生活防音と楽器防音室を語る

生活防音と楽器防音室を語る

木造住宅やマンションなどの生活防音、ピアノ・ヴァイオリンなどの楽器防音室(ピアノ・音楽教室を含む)に関連する記事を投稿します。


テーマ:

先日、元依頼者に紹介された木造ピアノ防音室のコンサルティングですが、相談者はすでに悪質なグループ企業の一社と契約されており、工事も2/3程度完了している状況でした。

*この段階では完成後に音響測定調査をして問題点を明らかにして、工事費用の一部を取り戻すことしか出来ません。

 

この現場の契約書と提案書・設計図を見ましたら、遮音性能の目標値や保証期間・アフターサービスについて何も記載されていませんでした。実に悪質な専門業者です。

*このブログに投稿した事例や当ブログでフォローしているブログの記事と同じです。

 

相談者は、口約束でD-45~D-50の遮音性能を営業担当から伝えられているだけです。

 

この専門業者に依頼したのは自分のピアノの先生の紹介だったそうです。紹介だから信じていたのですが、天井高が設計書よりも10センチ以上低くなったり、工事中の養生など不手際が多くて不信感をもち、工事を一時的にストップさせてから私の所へ相談にお出でになったのです。

*紹介者は私のピアノ防音室の契約者です。

 

しかし、グループ企業を作って、ウェブサイトに誇大広告を連発しながら、罠にかかるユーザーを待つ手口は、まるで蜘蛛の巣です。

 

防音室の業界は、あまりにもインチキ企業が多く、被害者はネット上では少なく見えるかもしれませんが、私の相談案件の件数を見ると増加傾向にあります。氷山の一角でしょう。

関連情報をご存知の方は、次のフォームから事例情報をご提供ください。

問合せフォーム


テーマ:

先月、新築木造住宅に併設するピアノ防音室(ピアノ演奏+作曲)が完成して、依頼者よりご報告がありました。

 

このピアノ室の難しい所は、天井高が最大で2メートル30センチまでしか確保できないので、広さ約8.5帖の室内を出来るだけ狭くしないようにすることと、天井と床の防音構造を非常に薄く構築しなければならない事でした。

 

このため、音響と戸外への音漏れ対策を重視した仕様を設計し、新築施工担当の親方に防音工事の施工要領と施工説明図を渡しました。

 

着工後に、工事の留意点と防音材の納品などについて、詳細を打合せして、工事完了までサポートしました。

 

ピアノ演奏確認のあと、依頼者より「コンサートホールで弾いているかのような音響になり、作曲家のご主人も驚かれた」ということです。

*要するに床と壁の共振抑制や天井・壁・床の音響上の仕上げが、うまくマッチしたということです。

 

かなり工事費用や私の設計コンサルティング費用を抑えながら、施工担当もよく頑張ってくれたと思います。

*木造が得意な地元の大工職人が担当しました。防音室は初めてだったようです。

*参考事例:木造音楽防音室


テーマ:

私の所へ相談の問合せが増えている内容は、木造防音室の新築とリフォームです。

*DIYによる楽器防音の相談もあります。

 

共通しているのは、他の専門業者の見積金額が予算を大幅に超過し、しかも部屋が相当狭くなるというものです。

*なかには木造なのに、床下をコンクリート増し打ちで、通気を遮断してしまう、とんでもない提案があります。

*木造の特長を無視する業者には、契約者から訴えられているものがあるようです。

 

ですが、一度コンクリートで固めてしまうと、元に戻すのは困難です。木造住宅の通気を遮断する工法は、建物の寿命を大幅に縮めます。

新築でもリフォームでも、専門業者の工法は要注意です。

 

とくに新築物件は、通気を遮断する改造を行うと、新築保証の対象外になり、将来困ることにもなります。

在来工法の既存構造を尊重する施工が木造防音室の基本であると、私は考えています。

 

私の防音相談では、まず先に工法と断熱材、結露対策、通気の話をします。床下補強など軸組工法を活かす提案を行います。

そのあと、具体的な防音仕様・音響調整の話をします。

 

ご予算が殆どない場合は、御自身で施工できるDIY対策もご提示しています。

天井以外は、やる気になればDIYでも、ある程度の防音は出来ます。沢山のお金をかければ良いわけではないので、専門業者に依頼する部分とDIYを仕分けして計画する方法もあります。


テーマ:

昨年から今年1月にかけて、他の専門業者に木造防音室の相談をしていた人にセカンドオピニオンとして対策の相談を受けました。

 

防音室の専門業者に防音壁が20センチ以上の厚さになり、天井が20センチ程度下がるという提案を受けたそうです。しかも金額が予想以上に高く、ご予算を超過してしまい、新築を目前にして途方に暮れているという内容でした。しかも、遮音性能がD-50程度しかないというものであり、これには流石に私も驚きました。

 

そこで、私のほうで音響・防音仕様を提示して、施工説明図と専門的な防音材のみ現場に納品する想定で、計画を再検討することになりました。

私のほうの設計ではD-50程度なら、在来工法の木造住宅では、防音構造は厚さ40ミリ~60ミリ程度でクリアできています。今回の件も比較的薄い対策で問題は解決できる見込みです。

 

結論から言いますと、在来工法の木造住宅で普通のグラスウール断熱材仕様ならば、防音構造の厚さは10センチ以下で十分です。

専門的な防音材を使用するなら、厚さ5センチ程度で十分と思われます。

 

なぜ、他の専門業者は木造防音室に、このような無駄に厚い対策を行うのでしょうか。プロとは思えないような仕様です。

私が担当した地方の木造建物では専門的な防音材も吸音材も使用しないで、木材と土壁・漆喰、木屑だけで壁面の遮音性能をD-45~D-50にすることができました。しかも、普通の木造住宅よりも約10センチ程度、天井と壁を厚くしただけです。


テーマ:

最近増えている事例ですが、エコキュートやエネファームなどの近所の室外機からの騒音(低周波音を含む)が、自宅の窓や壁を透過して室内に侵入し、睡眠を妨げたり、頭痛の要因となっているという相談です。

 

先日の問合せでは、隣家の室外機が2台あり、そのうち1台を数メートル移設してもらったが、余り効果がないというものでした。

 

そういうことは珍しくなく、2・3軒先の室外機騒音に悩まされる事例もあり、今回も同様なレベルという気がします。

 

まず、相談者に地元市役所から騒音測定器を借りて、部屋ごとに、戸外との騒音値と比較するなど、詳しい状況を整理するようにアドバイスしました。

そうすれば、防音対策の優先箇所が出てくれば、段階的に防音施工を行い効果を確かめながら計画することができます。

 

いきなり、すべての居室を防音するのは費用的にも工期的にも無理がありますので、場合によっては寝室を変更して防音工事を行うなど、考え方を仕分ける必要が出てくるかもしれません。リビング・ダイニングは変更できませんから、これは優先度が高いエリアになります。

 

留意しなければならないのは、自宅の外壁内部にどういう断熱材が使用されているのか、ボードの厚さはいくつかなど基本性能を想定しなければなりません。

 

新築住宅で安心して眠れないのは、相当なストレスになると思います。

相談日が決まれば、出来る限りのご提案をさせていただくつもりです。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス