洗濯ライフを悩ませる

「梅雨」がやってきました。

 

マグちゃんで「部屋干し」の

生乾きのにおい激減です。

 

 

 

「梅雨」は靴下、下着、

 

着て出かけると

新しい服買わないとと

いう気持ちになる

 

「無駄買い引き寄せ服」を

使い果たす

絶好のシーズンです。

 
掃除と服の断捨離が
同時進行で進み
洗濯物も減ります。
 
これはどうかと迷う服を

着て出かけます。

 

実際に着てみて

やっぱりこれはない

 

「無駄買い引き寄せ服だ」

と確認できたら

洗濯機に入れておきます。

 

 

洗濯したら

程よく濡れていますので

そのまま普段

気合を入れないと

掃除できないところ

 

ゴミ箱・玄関のたたき

トイレの床・排水溝・靴箱の中

など拭きまくって

捨てます。

 

梅雨は汚れがゆるんで

きれいにするチャンスです。

 

年末に強力洗剤を

買いまくる習慣とも

おさらばできます。

 

中古品売買のやり取り

1日かけてフリーマーケット

回収ボックスへ出向くのは

自分でやってみると

ものすごく大変です。

 

そんなパワーなどない

と足がすくむ方には

とてもおすすめの

「梅雨断捨離」

 

 

「服」としておいておくと

何にもならず

 

買取金額が低いと

損をしたと思いがちですが

 

「需要がない」という

ことです。

 

市場をたらい回しにされ

さまようだけかも

しれません。

 

IMG_20170524_062332437.jpg

 

自分で「服」という

脳内ラベルを引き剥がし

 

「リュクスな雑巾」と

新たに名付ければ

ものすごく使えます。

 

掃除グッズを買いに行く

労働からも解放され

 

家はきれいになり

使わない服を

自分の手で使い果たし

「さよなら」できます。

 

 

「もったいない」「高かった」

 

なんとかしようと

勇気を出して持っていった

服の買取で10円とか

 

「高く売れない」と

自分を否定されたようで

 

傷つく、諦めるパワーが

ない時は

 

服を

自分で0円で買取ります。

 

 

「レースのついた

とびきりリュクスな雑巾」

 

2万円の雑巾で

お掃除したらいけない

というルールはありません。

 

掃除機4万円、

雑巾に5万円使っても

いいのです。

 

去年は流行っていたとか

特徴的なデザインは

シーズンが過ぎたら

 

「服」としては

もう引き取り手がなく

 

市場を彷徨う迷い子に

させる確率大です。

 

誰も着ない・欲しがらない

買い取ってもらえないなら

 

脳内の「服」という

ラベルをはがして

自分で付け替えれば

変身します。

 

真っ黒な網戸も

放置された場所も

輝かせられます。

 

「元・服」にありがとうと

叫ぶことができます。

 

 
着ない服を買った
「失敗」は
誰でもあると思いますが
 
「失敗の山」は
ラグジュアリーな雑巾の
宝庫に変わります。
 
家を磨いてみると
 
私の「失敗」は
家中の「輝き」を
つくることがわかります。
 

■□■□■□■□■□■□■□■□
遊びに来てくださる皆様のおかげで
「本」ができました。
ありがとうございます!

脱力系ミニマリスト生活 脱力系ミニマリスト生活
1,296円
Amazon
 

■□■□■□■□■□■□■□■□■
ランキンング参加中。
気が向いたら

猫の背中、押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村