音更町物産協会

音更町物産協会

おとふけミニ情報

NEW !
テーマ:

昨夜は12月に入り2度目の降雪がありましたが今日は快晴。朝から快晴で風が無く水色の青空が広がり本当にきれいで気持ちが良い。十勝は太平洋側なので冬は晴れの日が続き日照時間は冬のほうが多い、日高山脈の向こう側は毎日、雪ばかり。音更町は十勝平野のど真ん中なので西には屏風のように横たわる日高山脈が。西には夫婦山と呼ばれる西と東のヌプカウシヌプリなど東大雪の山々間近に眺められる。さらには雄大な十勝岳連峰がくっきり見え十勝平野全体が快晴と実感できます。広々と平らな畑は夏の作物の緑のパッチワ-クとは一変。一面が真っ白で青空とのコントラストが十勝らしい。降雪の翌日は道の駅特産センタ-も職員総出で除雪作業に励みます。ふるさと納税返礼品に加わった音更町の地酒『十勝晴れ』も特産センタ-で販売中です(staff:ao)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

早いものでいよいよ12月に突入。最近は、十勝晴れと呼ばれる、水色の快晴が続いている。そして日中も夜間もマイナス気温の真冬日(まふゆび)となり3月末までの本格的な冬が到来。十勝平野は11月19日に降った初雪も解けて黒い土と緑の小麦、カラマツの防風林とのコントラストが広がっている。しかし人間様には雪は遅いほうが良いのだが、畑には雪が降らないと土壌が深くまでシバレ(凍結)て来春の融雪遅れ、耕起や播種遅れ、雑草の繁茂につながる恐れがある。今年の農業生産は夏以降の天候不順の影響を受けて特に豆類や小麦、野菜等の生産量が減少したので来年は豊作となってほしいので、そのためにも早く、適度に雪が降って真っ白な十勝平野になることを望む。

12月も道の駅おとふけ「特産センタ-」と「中華バイキング桃花」に足をお運びください。ただし冬期間は月曜日が休館日。屋外の直売所は12月2日で営業が終了しました。来年の再開をお楽しみに(staff:ao)

 

 

  


テーマ:

とうとう音更町の畑も雪で白くなり遅い冬の到来。畑は越冬する秋まき小麦を除き収穫完了で真っ白です。道の駅特産センタ-では新企画を続々展開中。恒例の豆類の「5合升の量り売り」を開始。新物の小豆や金時豆のほか音更大振大豆を升の大盛やおまけもあるかもで楽しめます。なくなり次第終了ですが小袋入りの豆も用意しています。また煮豆パックも年末まで値下SALEで販売していますので併せてご利用ください。特産センタ-オリジナルギフトも好評です。

新酒の「十勝晴れ」は音更町の白木さんの水田で栽培された酒米と音更町の地下深層水を活用して醸造されました。色々と種類がありますが今年は「純米大吟醸」が新商品で加わりました。爽やかな地酒の味をお楽しみください。もう一つのこの時期の恒例品販売は姉妹町岩手県軽米町の「りんご」の斡旋中です。詳しくは特産センタ-までお問合せください。

二階の「中華バイキング桃花」も昼夜の本格的な中華料理が楽しめます。恒例の年末用オ-ドブルも受付中です。

年末年始のお使い物に、自家消費に特産センタ-&桃花をご利用ください(staff:ao)

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

農作物の収穫もほぼ終了し雪が畑を覆い始めた音更町。今月のおとぷけ給食は『長いも』です。音更町の特産品で約70haの栽培があります。とても健康にもよい野菜でサラダ、煮物、とろろなどいろいろな料理にも使われています。15日には各学校に長いもを配達し調理員さんが笑顔で受け取ってくれました。

16日には各学校の調理員さんの手によって『長いもグラタン』に調理され「野菜ス-プ」とともに提供されました。試食した農政課の遠山主任は「グラタンには角切りされた長いもがたくさん入り、サクサク食感と溶けるような柔らかさと甘さ、野菜ス-プとも相性抜群で美味しかった。おとぷけ給食で地産地消を感じた」と絶賛しました。もう一人の試食者、農政課の松山主事は「旬の長いもが見事に調理されていた。おいしいのはもちろんだが長いもが茹でてつぶされ食べやすく調理され、グラタンの中の玉ねぎ、にんじんとバランスが良かった、パンの小麦、野菜など音更産のものばかりで自校方式調理方式は食育につながる」とそれぞれ生産振興担当者らしく答えてくれました。来月は小豆が食材の給食となります。なお今週はファイ-ズ応援大使のアドバイスを献立にしたファイタ-ズ給食が提供されます。(staff:ao)

11月の給食献立・給食だより

http://www.town.otofuke.hokkaido.jp/school/otofuketyuu-school/otofuketyuu-school.data/20181101114651.pdf

http://www.town.otofuke.hokkaido.jp/school/otofuketyuu-school/otofuketyuu-school.data/kyusyokutuusin_NO6.pdf

 

応援大使給食

http://www.town.otofuke.hokkaido.jp/school/otofuketyuu-school/otofuketyuu-school.html

 

 

 

 


テーマ:

快晴の音更町。明日、15日(木)から帯広市の藤丸デパ-ト7階催事場において『第24回とかち大収穫市うまいもん祭り』」が開催されます。音更町物産協会はもちろんですが「JAおとふけ」や「JAきの」さんと併せて出店します。豆の大産地音更ならではの新豆の升量り売りや豆加工品、新鮮な野菜など数多く品揃えいたします。農業王国十勝の収穫の秋を代表するイベント。十勝管内からうまいもんが勢ぞろい。本日、設営完了。ぜひ音更町コ-ナ-でお買い求めください。20日(火)まで。(staff:ao)  

 

藤丸デパ-トhp http://www.fujimaru.co.jp/

 

 

 

 

 

 


テーマ:

8日に東京都田町の三菱自動車本社ショ-ル-ムに「とかちおとふけマルシェ」を開店させ販売してきました。音更町に研究所とテストコ-スがあるご縁での出店。iマルシェ風にオシャレな雰囲気で、よつ葉の乳製品や満寿屋パン、新鮮な農産物や加工品など品質の良いものを販売。本社ビルということで多くの社員の皆さんが来場され賑わい音更の特産品をたくさん購入していただきました。音更町出身の「流」のライブも爽やかな歌声が会場に響きました。音更町応援大使の 滝 菜月さん(日本テレビ アナウンサ-)も駆けつけていただき会場が華やぎました。完売した商品も多く音更の製品の理解促進・PRに大きく役立ちました(astaff:ao)

 

三菱自動車本社ショ-ル-ムスタッフブログ

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/carlife/showroom/blog/blog_20181112.html

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

7月1日からスタ-トした十勝の道の駅14駅の独自の取り組み『とかち道の駅スタンプラリ-2018』は一昨日の11月3日を以って終いたしました。応募された皆さん、応募にも至らなかったが回ってくれたみなさんありがとうございました。全駅制覇が要件ですが、今年は台風の連続来襲、天候不順、何より胆振東部地震の発生によりドライブという状況ではなかったと思います。応募数が減少しても仕方ないですが、その分当選確率が上がります。今後、応募券回収、アンケ-ト取りまとめ、12月中旬抽選、1月に景品の発送の予定です。もう少しお待ちください。今年は音更町が事務局を担いまして色々、各道の駅の皆さんにはお世話になりました。また来年、実施されると思いますが今年以上の盛り上がりを期待しています。

なお、全道道の駅スタンプラリ-は引き続き実施中です。交通安全に留意してお楽しみください。押印の際は併せて道の駅おとふけ特産センタ-及び「中華バイキング 桃花」もご利用ください。(staff:ao)

 

  

 

 

 


テーマ:

なんとと11月7日(水)11時から東京都田町の三菱自動車本社ショ-ル-ムで『とかちおとふけマルシェ』が初開催されます。音更町には三菱自動車の音更研究所やテストコ-スがあるご縁から以前から様々な交流が進められてきました。でも東京の本社での物産展は初めてです。7日の一日間のみの開催ですが音更町定番の豆・農産物の特産品の他、よつ葉製品、柳月のお菓子や池田町の十勝ワイン、満寿屋パンなど品揃え豊富です。18時からは音更町出身のア-チスト・流(ながれ)のライブまで開催されます。音更町も役場や物産協会の職員が出向きますが十勝ワインの職員、満寿屋パン東京本店の皆さん等も完売目指して頑張ってきます。三菱自動車のご協力を得て十勝の特産品が首都圏でご購入できますのでぜひ東京方面(田町付近)の方にPRしてください。(staff:ao)

三菱自動車本社ショ-ル-ムHP

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/carlife/showroom/blog/blog_20181030_02.html

 

 

 

 

 

 


テーマ:

快晴の音更町。11月に入り紅葉も落ち葉のほうが多くなっています。道の駅おとふけの農産物直売所は12月2日まで開店しています。営業時間は10時から16時ころまで。最近は馬鈴薯、たまねぎ、かぼちゃに加え新豆も販売中(小豆、金時、大豆)です。がなんと店内で手作業で選別されています。今後は、ながいも・ごぼうが入荷予定です。音更の農産物を越冬用に贈答発送用に多くの皆様のご利用をお願いします。

道の駅二階の中華バイキング『桃花』も温かい料理でお迎えいたします。11月の手書き予定もご確認の上、本格的四川料理をお楽しみください(staff:ao) 

  

 

    

  

 

 

 

 


テーマ:

早いもので11月に突入。快晴の音更町ですが日高山脈やニペソツの山は冠雪し平地でも最低気温がマイナスになり車のガラスや雑草に霜が着き始めました。後は初雪を待つばかり。そんな中、畑の農作物の収穫はほぼ終盤です。砂糖の原料となるビ-ト(甜菜=砂糖ダイコン)の収穫も大型のビ-トハ-ベスタ-がフル稼働です。今年のビ-トはやや小ぶりです。収穫後はトラックに乗せ集積所に一次堆積しその後は大規模な製糖工場で砂糖に加工されます。ごぼうや長いもの収穫もこれからですが、寒い中、農作業事故に注意され進めてほしいです。冬を越す秋まき小麦だけがすくすくと伸びて緑です(staff:ao)

 

 

     

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス