~CMにかわった時に!?~ あなたも加齢性難聴です!(加齢性難聴あるある)  | 「伝わる技術」 オトデザイナーズ 坂本真一

~CMにかわった時に!?~ あなたも加齢性難聴です!(加齢性難聴あるある) 

あなたも加齢性難聴です!(加齢性難聴あるある) ここまでをまとめ読み!

あなたも加齢性難聴です!(加齢性難聴あるある) ここまでをまとめ読み! その2

あなたも加齢性難聴です!(加齢性難聴あるある) ここまでをまとめ読み! その3

 

のつづきです。

 

人は、20歳を過ぎると、誰でも加齢性難聴が始まります。そして、40歳を過ぎたあたりから、

ほとんどの人が、日常生活や仕事の場で、加齢性難聴による何らかの不都合、トラブルなどを

起こしているのです。

 

テレビで、映画やドラマを観ているとき・・・

 

誰もが、セリフが良く聞き取れるような音量に、自然にボリュームを

 

調整しますよね?

 

アクション映画とかドタバタのコメディードラマなら、セリフ自体は

 

そんなに重要でないかもしれませんが、シリアスな内容の作品や

 

ラブロマンスなどでは、

 

 

囁くような小さな声の

セリフが重要!

 

誰もが無意識のうちに、これが聞こえる音量に合わせているものです。

 

ところが、そこでいきなりCMに切り替わって!!??

 

うわっ! うるさっ!

 

とか思って、リモコンのボリュームを下げる。

 

そんな行為が当たり前になっていませんか?

 

加齢性難聴には、小さい音は聞こえないけれど、大きい音は過度に

 

うるさく、不快に感じる「リクルートメント現象」という症状があります。

 

通常の会話のような音を聞いている時に適度な音量に設定していると、

 

CMなどの音楽や商品名などの連呼が異様に大きく感じる場合があります。

 

若い人は、そんなにボリュームをいじりません。

 

そう、だからこれは、

 

加齢性難聴の典型的な

1つの症状なのですよ!

 

加齢性難聴は、40歳を過ぎたあたりから、本人も気が付かないうちに、

 

仕事や日常生活に、様々な支障を起こしているのです。

 

つづく-> ~職場の飲み会でどうしてます?~ あなたも加齢性難聴です!(加齢性難聴あるある)

 

↓このブログを応援して下さる方は↓ 

 ↓クリックよろしくお願いします!↓ 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

人気ブログランキングへ