What do you do?

テーマ:

 先日、わたくしが髪の毛を伸ばしているということを書きました。漫画の『エロイカより愛を込めて』にでてくるドイツ人の(と言う設定の)エーベルバッハ少佐のような感じになりたくてそれを目指しているとも書きました。

 

ちなみにこの方・・・

 

今はこんな感じ

    

 

 

で、昨日患者さんに言われました。

 

患者さん「先生感じ変わりましたねー。髪の毛のばしているんですか?」

 

わたくし「えーまー、髪伸ばしているんですよ」

 

患者さん「へー、どれくらいまで伸ばすんですか?」

 

わたくし「えーっと、エーベ・・・(なんていっても知らんやろうなあ)」

 

患者さん「ジャッキー・チェンくらいですか?」

 

たぶんこんな感じを想像されているんでしょう。

(いつの時代のジャッキーやねん!)

 

わたくし「いやー、目指すところはちょっと違いますねー。どっちかっていうとクレオパトラみたいな感じかなあ」

 

ちなみにこの時言いたかったのはこんな感じ

 

このまま“鉄のクラウス”へまっしぐらと思っておりましたが、うちに帰ってから家族皆から総攻撃にあいました。

 

「それあかんやろ・・・」

「ヤバさの限界越えてるで・・・」

「何がしたいん?どこ行くん?」

「あかんわー」

etcまだまだ

ズタボロになるまでボコボコにやられました・・・。

 

(真っ白に燃え尽きたぜ・・・)

 

灰になった心をかき集めて今日の昼から散髪に行ってきました。

もうどうせ切るなら思いっきりやってやる!!

 

で思いついたのは映画の『Speed』です。

 

左のサンドラ・ブロックではありません。

右のキアヌ・リーブスの方ですよ、もちろん。

ちょっと古い映画ですがめちゃめちゃ面白かったしキアヌ扮するSWAT隊員のジャックも短髪でカッコよかったしさ。

 

 ということでジャック(キアヌ)になってきました。


ジャジャーン‼️


   


「What do you do?」


 

・・・・・・わたくしっていつもどこかを掛け違えてる気がするなあ

 

(貼り付けた写真等はわたくしの写真以外すべてネットから拾ってきました。あしからず)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着いた時には既に…

テーマ:

 今日も蒸し暑い一日でした。

とうとう診察室にクーラーつけてしまいました〜

・・・(@_@)

 

今日のお弁当は・・・

 

 

見た目メチャメチャ汚らしいですが( ̄_ ̄ i)、一応一番下の層にご飯が敷き詰めてあって、その上にサニーレタスをまんべんなくのせて、更にその上にハンバーグとポテトサラダをのせて、最後に一番上に半熟目玉焼きをのせたロコモコ丼です。

画を汚くさせている赤い物体はケチャップです( ゚∀゚; )タラー

わたくし半熟卵を食べる直前につぶしてご飯やハンバーグに絡めながら食べるのが好きなのですが、今日は朝からクリニックに着いた時点で既に目玉焼きの下面が裂けてトロットロの黄身がでてご飯に絡まっておりました…。

 

今週に入って暑い日が続いております。今日は30℃くらいになったとか。

さらに今週後半からややぐずついた天気になりそうで、もう梅雨入り待ったなしですなあ・・・。

 

そんな気温上昇真っ最中の午後にまたまた行ってきました歯科医院。今日は歯石除去のために行ってきました。

 

担当してくださっている歯科衛生士さんですが、なんとうちのクリニックに来たことがあるそうです。

もちろん外来受診されたと思うのですが・・・よーおぼえとりません。すいません。

前回受診したときに顔を見て突然に言われました。

衛生士さん「あっ・・・おとの先生ですよね?」

わたくし「えっ!・・・いえ・・・ちがいます」

衛生士さん「え?!おとのクリニックの・・・先生ですよね?」

わたくし「いえ・・・ちっちがいますよ・・・・」

衛生士さん「!!??先生ですよね・・・?」

わたくし「・・・はい・・・そうです」

衛生士さん「あ、やっぱりー!」

わたくし「あのー、このことはご内密に。わたくし医師ではなく一患者として受診させていただいているので・・・・」

衛生士さん「いえいえ、うちの院長に報告しておきますよ(笑顔)」

わたくし「・・・・・(何でやねん!)」

 

依頼この衛生士さん私のことを“先生”か“おとの先生”て呼ぶんだよなあ。

なんていうか白衣を脱いだらタダの人のわたくしとしてはなんだか気恥ずかしいくなるんだよなあ。

ふつーに笑気ガス使ってとか頼むし、痛いの怖いんですーとかふつーに言うからさ。

ふー。

 

で、今日もこの衛生士さんが歯石の除去をしてくださったのですが、最後の方で

衛生士さん「このまえばにも虫歯がありますね。ここも治療しといた方が良いですねー(笑顔)」

わたくし「え!?ち、治療しないといけないんですか?、痛くも痒くもないですけど・・・」

衛生士さん「した方が良いですねー(笑顔)麻酔してからしても構わないですし(笑顔)」

わたくし「ファッ!麻酔無しでする気なんですか!?」

衛生士さん「しなくてもできますよ(笑顔)。ココをこう削って詰め物をして・・・」

 

・・・どんどんこの無限ループにはまってどんどん抜け出せなくなってきたよー・・・

 

 

 

最近、昼に自分で食べるためにお弁当作ってます。

だから入れ物もいわゆる弁当箱ではなくてタダのタッパーだったりする・・・

 

 

わたくしノリ弁当が大好きなのでこの味付け海苔をのせた弁当よ久作ります。

ちなみに上からではわかりにくいですが、この海苔三段になってるんです。

でもおかずは残り物やできあいのお総菜ばかりだったりする・・・

 

養栄の由来は・・・

テーマ:

連休明けてからしばらく雨模様の天気がつづいておりました。

少し気温が下がったりしたためか体調を崩されて風邪をひいて来院される患者さんが結構多い気がします。

 

沖縄ではもう梅雨入りしたとか。そうこうしているうちにココらへんも梅雨入りするんでしょう。再三言ってますが、わたくし雨はそれほど嫌いではないので梅雨入りはそれほどヤではないのですが、それよりももう7月の海の日まで連休がないということを思うとテンション下がります。はあーしばらく仕事ばかりやなあ・・・。

 

とそんなローテンション な今日此頃ですが、そんななか今日は2週間ぶりくらいの勉強会がありました。

 

今日は漢方薬業界の雄ツムラ主催の勉強会でした。

今日のお題は・・・、

 

 

人参養栄湯についてです。この人参養栄湯の“養栄”という単語は栄養を逆さまにして作ったとのことなのですが、なんで逆さまにしたん?それにどういう意味があるん?とMRさんに聞いてみましたが、その答えは

「いやー、1000年以上も前に誰かがこの単語を作ったのでその理由は定かではありません」・・・だそうです。

 

この薬は高齢者で食思不振や昼夜逆転したような認知症の患者さんによく出されている薬らしく、処方されている漢方薬の第3位だそうです。ちなみにわたくしは一度も出したことありません。

この薬も他の漢方薬のように苦いらしく、更に1日9g(1回3g)も飲まないといけないので、最後にうちのスタッフYが聞いておりました。

 

Y「苦くて量も多くて飲みにくい薬をどうやって食思不振や食べることを拒否している認知症患者に飲ませるんですか?」

MR「いろんな施設でそれぞれに工夫されているみたいですよ。味噌汁に入れたり、オレンジジュースに混ぜたり・・・」

わたくし「いや、それは味をごまかして飲みやすくする工夫やろ。美味しいとか不味いとかやなくてもともと食べるという行為自体を拒否している認知症患者にどうやって飲ませるかって話やん!」

MR「・・・・・・」

 

いやー漢方薬って奥が深いわー・・・。

 

その後は恒例のお弁当タイムでした。今日は

 

   

 

これまでいろいろなお弁当を持ってきてもらいましたが、今回初めてのサンドイッチ弁当でした。

美味しゅうございました。スタッフたちも聞いたかいがあったわと大喜びでした。

 

ツムラさん、これに懲りずにまた勉強会してください(^O^)

  

これからもよろしくお願いします。

 

ありがとうございました。

 

 

一昨日、昨日と雨が降って急激に気温が下がって夜は肌寒いくらいでしたが、今日はうって変わって陽あたり良好!(古!でもっわたくし的にはタッチよりも思い入れがあったりする作品です)な一日でした。

 

今日は木曜日で予約診療の日なのですが、もちろんわたくしは診療以外のやらなければならないことて多くてバタバタしておりました。

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、只今当院は改装工事をしており、毎日ガガガオーッというコンクリートの壁を壊す音と振動マシンに乗っているかのごとくドドドドーッという振動が響いております。この音が聞こえているときは全く声も聞こえず、患者さんの訴えも「はあーっ?」とか「えーっ?」とか聞き返すこともしばしばでご迷惑をおかけしております。また「こんなんでやってられるか!!!」とお怒りになってお帰りになったリハビリの患者さんもひとりや二人ではありません。

工事自体は6月下旬ごろまでかかる予定なのですが、このような騒音が出るのはもう数日くらいですからと患者さんには心の中で陳謝しております。

 

で、今日もその工事関係のことでいろいろバタバタしていたのですが、いろいろとうまくいかないことがあったりしてちょっとイライラしており、あとから思い返すとなんか業者の方やうちのスタッフの方にちょっときつく当たっていたような気もしました。上に立つ者としてしょうもない態度を取ってしまったと反省しております。ごめんなさい皆さん。

 

で、昼頃に小野薬品の認知症治療薬「リバスタッチ」の勉強会をした後、その勉強会で頂いたお弁当をつつきながら“平成30年度8054回スタッフミーティング”を開催しました。

 

今回のお題は「改装工事が終わったらどうする?」でした。

ダイエット教室するとか公文教室するとかカフェするとかカジノするとか占いの館するとかキャバクラするとかいろいろなはなしはでたのですが、結論は改装工事が終わってからとりあえず様子みないとわからないでした。

 

うちのミーティングっていつもこうなんだよなあ。話がとりとめもなくあっちこっちに飛び回ってて、最終的にはわたくしが「まあいいかー」で締めてしまいます。


だっていつもいつも言いますが、わたくし世で言われている最も典型的なB型ですから・・・・それが何か?



 

 

初めての経験でした。

テーマ:

まだゴールデンウィークも来てないのにもう暑いです。日中は汗ばむほどに暑いです。

 

そんな暑い中とうとうこの日がやってきました。

はい、わたくしの右奥にある親知らずを抜歯する日です。

 

午前中の外来診察を終えた後、二回ほど歯磨きしてから歯科医院へ行きました。

 

前回と同じような、このおやしらずは抜くしかないというような説明を受けた後、おもむろに

 

先生「前回言ってましたが、笑気ガス使いますか?このレントゲン写真見るとだいぶ上にせり上がってきているので一瞬でポンとぬけちゃうと思いますけど・・・(笑)」

 

わたくし「わたくし今まで笑気ガスって吸ったことないんですよ~(言い訳)、だから一回どんなものか体験してみたいんですよ~(言い訳)。・・・・だからお願いします!」

 

先生「わかりました!(笑)」

 

わたくし「寝たりしますかね?」

 

先生「いえいえぼーっとする程度です。よほどの量を吸ったら寝てしまうかもしれませんが(笑)じゃあちょっと鼻から吸ってもらいますので、普通に鼻で呼吸しててくださいね(笑)」

 

といっておもむろにカニューラというか鼻のマスクのようなものをつけて頂く。

もちろんわたくしは普通の呼吸ではなく、できる限り、今までしたことないくらい大きく早く呼吸を繰り返します。

 

側にいた歯科衛生士さんに

 

わたくし「これ吸ってても音とか聞こえるんですかね?」

 

衛生士さん「はい!普通に聞こえますよ!(ニヤリ)」

 

わたくし(オイオイなんだよ。普通に聞こえるって!胃の内視鏡の時みたいなセデーションかけて気がついたら終わってましたとかじゃないのかよ!)

 

先生「じゃあ、ちょっと麻酔しますねー。ちょっとチクッとしますよ-」

 

わたくし(チクッとするんかよ!)

 

プスッ

 

わたくし(げーほんまにチクッと感じたやん!!)

 

先生「じゃあ、抜きますよー。痛くないと思いますがグリグリする感じがちょっと気持ち悪いかもしれません」

 

わたくし(グリグリする感じはわかるんかよー!)

 

ゴリゴリ、グリグリ、ポンッ!

 

先生「一瞬ではなかったですね。でも終わりましたよ。」

 

わたくし「ありがとうございました・・・」

 

先生「じゃあちょっと酸素流して笑気を体から抜きますね(笑)」

 

笑気って初めてすったけどあんなもんなんか?普通に意識あるし聞こえるししゃべれし、麻酔するときのハリの痛み感じるし・・・あれが世の子供たちの歯医者嫌いを克服させた魔法の道具なのか??

 

わからん。同じような事を笑気ガス吸わずにしてへんから比べられへん。

 

「はいはーいこれ笑気ですよー」っていって酸素吸わされてもわからんのんちゃうんかなあ。まあでもさすがにそれはないかあー・・・

 

とにもかくにも笑気ガスを吸って歯を抜くという初めての経験をしたわけですが、思ったほどの感動はなかったです。

 

でもまた歯を抜くことがあったら「笑気ガスをお願いしまーす」って言おーっと、へへへ(←なんでやねん!なんやそれ!ってツッコまないで)

 

 

 

   

 

白い矢印の先が親知らずの生えていたところです

4月ももう中旬に入ってきて朝晩ですらも暖かくなってきた今日この頃です。

 

わたくし今年の2月くらいに髪の毛が伸びてきてうっとうしくなってきたとか言うことを書きましたが、あれから以降も一度も散髪に入っておらず、ますますうっとうしくてもうやばい人(家族談)のヘアースタイルになってきました。

 

わたくしはじめの頃は単に床屋に行くのがめんどくさくて伸ばしっぱなしにしていたのですが、ある程度伸びてきたとき(というかある程度の長さを超えたとき)に考えたことがありました。一つ、いくら伸ばしてもよくあるオールバックにして後ろでくくるいわゆるちょんまげスタイル(僕的にはちょんまげではないと思うけど)は絶対にしない。二つ、いくらのばしてもよくロン毛の方がするセンター分けはしない。で、ある一人の人物に行き当たりました。

 

もうかなり前だと思うのですが、以前このブログかどこかででわたくし青池保子先生の「エロイカより愛を込めて」という漫画が大好きで、その中に出てくるエーベルバッハ少佐(クラウス・ハインツ・フォン・デム・エーベルバッハ)が特に大好だと書きました。この人とにかくめちゃめちゃかっこよいのですが、実はわたくしが憧れていていつかなりたい人物の一人なのです(ちなみに憧れてる人は後3人(全員漫画・アニメの主人公)いますがそれはまたの機会に)。

 

そう!つまりこのエーベルバッハ少佐(ニックネーム鉄のクラウス)みたいになろう!と思いたったわけなのです。

 

エーベルバッハ少佐とはこんな感じの方です(もちろん漫画を読んだことある人は知っているでしょうが)。

 

   (青池先生勝手に使って申し訳ありません)

 

 

ジャジャーン。どうでしょう。やっぱりかっこよいなあ・・・。

 

この方、設定はドイツ人だし歳もたぶん僕よりも下だし(現時点では)、がたいも大きいし面長で彫りも深いし、わたくしとは似ても似つかないのはわかっているのですが、まあ、あこがれってそんなもんかなと、ははははは。

 

でうっとうしいうっとうしいと周りからヤイヤイ言われてきたので、とりあえずエーベルバッハ少佐の様に前髪だけは切ろうと思い、今日スタッフのYにすきばさみで切ってもらいました。

 

 

・・・・写真ではよくわからないかもしれませんが、切った後まるで昭和時代の香港スター(プロジェクトAのサモハンキンポーとかか?)みたいですよといって皆に大爆笑されました。(バカモノー!!君がきったんだろう!!)

 

これでは違う意味でやばくなったと言われたので、今度はスタッフのMが調節のためにさらに切ってくれました。

 

 

まあ、これくらいならちょう~直毛のわたくしもすこし動きがでて見えてちょっとマシになったかなということで落ち着きました。

 

さあ、あとは横と後ろの髪が伸びるのを待つだけやな。なんかちょっと楽しみになってきたー!

 

 

 

 

 

ちなみに世界一です。

テーマ:

一月ほど前から、普段は何ともないのでが冷たい水を飲んだ時とか歯を磨いた後に口をゆすいだりすると下の歯の一番奥がキンキンと痛むのを感じるようになりました。

 

まーた知覚過敏かなあとほっておいたのですが(食事には全く影響なく普段は何も感じないので)、一向に治る気配もなく水を含んだときは必ずキンキンしてました。

 

これはやはりなにかおかしい・・・タダの知覚過敏ではない気がする。

 

と言うことで、本日久しぶりに、もう何年かぶりに歯医者さん受診してきましたー。

 

いくつになってもあのいすに座るのは緊張しますなあ・・・。

受診前に問診票は提出してあるので先生もおおかた訴えたいことはわかって頂いております。

 

先生「どちらの奥の歯がしみますか?」

 

わたくし「右の下の一番奥です」

 

先生「ちょっと触りますね。(コツコツ)これですか?」

 

わたくし「へぁい(口を開けながら応答)」

 

先生「あー、虫歯になってますねー。これからレントゲン撮って詳しく診させてもらいますが、これは親知らずでその側面が虫歯になっているようですね。とりあえず撮ってからまた見ますね」

 

わたくし「ふぇあい(口を開けながら応答)」

 

その後レントゲン撮影をして再び処置台へ

 

先生「レントゲンでなかが少し黒っぽくぼやけていて・・・虫歯ですね。で治療法はいくつかあるのですが、抜く方法や削って詰める方法などありますが、音野さんの場合、親知らずがかなり上までせり上がってきているし、側面まで虫歯が広がっているので・・・第一選択は抜歯ですね(笑顔)」

 

わたくし「このまま放置していたらどうなりますか?」

 

先生「うーん、その手前の歯にまで虫歯が広がったらもっと大変なことになりますよー(笑顔)」

 

わたくし「・・・あのー・・・では抜く方向で・・・」

 

先生「そうですね(笑顔)」

 

わたくし「えっ!?もしかして今から抜くんですか??!!!!」

 

先生「いやー今からでも抜けますが、心の準備が必要ですよね?(笑顔)」

 

わたくし「もちろんです!・・・それで・・・・あのー・・・・抜くとき・・・・笑気麻酔は使って頂けるんでしょうか・・・?」

 

先生「あー、問診票に書かれてましたが、かなりの恐がりなんですよね?(笑顔)ご希望でしたら使いいますよ。ただし、笑気だけでは完全に痛み取れませんから麻酔は必要ですけど(笑顔)」

 

わたくし「かなりの恐がりではなくて世界一の恐がりで痛がりです!」

 

先生「はははは、まあこのレントゲンだとかなり歯肉の上の方まで上がってきているので簡単抜けるとは思いますが、とりあえずその時に言って頂けたら笑気使いますので(笑顔)」

 

わたくし「(ホントかよー)わかりました。よろしくお願いします」

 

と言うことで、世界一の恐がりで痛がりのわたくしですが、こんど親知らずを抜くこととなりました。

それまで挙動不審な動きをご覧に入れるしれませんが、その時は迫り来る恐怖のためにこころがざわついているためとご理解くださいませ・・・。

 

 

 

黄色の矢印が今回のターゲット

緑の矢印は前歯の裏にへばりついている歯石→ここも削って綺麗にする予定

 

皆様もしっかりと歯は磨きましょう・・・。

今日は2月28日。もう2月も終わりですね。

朝晩はまだまだ寒いですが、日中はだいぶ暖かくなってきました。

三寒四温、こうして徐々に春になっていくんでしょうなあ・・・。

 

インフルエンザの患者が、なぜか今週に入って急にドドドドーッと来られましたが、一時の事を考えるとだいぶ流行は収束しているように感じられます。

 

それに代わって花粉症の患者がバババーッと増えるかなと思いましたが、こちらの方はうちではまだそれほどの患者さんは来てません。なーんとなくですが、今年は花粉は少なめなような気がします。

 

そういえばわたくし今日前髪があまりにも鬱陶しかったのでヘアピンでとめてみました。


その昔、わたくしが学生だった若かりしころは月に一度は散髪に行ってましたが、大人になってからは床屋さんに行くことが面倒くさくなってどんどん髪切りに行く頻度が減ってきました。おとのクリニック開業する前は三月から半年くらいに一回くらいしか切りに行ってませんでしたが、その頃はパーマを当てたり(染めたりもしてたなあ)してそれなりにまとめいたのですが、そう言う行為が如何に髪に負担を強いているのかを実感するようになり、その後はもう伸ばし放題で周りの人に鬱陶しがられて切ることを勧められたら行くという感じになりました。


もともとわたくしの髪の毛は超直毛で細くて柔らかい猫っ毛なので伸びてくるとぺたっとくっつくんです。で、おでこと耳とかに髪の毛がピタッとくっつくとその刺激で痒くなってくるのです。

だから今回思い切ってピンでとめてみました。



 

 

 

↓   ↓   ↓   ↓    ↓

 

 

↓   ↓   ↓   ↓    ↓

 
 
  
 
 

スタッフには「オネェみたいですけど」と大爆笑され、さらに「そっちに目覚めたんですか?って患者さんに聞かれると思います(笑)」と言われました。
でも、今日の外来では患者さんの誰にも何も言われませんでしたね。まあ、クリニックに診療にくる人にとってわたくしの髪型なんてどーでもよいっちゃどーでもよいですしね。

まーまー、とにかくしばらくこの感じでいこうかと思ってますので皆さまよろしくお願いします<(_ _)>