2005-09-29

性能評価書に、音環境は含まれていますか?

テーマ:性能評価書
ご覧いただき、ありがとうございます。


このブログで性能評価書の重要性について

何度かお話ししてきました。

ディベロッパーによっては、

売り出しているマンションが性能評価書を取得していることは

もはや当然ということで、

パンフレットに記載すらしないというケースもあるようです。

取得自体は任意であるとはいえ、

ここまで性能評価書が標準的になってくると、

比較検討しているマンションの中で

性能評価書を取得していない物件があれば、

それだけで候補からはずすことも「有り」だと思います。

もちろん、性能評価書を取得しているだけで

すべてがOKというわけではありません。

その中身、つまり「質」をしっかりと見極める必要があります

(性能評価書を見るに当たっての注意点については、

こちら をご覧ください。)

ひとつひとつの項目について調べることに加えて

注目したいのは、

「音環境に関すること」

について性能評価を取得しているかどうかということ。

というのは、大きく分けて9項目からなる性能評価の項目のうち、

「音環境に関すること」

については選択制なのです。

つまり、

音環境については評価を受けなくても

性能評価書を受けることができる

ということになります。

では、「音環境に関すること」においては、

どのような品質が評価されるのかと言いますと、

・重量床衝撃音対策
 …上の階で、子どもが飛び跳ねたりイスを動かした
  ときなどに発生する音がどれくらい遮断されるか。

・軽量衝撃音対策
 …上の階で、スリッパで歩いたときの「パタパタ」という音や
  スプーンが軽量のものが落下したときなどの音がどれくらい遮断されるか。

・透過損失等級(界壁)
 …お隣さんで発生した音が壁でどれだけ遮断されるか。

・透過損失等級(外壁開口部)
 …戸外で発生する騒音がサッシでそれくらい遮断されるか。

というように、マンションでトラブルとなりやすい

重要な項目ばかりとなっています。

ですから、マンションを見比べる際、

もはや性能評価書を取得していることは大前提であって、

そのなかで「音環境に関すること」についても

評価を受けているかどうかをしっかりチェックしてください。





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-12

性能評価について

テーマ:性能評価書
ご覧いただき、ありがとうございます。

マンションによっては、性能評価を受けていることを
「売り」にしている物件もあります。
私が過去に広告制作を担当したマンション物件に限ると、
その数は過半数を超えていました。
錦鯉さんよりご質問をいただき、
新築マンション全体ではどれくらいの割合で
性能評価を受けているのか、ざっと調べてみたのですが、
実績件数のみしか把握できませんでした。
資料はこちらです。

そのほか、性能評価に関することは例えばこちらなどでご覧いただければと思います。


性能評価が導入された当初、友人からこんな話を聞きました。
とある地方でのことです。
一戸建ての住まいを新築しようと思い、
彼の知己の工務店に相談しました。
その中で性能評価を受けたいと依頼したところ、
断られたそうです。
理由は、まだ他の工務店がやっていないから。
失笑です。
このあたりの心理はマンションディベロッパーにも
あるのかもしれません。
何より、業者に性能評価の取得してほしい旨を伝えたときに、
「時間とお金がかかる」
ことを断りの理由にしてくる場合には、
少し疑ってかかる必要があると思います。
「時間とお金がかかる」のは事実です。
しかし、マンションのみならず、
良質なものを手に入れるには、
手間も、時間も、お金もそれなりに必要です。
このあたりのことは、書き出すと長くなるので別の機会に改めますが、
「時間とお金がかかる」から性能評価を取得しない、というのは、
購入者への不都合を避けているようで、
実は業者自身のデメリットを回避するためという場合もある
と考えた方がいいと思います。
つまり第三者が設計図や施工物件をチェックすることで、
購入者に知られたくないことが明るみになる可能性があるので、
性能評価を取得しない、ということもあり得ます。








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2004-12-10

性能評価書(その4):項目ごとの最高点を把握する

テーマ:性能評価書


ご覧いただきありがとうございます。

住まいの性能を数値であらわし、客観的な指標として
マンション選びに役立つ性能評価書の見かたには、
前提として知っておかなければならないことがあります。
それは、項目ごとに最高点が違う、ということです。
ある項目について最高の性能であると評価を得ても、
「5」と示されるものもあれば「2」と示されるもの
あるのです。

では具体的に各項目で最高点がいくつなのか、
このブログでご紹介しようと思ったのですが、
結構なボリュームになります。
そこで、国土交通省のHP内にあるこのページ
ごらんください。
各項目について詳細な(詳細すぎる?)説明があります。
さらに一番下にある「参考 住宅性能評価書のイメージ(共同住宅)」
というところをクリックすれば、性能評価書の
サンプルをダウンロードできます。

性能評価書取得を売りにしているマンションであれば、
取得しているということだけでなく、
果たしてどのレベルの性能を達成しているのか、
このサンプルを見ながら研究されてみてはいかがでしょうか。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2004-12-03

性能評価書(その3):見る前に知っておくべきこと

テーマ:性能評価書
性能評価書の内容について、さらに詳しく見ていきましょう。

まず、性能評価書には、大きく分けて9項目からなります。

 1:構造の安定に関すること
 2:火災時の安全に関すること
 3:劣化の軽減に関すること
 4:維持管理への配慮に関すること
 5:温熱環境に関すること
 6:空気環境に関すること
 7:光・視環境に関すること
 8:音環境に関すること
 9:高齢者等への配慮に関すること

これらは、さらに29の項目に分かれています。
前回申し上げた、

「性能評価書は万能ではない」

というのは、すべての項目が高い評価となる物件は
ありえないからです。
例えば上記の「1:構造の安定に関すること」と
「7:光・視環境に関すること」は、ともに最高点を
つけることはないのです。
「構造…」で最高点を得ようとすると、柱やはりなどが
非常に太くなり、採光条件が悪くなるのです。
つまり、「光・視環境に…」の点数は悪くなります。

性能評価書で、ご自身が検討されているマンションの
性能を確認することはもちろん大切ですが、それ以上に、

「住まいに何を求めるか?」

とうことも重要になると思うのです。
繰り返しになりますが、
性能評価書にある項目ですべてが最高点という
物件はないわけですから、
他の物件と横並びで比較する時には、
それぞれ一長一短があり迷うかもしれません。
しかし、自分や家族の暮らしにとって何が必要なのかを
明確にしておけば、絶対に譲れない性能評価書の
項目は自ずと明らかになり、比較検討しやすいでしょう。

住まい選びは自分たちの未来像を描くことですから、
モデルルームやパンフレットなどをじっくり読む一方で、
ご自身やご家族が10年、20年先の毎日の暮らしに
求めるものをじっくり考えてみることをオススメします。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2004-11-30

性能評価書(その2):見るときの注意点

テーマ:性能評価書

先日、ご紹介した性能評価書について
これから数回に渡ってご説明していこうと思います。

性能評価書が登場するまでは、住まいの品質を見定める基準が
あいまいでした。
専門家が見れば、作りの善し悪しを判断することができますが、
マンションを購入しようとする方すべてが、同じような
知識や善し悪しを見極める経験をしているわけではありません。
ですから、この「共通の物差し」である性能評価書の登場は、
画期的だったと言ってもいいでしょう。

ここまで性能評価書のことを持ち上げておきながら、
こういうことをいうのもナンなのですが、

性能評価書は万能ではありません。

先に述べていることと矛盾するように思われるかもしれませんが、
例えば人事考課のことを創造するとご理解頂けると思いますが、
世の中に完璧な評価軸というものはないのです。
ですから、性能評価書に記載されている項目において
すべていい評価を受けていなければ、いい住まいと言えない、
ということはないのです。

とはいえ、性能評価書は非常に役に立つ物差し。
次回は、さらに性能評価書を見るうえで
どのようなところに気をつければいいのか、
ご説明したいと思います。



いいね!した人  |  リブログ(0)
2004-11-25

性能評価書入門

テーマ:性能評価書
マンションは基本的に一品生産です。
電化製品などの日用品であれば、同じかたち・同じ性能のものが
大量生産され、どれも(ほぼ)同じです。
対して、マンションは、規模や仕様などがすべて異なります。
このため、自分が検討しているマンションは品質がいいのか、
そうでないのか、一般の人には見極めが難しくなっています。

住まいの品質を客観的な指標で、誰にでも分かりやすく
できないか。

国土交通省が住まいの品質に関して「共通の物差し」を定め、
その基準にもとづいて住まいを評価した一覧が
「性能評価書」です。

性能評価書には、2種類あります。

「設計性能評価書」
  設計段階で設計図面や仕様書をもとに評価したもの
「建設性能評価書」
  住まいの施工段階や完成時の検査をもとに評価したもの

国土交通省が定めた「共通の物差し」の内容などについては、
また改めてご説明する予定ですが、
まず、この性能評価書をディベロッパーが取得するか否かは、
任意だということです。
つまり、ディベロッパーが計画・売出しているマンションの
性能に自信がないと、この性能評価書は取得しない、
と考えていいと思います。


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。