オツカイ布袋製作所」所長兼店長のotsukai-masterです。

 

文庫手帳2017 を来年の手帳にするといっても

ページ数が不安です。

なにやかや貼り込むところ・メモするところが欲しいです。

それにもう少し厚い方が いつものカバー達とも合います。

で 嵩増しのため合冊します。

 

お相手は 文庫つながりで

無印良品 再生紙文庫本ノート・薄型

惹句

文庫本と同じ製本手法でノートを作りました。

 

いつ買ったのか覚えていません。現行の商品とは違うかも。

 

で合冊。

白いのは PPシートをA6ノートサイズに切った物。

裏表の表紙にして 表紙裏のポケットに入れます。

本来の表紙は柔らかく安定しないので補強工事です。

 

貼ります。

使うのは はやりのマスキングテープです。

後できれいに剥げる(割合が高い)ので 都合が良いです。

 

背表紙から。

きっちりと揃えて。

無印の方がちょっと背が低いです。気にしません。

 

次 表紙裏。けっこう大胆に 頑丈に えぇ加減に貼ります。

 

真ん中。2冊合体。この部分は後でもう少し見目の良いものにしましょう。

表紙同士をくっつけてても良いです。

使い勝手で考えます。

2冊の合わさる表紙を輪ゴムで結合する方法もありますが

柔らかい表紙だと傷みますし不安定なのでこんなふうにしています。

 

出来ました。

表紙がしっかりしている方が 使い勝手が向上します。

貼り方はいい加減で大丈夫ですが,

元の状態に戻す際

この無印のノートの表紙の紙質だと

マスキングテープがきれいに剥げないかもしれません。

その時は諦めて きわでテープを切って はったままになります。

なので 少しは気にしてきれいに貼った方が良いのかも。

私は どうでもえぇ タイプです。

 

A6ノート2冊を順繰りに使ったり 前期・後期で使ったり

使い道(前:メモ 後ろ:記録)で分けたり いろいろしてきました。

今回は1年区切りで 前:メモ 後ろ:記録 のタイプです。

こだわりがないし統一感もありません。

えぇかげんです。