先日おしゃべりをして
自転車を褒められたのが
嬉しくてギアを回したら
チェーンが外れました。
 
IMG_20171031_145601762.jpg
 
さよならを言って
自転車に乗ったら
ペダルが動かず
 
焦りまくってごまかして
押して歩いて別れました。
 
 
角を曲がって
自分で直そうとしたけど
できなくて
手が汚れました。
 
自転車屋さんまで
押して歩きました。
 
 
自転車屋さんは
誰かの自転車を修理中でしたが
声をかけて
ペダルが回らなくてと伝えると
チェーンをあっという間に
直してくれました。
 
 
作業中の手は
私より汚れていました。
 
お金を払おうとしたら
簡単だからいいですよ
と言われました。
 
自転車屋さんの油か
すすのようなものかで
汚れた手が
 
ものすごく熱くて
かっこよくて
涙が出そうになりました。
 
 
図書館に1時期
中毒のように通い詰めたのは
自分の大好きなものに
再会したからです。
 
「それなりの格好を
していないと恥ずかしい」
 
「着ている服・持ち物は
その人となりを表す」とか
 
強烈なメッセージが
恐ろしかった私は
 
マッチうりの少女を
図書館で読み
雪に凍えて
窓の明かりの下にいる
 
会ったことないし
見たことないけど
ずっと希望を渡してくれた
お友達に再会した気持ちでした。
 
 
「お得」「高見え」
「上質」「こだわりの品」
 
しばられて右往左往しすぎて
好きなものを見失っていました。
 
図書館で物語に出てくる
子どもにどんどん
再会していくうちに
 
「着ている服や
持っているもので
誰かを判断しているのは
心底ダサい、バカらしい」と
わかりました。
 
 
自転車屋さんの手みたいに
私はもっと
汚れて恥ずかしくダサく
生活します。
 
私の愛していたものは
探してみると
汚れていて恥ずかしくて
ダサくもあったかいもの
ばかりです。
 
欲しいものを
もっと手に入れます。
 
 
夏に伸びていた猫は
丸くなって眠っています。
 

■□■□■□■□■□■□■□■□■
遊びに来てくださる皆様のおかげで
「本」ができました。

ありがとうございます!

脱力系ミニマリスト生活 脱力系ミニマリスト生活
1,296円
Amazon
 

■□■□■□■□■□■□■□■□■
ランキンング参加中。
気が向いたら
猫の背中、押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村