【つくば・土浦・牛久・阿見】
 音楽教室おとや
 廣畑瞳です。
 
 
 
昭和音楽大学講師でもあられる
 
西山淑子先生の
「エレピアコンチェルト体験会」へ
行ってまいりました。
 
*“コンチェルト”とは?
ピアノ・バイオリンなどの独奏楽器が中心となり、
これにオーケストラが伴う楽曲、協奏曲のこと。
 
 
 
エレクトーンとピアノのコンチェルトを体験するのは、
今回が初めてキラキラ
 
エレクトーンの可能性と
有効な活用方法を知りたくて、
以前から気になっていた
講座の一つでした。
 
 
 
西山先生は
数々の
エレクトーンとピアノのコンチェルトを
アレンジされていて、
 
私は今回、
「バルトークコンチェルト」を
体験させていただきました。
 

 

 

 

「ミクロコスモス」という練習曲集から

6曲をメドレーにアレンジされたものを、

弾きました。

 

「ミクロコスモス」は、

元々はバルトークが我が子のために書いた練習曲が

譜集になったもの。

 

 

学生の時にお世話になっていた先生から

「ミクロコスモス」を勧められて、

そこからバルトークが気になる存在になりました(笑)

 

 

ミクロコスモス(練習曲)が

どうやってコンチェルトに?

という興味で選んでみましたが、

 

難しかったけれどあせる

バルトークの器楽曲のような雰囲気を味わえて

楽しかったです!

 

 

ご一緒に受講された先生方は、

 

ブルグミュラー

「天使の声」

 

ベートーヴェンの

「よろこびのうた」

 

日本のわらべうた 6曲からなる

「わらべうたコンチェルト」

 

「かえるのうた」

 

様々なコンチェルトを演奏されました。

 

 

どのアレンジも

曲の雰囲気に合わせた工夫が織り込まれていて、

とってもおもしろかったです。

 

 

 

エレクトーンでオーケストラを再現して

一緒に弾くと、

一人でピアノを弾く時とは

違った世界が見えてきました。

 

 

 

西山先生も仰られていましたが、

音源データに合わせるよりも、

 

相手の音を聴き

呼吸を合わせて

一つのものを一緒に作る喜び

 

それが

演奏や

心の成長に

結びついてくる

 

そういった体験をして欲しい

 

本当にそう思います。

 

 

 

私、

実は

電子オルガン(エレクトーン)が専科でして、

学生時代には、

クラシック曲をエレクトーン演奏用にアレンジする…

という勉強をしておりました汗

 

今回の体験会は、

培った経験を生かさなきゃ!

と思い起こす良いキッカケにもなりました。

 

 

 

レッスンでも、

どんどん

エレクトーンを使ったコンチェルトを

取り入れていきますね音譜

 

 

 


LINE@からもお問い合わせ受付中!

クーポンやお得な情報を配信しています。

友だち追加

*ご登録いただいた方の情報(お名前等)は、こちらからは分かりません。

友達登録後、自動メッセージにスタンプかメッセージで返信いただくと、1対1でやり取りができます。

トークの内容は他の方からは見られませんので、安心してご利用ください。


 

 

 

 

コーチング・勇気づけのブログはこちら下差し

イライラママ から ニコニコママ に変身!

ー悩めるあなたの子育てに寄り添うコーチング・勇気づけー

 

 

 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログ エレクトーンへ にほんブログ村にほんブログ村 音楽ブログ リトミックへにほんブログ村