otoge_yasan (オトゲ)です。





映画批評...今日は最も好きな日本映画を。







映画パンフレット 「謀殺・下山事件-日本の熱い日々-」 出演 仲代達矢/山本圭/中谷一郎/浅茅陽子/アットワンダー
¥価格不明
Amazon.co.jp


下山事件完全版―最後の証言 (祥伝社文庫 し 8-3)/祥伝社
¥900
Amazon.co.jp









あらすじ※ネタバレ注意

昭和24年7月5日。労働運動が大きく高揚していた敗戦後、下山国鉄総裁が行方不明となり、翌朝下山氏の轢死体が線路上で発見される。自殺と他殺、世論は真っ二つに分れる中、新聞記者の矢代は他殺の線で取材を開始し、鑑定の自殺説がクローズアップされても、自ら事実を突き詰めていく。そんな矢先、無人電車が暴走する三鷹事件、何者かによってレールを外され、列車が転覆した松川事件が発生し…。






otoge_yasan (オトゲ)の評価


☆☆☆☆☆(計測不能!!)









戦後最大のミステリー。下山総裁は自殺か他殺か?


otoge_yasan (オトゲ)は運よくDVDをリリース時にゲット出来たのですが、現在は廃盤になっており、ノンフィクション映画ということ、ご遺族のご意向もあるのでしょう。再販の見込みは難しそうです。



ただ、観てない方は絶対に観て欲しい!!と強く思う一作です。



制作時はカラーフィルムが誕生し揃ってカラーフィルムに移っている中で、あえてモノクロフィルムで撮影しているところが当時の雰囲気を見事に出しています。



otoge_yasan (オトゲ)は小説も好きですが、柴田氏著の『下山事件』で、松本清張、矢田喜美雄すらも暴けなかった真実が書かれており、発刊当時は凄い反響だったのも覚えています。



捜査1課と捜査2課が自殺vs他殺で真っ向から対立。ルミノール液が大活躍をします。



若き頃の役所広司さんも出演しています!



熊井啓監督、渾身の力作!!



是非ご覧あれ!!




otoge_yasan (オトゲ)






otoge_yasan (オトゲ)です。





映画批評...今日は王道シリーズ物








プレデターズ [Blu-ray]/20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP)
¥2,500
Amazon.co.jp







あらすじ※ネタバレ注意

ある惑星にやって来た傭兵(ようへい)のロイス(エイドリアン・ブロディ)。ロイスをはじめとする囚人や軍人、工作員などから成る集団は、地球外生命体に選ばれた戦闘のエリートたちだった。しかし、実は自分たちが新種のプレデターに狩りの獲物として呼ばれたこと知り……。



otoge_yasan (オトゲ)の評価


☆☆☆









やはり、シュワちゃんの1作目が最高!!



プレデターは1&2は非常に大好きで何回も観ています。



VSシリーズは1度のみしか鑑賞していません。



やはりエイリアンはエイリアンで楽しむべきですね。



本作の感想ですが、設定は良しとしても配役がバラバラの様な印象を受けます。



やはり、白人、黒人、女性に日本市場を考えて?東洋人を出演させたり・・・。



配役に目がいってしまってストーリーがあまり入ってこないotoge_yasan (オトゲ)でした。



続編は・・・・どうかなぁ。



otoge_yasan (オトゲ)




otoge_yasan (オトゲ)です。



完結をした『踊る大捜査線』シリーズ。



私は、劇場版2作目『レインボーブリッジを封鎖せよ!』までは鑑賞しています。



嫌いになった訳でも無く、何となく残り2作は未鑑賞です。



ちなみ第1作&2作は劇場で観ています。



TVシリーズも好きでしたが、本当にお台場もすっかり変わってしまいましたね。



2作目でもう十分『空き地署』などという言葉が似合わない区域に台場が完成してしまったからでしょうか。



ただ、経済面ではフジテレビ本社の後ろ(特にテレコムセンターは破産)とあまり良くないみたいですね。



恐竜ブリッジ?が出来たのと、フジテレビの新スタジオが完成した位かな~。



TVシリーズを観ると、ここまでの変貌に驚いてしまいます。



ハッキリ言って、都内の高層ビルの数も比較にならない位増えましたが。



少し時間が出来たら、3作目から観てみたいと思います。



otoge_yasan (オトゲ)






otoge_yasan (オトゲ)です。





映画批評...今日はカーアクション?











TAXi2 スペシャル・エディション [DVD]/サミー・ナセリ,フレデリック・ディファンタール,マリオン・コティヤール
¥1,500
Amazon.co.jp







あらすじ※ネタバレ注意

新感覚のカー・アクションで世界中で大ヒットした「TAXi」続編で、フランス映画史上歴代NO.1の記録を打ち立てた。スピード狂のタクシー運転手ダニエルは、日仏サミットのためにやってきた日本の防衛庁長官の運転手に抜擢された。だが重装備の護送車に長官を乗せ試運転をしている最中に、黒い車に乗った謎のテロリスト集団に長官を誘拐されてしまう。ダニエルは刑事エミリアンや女刑事ペトラと共に型破りな救出作戦を展開する。



otoge_yasan (オトゲ)の評価


☆☆☆☆









TAXiシリーズで一番のお気に入り♪



このシリーズはずっと続いて欲しかったですが、主人公の不謹慎な行為から今後の新作は望めなく、大変残念です。



全5作(リメイク版含む)の中で、本作が一番のお気に入りです。



やはりフランス政府全面協力が成せる業ですね。



微妙に勘違いされている日本人ヤクザさんの人物像も好きです!



むしゃくしゃした時は是非ご覧あれ!




otoge_yasan (オトゲ)








otoge_yasan (オトゲ)です。





映画批評...今日も好きなジャンルで!









マルコムX [DVD]/パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
¥1,500
Amazon.co.jp






あらすじ※ネタバレ注意
才人スパイク・リー監督が、自身も尊敬する、近代アメリカきっての偉大な思想家であり、キング牧師と並ぶ黒人解放運動のリーダー、マルコムXの生涯を描いた伝記的作品。原作は、マルコムXが著わし「ROOTS/ルーツ」のアレックス・ヘイリーがまとめた『マルコムX自伝』。チンピラだったマルコムが様々な葛藤のなか自らの信念を貫き、そして暗殺されるまでを描く。




otoge_yasan (オトゲ)の評価


☆☆☆☆









キング牧師を知ってる方はマルコムXも!!



若きデンゼル・ワシントンを見る事が出来ます!これだけでも貴重ですが、全編を通して実在した人物であるマルコムXの生涯を描いた作品です。



「我々には夢がる~」の演説で有名なキング牧師と同時期に黒人差別を訴えた思想家が主人公のマルコムXです。違いはキング牧師は言葉で伝えるならば、マルコムXは暴力?を行使してでも伝えるという人物です。



デンゼル・ワシントンが見事に演じます。その後の活躍も納得です。



キング牧師は知ってるけどマルコムXは??という方は是非鑑賞を!!



3時間を超すの超大作なので、時間のある時に・・・。




otoge_yasan (オトゲ)










otoge_yasan (オトゲ)です。





映画批評...今日は好きなジャンルで!





リカウント [DVD]/ケビン・スペイシー,ローラ・ダーン,トム・ウィルキンソン
¥1,500
Amazon.co.jp





あらすじ※ネタバレ注意

国の未来 投票用紙の 穴…次第
あなたの一票がモノを言う・・・ただしカウント(集計)されれば。
2000年の大統領選挙とは、フロリダ州のわずかな票の奪い合い――そして『ハンギング・チャド(宙ぶらりんの穴くず)』という流行語を生んだ、票の再集計がすべてだった。




otoge_yasan (オトゲ)の評価


☆☆☆☆(4.5点)









本格的政治ドキュメントドラマ!



ドキュメンタリーと思って鑑賞したのですが、本格的政治ドラマチック映画でした。



これは本当に面白い!!



しかも、ケヴァン・スペイシー、ジョン・ハートを始めとする層々たるキャスト。



もうかなり昔となってしまいましたが、ブッシュと『不都合な真実』のアル・ゴアの大統領選においての「無効票&間違え票」が本作品の重点となっています。



間違えたり、票が分かりづらかった云々、法廷で争うといった報道は日本でも当時大々的に報じられましたが、時系列に沿って正確かつ忠実に再現されています。



マイケル・ムーアの『アホでマヌケな大統領選』より本作の方が好きかもと思ってしまいました。



キャストをだけでも観る価値はありますよ。


otoge_yasan (オトゲ)







otoge_yasan (オトゲ)です。





映画批評...今日は日本アニメ!








アシュラ [Blu-ray]/バンダイビジュアル
¥8,190
Amazon.co.jp






あらすじ※ネタバレ注意

洪水やかんばつが相次ぎ、およそ10年もの長い期間続いた応仁の乱が勃発(ぼっぱつ)した1400年代の半ば。アシュラは荒野と化した京都でケダモノのように育ち、生き抜いていく。そんな中、優しい少女・若狭や法師の教えにより、言葉や笑うことを覚えたアシュラ。しかし天災が訪れ、人々は貧困によって追い詰められていき……。





otoge_yasan (オトゲ)の評価


☆☆☆☆☆(満点!)









発禁となったジョージ秋山原作の漫画を映像化!



otoge_yasan (オトゲ)は本作『アシュラ』は殆ど情報無しで視聴しました。



あまりに残酷な内容から、発刊当時は有害図書に指定されたというジョージ秋山原作の漫画の映像化になっています。



主人公アシュラには、皆さんご存知の野沢雅子さん(第一声で分かります)



お坊さんには北大路欣也が声優として熱演されています。たしか北大路欣也さんは『空海』で主演をされていたと記憶しています。林原めぐみさんはちょっと気づきませんでした。。。



感想をコメントで伝えるよりは、観てご自身で確かめて欲しい作品です。



特殊なCG技術で、鉛筆で描いたような作画の表現が印象的で作品に合っていると感じました。



自分に迷いがある時にきっと役に立つかな・・・と。



otoge_yasan (オトゲ)







otoge_yasan (オトゲ)です。





映画批評...今日も連夜のアクション








ゲットバック [Blu-ray]/Happinet(SB)(D)
¥4,935
Amazon.co.jp






あらすじ※ネタバレ注意

銀行強盗の罪で刑務所にいたウィル(ニコラス・ケイジ)は、出所当日娘のアリソン(サミ・ゲイル)に会いにいくが、父親に対し怒りの感情が満ちあふれているアリソンは彼の前から立ち去ってしまう。その直後、娘を誘拐したという脅迫電話が入り、ウィルが8年前の犯行後に失った10億円を12時間以内に引き渡すよう要求してくる。ウィルは誘拐犯の行方を追いながら、身代金のため再び銀行強盗を計画するが……。




otoge_yasan (オトゲ)の評価


☆☆☆





やっぱり疲れたニコラス・ケイジ!!!



otoge_yasan (オトゲ)はニコラス・ケイジの疲れた表情の演技が大好きです。



『救命士』からのファンです。




紳士的(盗みの美学?)な強盗を演じる主人公が、逃走時にひょんなことから仲間と亀裂が生じてしまい、その復讐劇というストーリー。



スピードアクション系だと思うのですが、若干『セイフ』と同様、大人しめかなと。。。



まだまだ元気(疲れた表情)のニコラス・ケイジに期待です!




otoge_yasan (オトゲ)








otoge_yasan (オトゲ)です。





映画批評...今日はアクション




SAFE / セイフ [Blu-ray]/ジェイソン・ステイサム,キャサリン・チェン,ロバート・ジョン・バーク
¥4,935
Amazon.co.jp




あらすじ※ネタバレ注意


ある事件でニューヨーク市警の刑事を辞め、マイナーな総合格闘技のファイターとなったルーク(ジェイソン・ステイサム)。負けるように指示されていた八百長試合で勝利してしまった彼は、試合を牛耳るロシアン・マフィアに制裁として妻を殺されてしまう。生きる気力を失い、地下鉄で飛び込み自殺を図ろうとした彼は、妻の命を奪ったロシア人たちがアジア人少女を追いかけているのを目撃。少女を救い出して街に逃げ出すが、そんな二人を汚職警官の一団や中国系マフィアが襲い掛かる。激しい攻防と逃走を繰り広げながら、ルークは少女に隠された秘密を知る。




otoge_yasan (オトゲ)の評価


☆☆





ちょっと荒ぶりが大人しめ。。。



ヒールなスター、ジェイソン・ステイサムはotoge_yasan (オトゲ)も好きな俳優さんです。



今回は数学の天才少女と出会い少女を救うといったストーリー展開です。



主人公も少女の人物像も違うのですが、何処となく『レオン』と被ってしまうかなぁ~と。どうしても比べて観てしまいます。



それと何より、ジェイソン・ステイサムがちょっと大人しめ。もう少し暴れて欲しかったというところでしょうか。


otoge_yasan (オトゲ)






otoge_yasan (オトゲ)です。





映画批評...本当に久々の邦画ホラー




アナザー Another DVD スタンダード・エディション/東宝
¥3,990
Amazon.co.jp





あらすじ※ネタバレ注意


大学教授の父親が海外に行く期間中に限り、地方都市・夜見山市で生活する祖父母に預けられることになった榊原恒一(山崎賢人)。持病による発作で病院に運ばれた彼は、そこで出会った眼帯をした美少女から意味不明な言葉を告げられる。後日、夜見山北中学校に転入した恒一は、教室に病院の少女がいることに気付く。彼女の名が見崎鳴(橋本愛)だと知るが、クラスメートと担任は彼女が存在していないかのような言動を見せる。その理由を鳴本人に尋ねようとするが、そのたびに姿を見失ってしまい……。



otoge_yasan (オトゲ)の評価






原作小説の世界で。。。



雑誌などでの評判が良かったので、鑑賞。



青春ホラーとは違う感じですよね。


橋本愛ちゃんは可愛いですね。独自のオーラが良いです。



その分、他の役者さんの力不足が露骨に出てしまいます。



この中から大塔する役者さんがでるのかな?と。



一番気になったのは、加藤あい。



海猿シリーズが今後無い今、こういう所で真価が問われるところですが、これは厳しい・・・。




otoge_yasan (オトゲ)