高齢者のコミュニケーション能力を知り、補聴器を知る ~やはりドクターです~ | 「伝わる技術」 オトデザイナーズ 坂本真一

高齢者のコミュニケーション能力を知り、補聴器を知る ~やはりドクターです~

高齢者のコミュニケーション能力を知り、補聴器を知る ここまでをまとめ読み1 

高齢者のコミュニケーション能力を知り、補聴器を知る ~こんな悪質なケースもあるのです~ 

高齢者のコミュニケーション能力を知り、補聴器を知る ~このブログで知識を!~ 

高齢者のコミュニケーション能力を知り、補聴器を知る ~悪質な例に当たらないようにして頂きたい~ 

 

の続きです。

 

ドクターがちゃんと、その患者さんの補聴器適合を診断し、 それを補聴器屋さんに

 

伝えているか? 

 

そして、 補聴器屋さんは、その診断結果を尊重して、 その患者さんにあった

 

補聴器を紹介し、 キチンと調整しているか? 

 

を見極めれば良いというお話をしました。 

 

それができないから、 お前のブログを読んでるんだ!

 

というお叱りを受けそうですね。 

 

しかし、これは、そう簡単な話ではないのです。 

 

私のような専門家でも、判断に迷う場合が多々あります。 

 

ポイントとなるのは、やはりドクターです

 

 

補聴器屋さんに直接行くのではなく、耳鼻咽喉科医院を経由して、 必要なら

 

補聴器の購入も考えようというのであれば、見極めるべきは 

 

補聴器屋さんではなくて、まずは、そのお医者さん、つまりドクターでしょう。 

 

ドクターと補聴器屋さんがいれば、その立場は、ほぼ間違いなく 

 

ドクターの方が優位 

 

です。 

 

補聴器屋さんは、ドクターの指示には逆らえません。 

 

だから、あなたの耳の補聴器適合の可能性と、すでに補聴器を使われている方で 

 

あれば、その補聴器の適合具合を、 

 

ドクターが! 

 

どうやって診断しているかを、まずは見極めましょう。

 

つづく-> 高齢者のコミュニケーション能力を知り、補聴器を知る ~補聴器適合判定医と補聴器適合検査施設~

 

↓このブログを応援して下さる方は↓ 

 ↓クリックよろしくお願いします!↓ 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

人気ブログランキングへ