八栗寺で(3) | たかちゃんの“華たかだか”歳時記

たかちゃんの“華たかだか”歳時記

私は香川県で理容業を営んでいます。
その私は仕事から離れると外出時は手慣れたデジタルカメラを携帯。それで撮影した杵柄とともに一句、捻っていきます。

平成30年1月21日、「たかちゃんのワンショット!」からタイトルを変えました。


テーマ:
 お迎え大師像の向こうに眺めることが出来る高松市内を見渡した後、再び境内へと戻りました。その隅には梅の木に蕾が無数に付いていました。
 品種は『歓喜梅』(カンキバイ)というそうです。ネットで調べても特徴は分かりません。ちょうど卒業から受験にかけてのシーズン故に名づけられたのでしょうか。

歓喜梅(カンキバイ)|2日、八栗寺境内

 蕾は付いて間もないものではなく、既に濃いピンクに色づいていた状態。天候の加減によるかもしれませんが、こんなに早いものとは!
「春はもうすぐなんだよ」と言われているようでした。

 初風や 耐えて待ちたる 我出番

 開花すると、あなたの出番です。
【文、写真|Takahiro Kasai】

 写真|平成30年1月2日撮影

 にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川 その他の街情報へにほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
 ブログランキングに参加中です。↑
 応援を兼ねて、クリックをお願いいたします。(一日1回

 掲載写真の二次利用はご遠慮願います。
 ただし、利用希望の場合はコメント欄に打ち込んでいただければ、個々に対応させていただきます。


  ペタしてね
  読者登録してね

 20:52 2018/01/18

Takahiro Kasaiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス