休日に

大量に余っている

ビニール袋や買い物袋を

もらってきました。

 

私の家では

ビニール袋が少ないのですが

掃除やゴミを入れるのに使います。

 

 

たくさん余っているのを

もらって助かっています。

 

綺麗な紙袋に詰め込んで

お買い物気分で帰りました。

 

以前

「素晴らしき収納人間」に

なろうと思って

 

ビニール袋を1枚ずつたたんで

ビニール袋専用の

収納グッズを使っていました。

 
 

ある時

もらってきた大量の

ビニール袋を前に考えました。

 

この時間があれば

ピアノが3曲くらい

練習できると思いました。

 

キッチンの何に使ってよいか

わからなかった備え付けの

細長い収納に

すべてのビニール袋

ゴミ袋、紙袋を詰め込みました。

 
 

使うときも3秒で取り出して

こぼれたら押し込みます。

 

非常にラクで

ワイルドな家掘りができ

以前よりもワクワクしました。

 
3秒収納。

 

ビニール袋の

「たたみ労働時代」には

 

「乱すものは 全員 敵!」

くらいに

非常にムダにとがっていました。

 

今は豹変して

自分が先頭をきって乱しています。

 
 

詰めこんでから

滝が流れるように出し

押し戻します。

 

開けてびっくり

豪快「カオス収納」は

 

適正量だけまもれば楽勝

ワクワクします。

 

 

すました顔の内側で

情熱の風が吹いている

 

「カオス収納」が大好きで

いつもこの楽しさを

伝えたいです。

 

「買い物労働」「家事労働」

 

 

「生活実験」で

 

「整理整頓労働」を

どんどん減らして

収納グッズを捨てました。

 

自分の忘れかけている

感覚と再会していくうちに

 

自分たちがつけたキズも

へこみ、はがれ

全部が心の中で輝きだして

 

インテリアは「季節の風」とか

家にできる「影」になりました。

 

そうやっていくうちに

乱れのない、中身の見えない

きっちり収納は

家にそぐわなくなりました。

 
 

一生懸命に

トータルコーディネートして

「カオス収納」が

元気に使えることを発見しました。

 

 

風に乱れて咲いている

花を見ているとワクワクしてきます。

 

自分のアジトもそんな風に

できたらと思うと

走って家に帰りたくなります。 

 
 
この猫
なんて顔しているだろうと
考えると
 
猫をつかまえて
確認したくなります。
 
フィルムの写真が現像されて
ピントがボケて
薄暗い写真もいつも大好きでした。
 
そんなことを思い出します。


■□■□■□■□■□■□■□■□■
遊びに来てくださる皆様のおかげで
「本」ができました。
ありがとうございます!

脱力系ミニマリスト生活 脱力系ミニマリスト生活
1,296円
Amazon
 

■□■□■□■□■□■□■□■□■
ランキンング参加中。

気が向いたら
猫の背中、押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村