何とか抜けました・・・

度々このような修理を行いますが、こうなるまでに何らかの自覚症状が発生しているかと思われます。

これはシフトケーブルですので、シフトチェンジした時に1クリックで変速しない場合、ほつれかけている可能性があります。

インナーワイヤーは、一見ほつれているかわからないため、不安な場合は、専門店で見てもらう必要があります。

ブレーキと違い、直接命に関わる部品ではありませんが、ツーリングの途中でシフトチェンジが出来なくなると、リアの場合上り坂で重いギヤのままになったり、フロントの場合回転の割にスピードが出なかったりとストレスに変わりますので、事前のチェックが必要です。

何よりも、STレバーの中でほつれてしまうと、内部でワイヤーが引っ掛かり、それを抜き出すための工賃が余分にかかりますのでかえって不経済です。

年に一度は定期的なメンテナンスをおススメいたします。

他店購入車でもお気軽にご相談ください。m(__)m

 

品川区 第一京浜沿いにある 大塚自転車店HP→

あなたのサイクルパートナー 大塚自転車店