超々久々に #セクションドール へ!蒸し暑い京都に永松シェフのオリジナルスパイスが利いた... | スイーツ番長 DOLCE VITA~男のスイーツ SINCE 2007
2017-08-03

超々久々に #セクションドール へ!蒸し暑い京都に永松シェフのオリジナルスパイスが利いた...

テーマ:Instagram

超々久々に #セクションドール へ! 蒸し暑い京都に永松シェフのオリジナルスパイスが利いた熱々タンドリーチキンはタマラン!!この味と食感のチキンは他では食べられない。フレンチ出身シェフが自らの道を求め、ナンバーワンを目指して創めたという「タンドリーチキン」は、7日ほどエイジングした国産鶏もも肉を10種からなるスパイスに2日間ほど浸けこみ、タンドリー窯ではなく、加熱蒸気で無酸素状態で焼き上げらるオーブン調理する。でもいわゆるタンドリーチキンなのにボンレスなのは、骨の存在が食べる時の煩わしさとなるのを嫌ったからなのだとか。テーブルのLAGUIOLEで大胆に。 肉汁ジューシーなんていうのは、誉め言葉が見つからないときに使うお愛想に思えてくるほど、アミノ酸のうま味成分が噛む毎に滲み出る。 極薄にパリっと香ばしい鶏皮の食感と旨味豊かな味わいは、悲劇的に美味しいタンドリーチキンだ! 悲劇的というのは、これを知ってしまったら、他のグリルされたチキンがもの足りなくなってしまいそうで(笑)。 農家の直送有機野菜たちは本来の味を追求しグリルされ、炭塩とオリーブオイルで仕上げられる。焼いたのに生野菜みたいなみずみずしく、シンプルであるがゆえ劇的に美味しい。そして添えられたパンはナンではなくパンデュース に特注しているセクションドールオリジナル。薄い皮はタンドリーチキンの皮の食感と同化する、酸味あるしっかりとした味わいのこのパンの存在に「ここまでやるのか!」と、久々の再会のこの一皿にドキリとさせられた。 "全ては美味しいタンドリーチキンのために"っていうのはこういうことだったんですね、永松秀高シェフ! #アメージングうめーじんぐ #タンドリーチキン

スイーツ番長さん(@sweetsbanchou)がシェアした投稿 -

スイーツ番長さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み