~バスや電車の車内アナウンスが!?~ あなたも加齢性難聴です!(加齢性難聴あるある)  | 「伝わる技術」 オトデザイナーズ 坂本真一

~バスや電車の車内アナウンスが!?~ あなたも加齢性難聴です!(加齢性難聴あるある) 

あなたも加齢性難聴です!(加齢性難聴あるある) ここまでをまとめ読み!

あなたも加齢性難聴です!(加齢性難聴あるある) ここまでをまとめ読み! その2

 

のつづきです。

 

人は、20歳を過ぎると、誰でも加齢性難聴が始まります。そして、40歳を過ぎたあたりから、

ほとんどの人が、日常生活や仕事の場で、加齢性難聴による何らかの不都合、トラブルなどを

起こしているのです。

当ブログでは、そんな皆さんのセルフチェックのために、加齢性難聴によって起こる様々な症状を

シリーズで紹介していこうと思います。

 

バスや電車の車内アナウンスって、いつもちゃんと聞こえていますか?

 

何を言っているのかよく分からないことが多いんじゃないですか?

 

事故や故障などで遅延が発生しているときなど、アナウンスを聞いても

 

良く分からない・・・

 

最近の電車の放送設備は劣悪だ!

最近の車掌の話し方は雑だ!

 

なんて思って、イラついてしまったこと、ありませんか?

 

 

でもあれね、

 

20代、30代の人たちには、

ほとんど聞こえているんですよ。

 

乗り物の中には、様々な騒音があります。

 

エンジンやモーターの音以外にも、空調機の音があったり、他の乗客の

 

話し声なんかも聞こえたりします。

 

加齢に伴って耳の能力が低下すると、聞きたい音と、それ以外の雑音、

 

騒音の分析ができず、それらの情報がゴチャ混ぜのまま脳に送られて
 

しまって、カクテルパーティー効果が低下します。

 

そう、だからこれは、

 

加齢性難聴の典型的な

1つの症状なのですよ!

 

↓は70歳くらいの高齢者の駅のアナウンスの聞こえを模擬した(模擬難聴)動画です。

何を言っているのか、サッパリ分からないでしょう?

 

こんなのは70歳以上の年寄りの話だ!ですって?

 

いえいえ、確かにここまでではありませんが、人間は誰しも40~50代から

 

こんな聞こえになり始めているのですよ。

 

そう、だから、あなたの聞こえも、自覚がないだけで、確実に、

 

こうなり始めているのです。

 

車内放送設備が劣悪になったのでも、車掌さんの話し方が雑に

 

なったのでもありません。

 

あなたが加齢性難聴になったからなのです。

 

こういう場合は、スマホを出して情報を検索し、放送で聞こえた部分と

 

情報を照合しながら行動してくださいね。

 

つづく-> ~若手のお笑い芸人のネタが面白くない~ あなたも加齢性難聴です!(加齢性難聴あるある) 

 

↓このブログを応援して下さる方は↓ 

 ↓クリックよろしくお願いします!↓ 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

人気ブログランキングへ