでる雑貨
 
畳にのってるピアノが
 
自分が大人になったら
抱きしめたいくらい
よろめいていて
かわいく思えます
 
夜ご飯はカレーライス
など作って
 
 
気軽な気持ちで
「親孝行」「子どもの義務」
「〜として〜しなければ」
とか忘れると
 
やってみたいことが
湧き上がって
 
父がイマイチだった
と言って
貸してくれた本を読みながら
 
畳でゴロゴロしていると
 
夜がやってきて
虫の声が聴こえて
 
心の雲が晴れるような
気持ちになります。
 
□■□■□■□■□■□■□■
ランキング参加中。
気が向いたら
猫の背中、押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村