2005-04-27

パンフレットは、こう読む。(その2)

テーマ:チラシ・広告など
ご覧いただき、ありがとうございます。


さて、前々回、パンフレットを読み進めていくときのポイントは、

「書かれていないことを、読み取ること」

と申し上げました。

パンフレットには、マンションディベロッパーが

「売り」にしているところを中心に書かれています。

「このマンションは、安心できる構造だ」

「このマンションには、こんな便利なサービスがある」

などなど。

パンフレットに詳しく解説されている項目は、

他の物件と比べて長所である、ということが主な理由で

記載されているわけです。

となると、都合の悪いことは書かれていない、

可能性が出てくるわけです。

もちろん、とある項目について書かれていないから

それが短所とはなりません。


「書かれていないことを、読み取る」ためには、

たとえば「遮音性」に着目してパンフレットを読んでみてください。

マンションの「遮音性」を判断するには、

大きく分けて3つの着眼点が必要です。

1つめは、「上下階」からの騒音に対して対策が施されているか。

これは、コンクリート床スラブの厚さや、フローリングの性能、天井や床の構造

などの性能によって決まります。

2つめは、お隣からの騒音に対して対策が施されているか。

これは、主に戸境壁の厚さと構造などの性能によって決まります。

最後が、外部からの騒音に対して対策が施されているか。

マンションの近くに幹線道路など騒音源となるものがあれば、

室内の静粛性を確保するためには、遮音性の高い窓ガラスが必要になります。


いろんな物件のパンフレットを見てると、意外にこの3つすべてが

紹介されていないケースをよく見かけます。

このうち、検討しているマンションのパンフレットに

どれか一つの項目でも欠けていれば、

ひょっとすると「遮音性」の点で問題があるかもしれませんので、

ディベロッパーの営業に確認する必要があります。


☆おしらせ
次回の更新予定は、GW明けを予定しています。
どうぞ、楽しい連休をお過ごしください。





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-04-21

畳に含まれる有機燐化合物

テーマ:マンション雑感
ご覧いただき、ありがとうございます。



今週発売のアエラ(05/04/25号)を読んでいたら、

かなり衝撃的な内容の記事に出くわしたので、

予定していた内容を変更して書き込ます。

「パンフレットは、こう読む」の続きは、

次回にさせていただきます。


その内容とは、畳に含まれていたと思われる有機燐化合物が原因で、

吐き気や胸の痛み、口から泡を吹くなど

身体にさまざまな悪影響が生じているというものでした。

農薬や防蟻剤などに有機燐系の化合物が含まれていることは

知っていましたが、畳にも含まれているとは…。

お恥ずかしいことですが、不勉強でした。


有機燐を畳に使用する目的は、ダニ対策です。

記事にある事例は賃貸の市営住宅のようですが、

分譲マンションの購入を検討されている方も、

知っておいた方がいいことだと思います。

畳について調べてみると、

JISにおいて畳床には防虫処理が義務づけられています。

その方法も幾つか列挙されているのですが、

防虫シートで包むことで防虫処理された畳の場合、

このシートに含まれる有機燐化合物が原因となって、

身体にさまざまな悪影響をもたらし、

場合によっては神経をむしばむこともあるようです。

畳って、肌触りだけでなく見た目にも

落ち着いた雰囲気があることから癒し系と思っていましたが、

モノによっては、癒しどころか痛めつけることにもなりえます。

マンションに和室を設ける場合には、人体に害を及ぼさない畳であることを

確認した方が良いと思います。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-04-19

パンフレットは、こう読む。(その1)

テーマ:チラシ・広告など
ご覧いただき、ありがとうございます。


マンションのモデルルームを訪れると、

いろいろな資料をもらいます。

その中でも、メインとなるのはパンフレット。

物件のグレードにもよりますが、

住戸数が多い、もしくはグレードの高いマンションになると、

かなり分厚く、しかも肌触りのイイ紙を使って

マンションの「見どころ」をアピールしています。

本物?と見まごうほどの精巧なCGで描かれた

建物の外観や共用部、

さらにはデザインセンスのイイ家具でコーディネートされた

モデルルームの写真を見ていると、

実際にこのマンションに住み始めたときの

イメージがふくらんでくると思います。

ここまでは、右脳の範囲。

パンフレットを見るときには、左脳にもしっかりと働いてもらいましょう。

たいていのパンフレットの構成からすると、

CGや写真がならんでいるページのあとに続く

びっしりと文字で埋められたページに書かれていることを

じっくり読み取る必要があります。

マンションの品質や性能、サービスなどそれぞれの項目をじっくり読み、

分からない言葉が出てくれば物件の営業担当者に尋ねたり、

ネット上で検索することにより、

ひとつひとつを把握する必要があります。

左脳を動かしながら読んでいく上でポイントのひとつになるのが、

「書かれていないことを、読み取る」

ということです。



長くなりましたので、つづきは後日に。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-04-15

ここまで違う、ディベロッパーの意識(その2)。

テーマ:マンション雑感
ごらんいただき、ありがとうございます。

先日の続きです。

検討している物件について相談を持ちかけてくる人からの話を聞いていると、

マンションディベロッパー間の意識の違いが垣間見えてきます。

例えば、このブログで何度も触れています「性能評価書」。

あるディベでは、「性能評価書」の取得は新築マンションを

計画・販売する上で当然のことと思っていても、

別のディベでは、「性能評価書」の取得は避けたいと考えている、

なんてことがあります。

私としては、マンション購入を検討するにあたって、

「性能評価書」を取得していることは、

最低ラインのことだと思っています。

つまり、「性能評価書」を取得していなければ、

即、足切り。

以降の選考に進めません。

それ以外の面で非常に魅力がある(例えば立地)としても、

よほどのことでない限り、敗者復活はありえないのです。

ディベロッパーも「性能評価書」を取得していることは

もはや大前提の基本ラインであると認識していれば、

チラシや広告などで「性能評価書」取得をアピールしない場合があります。

ですから、チラシなどを見て「性能評価書」取得と

書いていないからといって、

そのマンションが「性能評価書」を取得していないとは限らないのです。

モデルルームを訪れた際に、営業の人に必ず確認するようにしてください。

このとき、実は「性能評価書」を取得していなくて、

「『性能評価書』の取得には時間も、コストもかかりますから」

などという反応が返ってくれば、私なら、そこで「ハイ、サヨナラ」です。

その物件を候補からはずします。

「性能評価書」とは、第3者がそのマンションの設計図や建設について

評価を下すもの。

それをしないということは、

第3者に見られるとマズイ事がある、と疑ってかかる必要があります。


さらに注意する必要があるのは、

【「性能評価書」を取得している = 性能の高いマンション】ではない

ということ。

「性能評価書」はあくまでもマンションの性能を

客観的な基準で示したものであって、

品質自体はその「性能評価書」の結果内容を見極めなければなりません。




いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-04-13

ここまで違う、ディベロッパーの意識(その1)。

テーマ:マンション雑感
ご覧いただき、ありがとうございます。

最近、なぜか周りでマンションの購入を検討する人が増えています。
なかには、
「マンション、買うのって、イイかも…」
と検討し始めてから、わずか2週間ほどで申し込んだ強者も…。
いい大人ですから、自己責任ということで、
放任(べつに私が面倒を見る必要はないですよね)していますが、
大丈夫?と心配になるくらい。

で、私が一級建築士の資格を持っているということから、
相談を受ける機会も増えています。
物件のパンフレットをわざわざ持ってきてくれて、
それを見ながら、
「これどう!?」
という具合です。

いろいろと相談を受ける中で物件を見ていると、
まず最初に「これはないな。」と候補リストから削除する
マンションもあります。
それは、
「物件と買う人のミスマッチ」
な物件です。
相談を受ける相手の人柄や生活パターンをある程度は知っているので、
そのマンションはそぐわない、ということになるのです。
こうしたことを判断するのはなにもマンションに関する
専門的な知識が必要なわけではなく、
少し冷静になってそのマンションのディベロッパーが
ターゲットとしている家族構成など少し広げて考えれば、
すぐに気がつくことだと思うのです。
私に相談をしにきた人が特殊なのかどうか分かりませんが、
マンション選びに没頭していると
こんなことにも目がいきにくくなるようですね。

で、ようやくタイトルの本題。
に、入ろうと思いましたが、
長くなりましたので、続きは後日にさせてください。






いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-04-12

いつもご覧いただきありがとうございます。

テーマ:マンション雑感
更新が滞っているにもかかわらず、毎日多くの方が当ブログを
読んでくださっています。
本当にありがとうございます。
またまた、なのですが、本業が超忙しく、記事を投稿するための
まとまった時間がとれません。
書きたいネタはいろいろあるのですが。

せっかく訪問してくださったのに記事が更新されていない
ということが多々あったことと思います。
申し訳ないです。

今週中にはなんとか新しい記事を書き込みたいので、
もうしばらくお待ちいただければと思います。




いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。