音更の春~小麦の芽生え | 音更町物産協会

音更町物産協会

おとふけミニ情報


テーマ:

長かった冬も明け、音更町にも春が来てます。山野では福寿草やふきのとうが満開。農村地帯の畑では

長い冬を雪の下で眠っていた秋まき小麦が芽生え緑色がクッキリでたくましい生命力です。隣の黒い畑には、今後、特産のじゃがいも、豆類、甜菜、野菜等の播種作業が始まり活気を増します。ちなみに音更町の桜満開は4月末です。名所は千畳敷公園、鈴蘭公園です。

 

音更町の秋まき小麦は日本一の作付面積。うどん等の麺用品種が主ですが、近年はパン用小麦の品種も作付され音更産小麦の人気は上がっています。これからグングン生育し収穫は7月末から大型収穫機械でダイナミックに作業されます。豊作に期待ですね。

 

道の駅おとふけ一階の特産センタ-でも音更産や十勝産の小麦粉が販売されています。国産小麦ならではの香り、風味、味が楽しめます。ぜひ、うどん、お菓子、スィ-ツ用などの調理用にお買い求めください。うどんは乾麺もご用意しています。詳しくはHPをご覧ください。

(staff:ao)

  

音更町物産協会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス