ATguitars ×TANTANオリジナルモデル | GuitarShopTANTAN

GuitarShopTANTAN

GuitarShopTANTAN


テーマ:


先日、ATギター(高野氏)の制作工房にて当店のオリジナルモデルを視察してきました。


今回のテーマはズバリ、AT最上級のジプシーギター

とはいっても、これを依頼するにあたり、材のセレクトから何まで、それだけでもお互い相当な労力を費やしました。

そして、スペックが決まり、只今制作中です。





材は、以前より当店もATギターもやってみたかった究極モデル、

ジャーマンスプルース(ドイツ松×キルトメイプル)
そして、ネックは、バリバリメイプルです。
スペックだけでも、もはや『恐ろしい』ほどのゴージャスは作りです。
また、このモデルは、すべてオール単板モデル

このスペックでお願いしたかったんです!



何故かというと、ジプシーギターは、スプルース×ローズウッドが一つのスタイルとしている。
しかしながらそのジャンル、その職人さん達のモデルでは、やはりメイプル機種が存在する、当店もメイプル機種は必要であると感じます。

そして、サウンドは、通常のローズモデルに比べ、よりJAZZよりなサウンドになる気がします。
アーチトップギター(フルアコなど)はほとんど、メイプルが多い。歯切れが良く箱の音が回転しやすい。

そんでもって、×トップ材の効力で、そのサウンドが決まってくる。そう考えております。

今回は、熟年物のジャーマントップを使用したこと、これがとっても価値をなすと思います。












箱と竿がようやく完成し、塗装工程に入りました。

あっ、知ってますか?ジャーマンスプルース ジャーマン 
ジャーマン ジャーマン ジャーマン ジャーマン ジャーマン って、なんども書いてますが、どんな材か?

そうそう、Martinなど代表するギターから職人さのハイクラスのギターに多く使用され、なんで、こんなにも騒いでいるのか。

1つは、希少材、私たち人間が物欲のために、この材を伐採し過ぎたための貴重材。

もう1つは、やっぱり、音がいいのよ。音がいい!!!!っていうことはどういうことなのって、思うでしょ。

塗装してない、このジャーマンスプルースはね、他のスプルースに比べて、とっても柔らかいのです。

そして塗装するまでは、爪傷でも直ぐに付いてしまうほど、繊細で、軽い!圧倒的に。

イコール==お気づきですね。
音の振動に対する反応が圧倒的に早いのです。
細やかなサウンドの振動までも確実に伝える。
これ、ジャーマンゆえの特徴です。
バルサ材のように軽い印象をも与えます。  そんな材です。
この材を高野氏にふんだんに制作してもらってます。




少しづつ塗装に入りましたよ。
ネック&BODY,サイド&バックは、ナチュラル
TOPは、少しだけ60年代風のイエローアンバーカラー
そしてオールラッカーです。
完成がいよいよです。
予定では、年内には販売可能かと思われます。






さあ、完成はどんなギターになるんでしょう。ご期待あれ!

スタッフ・ブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス