「読書の秋」と耳にするだけで、
走って図書館に行きたくなり
困っています。


 
自分が太宰治が亡くなった
年齢ということもあり
太宰治の本をいくつか読んでいます。
 

 
小学生の頃、学校の図書室に
モナリザのレプリカの絵が

掛けてあり、
 
モナリザの目が動くという噂が流れ、
本を読まずにじっとモナリザを
見張ることが流行りました。
私も一度見張りました。

 

図書館の時計が逆に一回転する

という噂も流れました。
 
今は「もの思う葦」を
図書館でかりて読んでいます。
 

もの思う葦 もの思う葦
432円
楽天

 
美しさは、人から指定されて
感じるものではなくて
自分で、自分一人で、
ふっと発見するものです。
 
強烈な文に挟まれてやさしい
勇気付けられる言葉に出会えます。
 
自分が図書館、公園といった
0円スポットに
 
時間を見つけては通いつめる
大人になるとは
思っていなかったこともあり、
少し焦る気持ちです。


 
時流に遅れすぎてもいけないな、
たまには街に出かけた方が
良いとも思い、
 
先日久しぶりに美術館に行ったら
家族と喧嘩になりましたが、
 
喧嘩ですらも
公園の緑の中でするほうが
スカッとするのは不思議です。
 
真面目に街活動に取り組み、
太宰治が通っていたという
バーにもアルコールを
飲まないのに出かけました。
 
知らないカタカナが並ぶ
メニューは途中で面倒になります。
粘り強さが全く身につきません。

 

IMG_20170729_064201534.jpg 
 

「アルコールが入っていない
カクテルという感じのものを
お願いします」と
緊張してオロオロとお願いしたら
スイカのカクテルが出てきました。
 
和やかな空気で、

想像していた「葛藤の跡」は
見つかりませんでした。


 
0円スポットの図書館で、
 本を開くと切実な葛藤が

ひしひしと胸に伝わってきます。
 
ムーミンの本も大好きですが、
不思議さもミイちゃんの激しさも
ムーミングッズの中より
本の中に散りばめられています。
 
自転車に乗って
0円の近所の絶景スポットで
缶コーヒーでも飲んで、
少し秋を感じる風に吹かれます。


 
ツバメもまだ飛んでいます。
かわいい栗はするどい刺です。
用心して針先をつまんでみます。
 
セミが鳴いていて
土を踏んでただ歩いていることが
いつもひたすら楽しい時間です。

秋も0円スポットに没頭します。
 

■□■□■□■□■□■□■□■□■
遊びに来てくださって
ありがとうございます!
本を「ハロム」さんで
紹介していただきました。
よろしければ遊びに行ってみてください。

https://hallom.jp/14404 

脱力系ミニマリスト生活 脱力系ミニマリスト生活
1,296円
Amazon
 

■□■□■□■□■□■□■□■□■
ランキンング参加中。
気が向いたら
猫の背中、押してください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

AD

コメント(10)