音更の冬~12月に入り快晴だが寒くて雪がない | 音更町物産協会

音更町物産協会

おとふけミニ情報


テーマ:

早いものでいよいよ12月に突入。最近は、十勝晴れと呼ばれる、水色の快晴が続いている。そして日中も夜間もマイナス気温の真冬日(まふゆび)となり3月末までの本格的な冬が到来。十勝平野は11月19日に降った初雪も解けて黒い土と緑の小麦、カラマツの防風林とのコントラストが広がっている。しかし人間様には雪は遅いほうが良いのだが、畑には雪が降らないと土壌が深くまでシバレ(凍結)て来春の融雪遅れ、耕起や播種遅れ、雑草の繁茂につながる恐れがある。今年の農業生産は夏以降の天候不順の影響を受けて特に豆類や小麦、野菜等の生産量が減少したので来年は豊作となってほしいので、そのためにも早く、適度に雪が降って真っ白な十勝平野になることを望む。

12月も道の駅おとふけ「特産センタ-」と「中華バイキング桃花」に足をお運びください。ただし冬期間は月曜日が休館日。屋外の直売所は12月2日で営業が終了しました。来年の再開をお楽しみに(staff:ao)

 

 

  

音更町物産協会さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス