泥まみれの稲刈り | オトメゴコロの「泉州おむすび」

オトメゴコロの「泉州おむすび」

2009年から、
町おこしのためにおむすび屋を始めました。

あなたと泉州を結ぶおむすび。
お米も塩も具も泉州産の、人にやさしい素朴なおむすびです。

【営業日】火・水・木 8:00〜18:00 売切れ御免
大阪府泉佐野市市場西3-4-31


テーマ:
昨日は貝塚・木積(こつみ)の米農家さんの田んぼへ。

今年小さな田んぼの方がイノシシにやられ、稲刈り助っ人に行ってきました。

せっかく育てた稲になんちゅうことしてくれるねんイノシシよ!

この左の木の右側から進入した模様。
1匹やそこらちゃう荒れ方。
イノシシ御一行暴れまくりです(@_@)

それにしてもすごい荒らし方…
ブラマヨ小杉の頭頂部よりひどいなこりゃ
(´;Д;`)

農家さんご家族3人と、わたしたち夫婦5人がかりであっち向きこっち向きした稲を起こしなが、ひたすら鎌でザックザック刈っていく。

刈っていくと虫は逃げだし、カエルは跳ね、指ぐらいの大きなミミズがでろっと出てきたり。

足元は粘土質。長靴履いてもハマってしまうと抜けにくいところもあったり。
ひたすら格闘すること約4時間。
なんとか稲刈り終了。

まだ倒れたまま腐りかけの稲もありましたが、みんなの体力と気力が限界になってきたのでこの辺で。



服は泥まみれ、顔も泥のシミで水玉に(笑)
なにより獣臭がなかなか手強い。
イノシシの残り香半端ないっ。

でも滅多にない体験ができてよかった。
今後普通の稲刈りじゃ物足りなく感じるかも?!
しかし日頃の運動不足で筋肉痛はしばらく続きそうだー。
イテテテテ。

オトメゴコロさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス