新型コロナウイルス騒動を受けて思うこと | 国分寺発達障害児学習指導教室smileのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

国分寺発達障害児学習指導教室smileのブログ

国分寺市にて、発達に不安のあるお子さまを対象に、個別指導を行っております。
ABA(応用行動分析)を基盤に、一対一体制・60分のセラピーをやります。
HPはコチラ↓↓
http://smileryoiku.com/

我が家にも二人、学校が休みになり主に在宅の娘たちがいます。
二人とも、学校が休みになり大喜び。
特に中一の長女は、マラソン大会や期末テストがなくなり、歓喜していましたニヤニヤ

私も二週間休みとなったので、テレビでワイドショーなどみていたら、連日の報道があまりに偏っていて驚きました。
おそらく突然の春休み前倒しに喜んでいる子どももたくさんいるはずだと思うんですが、テレビでは、悲しんで泣いている子どもしか見せない。こういう操作はうんざりしてしまいます。
やったー!というのが大多数の子どものホンネではないのでしょうかw
親は最悪ですが。


マスコミが、中国全土からの入国を禁止にしないことにたいしてはほとんどたたかず、休校要請にたいしてばかりたたいている違和感、、。

春節が終わり、一斉に欧米諸国が中国を入国禁止にした時になぜ日本もやらなかったのか、私は不思議でたまらなかったし、憤りを感じましたが、新聞もテレビも、もちろん野党も、そのことをたいして取り上げていない。
2月は、1日二万人の中国人観光客がやってきて日本を自由に動き回っていましたが、野党もマスコミもさほど触れていなかったように見えました。
「新型コロナウイルスはたいしたことない」「ほとんどは軽症」
と、連日、専門家の「たいしたことない説」を聞かされていたような記憶です。
たいしたことないのに欧米諸国はいきなり中国全土入国禁止にするのかなあ、やっかいなウイルスだという裏情報をつかんでるとかじゃないよね、、?と、マスコミに情報操作されている一国民である私はモヤモヤ。
今は1日800人程度が中国から渡航してきているようですが、世界から「日本は防疫より中国に忖度した」と言われている今もなお、隔離することもなく自由に動けているようですね。
日本人は今、中国に行くと二週間隔離されますが…。
このまま日本の感染者が増えると、アメリカも日本を渡航制限するでしょうし、世界中の人が日本に来られなくなり、中国を渡航制限して被る経済的損失なんかよりはるかに経済的ダメージを受けると思います。
東京オリンピックも控えているのに、、。

こんなに日本中にマスクがない中、二階幹事長や鳩山氏が、(都民の税金で買った)10万着の防護服や、百万枚のマスクを中国へ送ったことも、テレビではあまり報道されませんね。


急な休校要請に対して怒っている人たちは、学校で集団感染がおこったら、今度は「休校にしなかったこと」に対して怒るように思えます。
それに、では何もせず、黙って感染拡大していくのを見ていればよい、というのでしょうか。
野党も、代替案を提案することなく文句だけ言っていて、うんざりしてしまいます。
学校より学童や放課後デイのほうが濃厚接触でより悪いと言う人もいますが、集団の規模が違います。
どうしても仕方ない人のために学童や放課後デイが機能するのは良いとして、学校休校は私は妥当な策だと思っています。
集団免疫論から見ると子供達の感染を下げると高齢者や乳児の死亡率は下がるとされていますし、中国からやってきたこのウイルスはなんだか得体がしれなくて今言われていることを100%信じられないので、若者を守っておきたいとも思います。
とにかく感染拡大を防がないと、日本の経済も崩壊してしまいます。
世界の日本を見る目も変わってしまうと思います。


マスコミがそういうふうに持っていってるようにも思えますが、
今回の新型コロナウイルス騒動で、なんだか、自分のことしか考えてない人がいっぱいいるんだな、と感じてしまいました。
学校休校の急な発表で怒り狂っている親のコメントもSNSでよく見かけましたが、
「日本」のことや「どこかで命の危険がある人」のことより、
「明日から子どもが家にいる」ということのほうが重要な問題なんだなあと。

私は、歴史が大好きで、四六時中歴史の本を読んでいるので、日本という国と日本人であることに誇りを持っています。
日本人は古代から和を尊び、多くの災害、災難に力を合わせて乗り越えてきました。
今現在も、皆が痛み分けをして、国民全員が感染拡大を防ごうと思わないと、大きな国益を損なうことになるだろうと思っています。

政府やマスコミが、なんだか全然ダメですし、国民全員が頑張るしかないのではないかという気がしています。


療育と関係のない、今思っていることを書かせていただきました。
ずっと家にいるときに、家庭でやりやすい課題内容等についても、この機会に、提案、発信していけたらと思います。
ちなみに、うちの子供達(私も)には予定表を作らせています。

↓これは次女の予定表
本人が書き込んだものです、、

もうすでに、堕落してきているのが分かる予定表になってますが、、滝汗
いま親にできる一番偉大なことは、スマホを取り上げ、管理することだと思ってますてへぺろ

時計を見ながら行動することがまだできない次女には、時の概念を教える良い機会にもなっています。