【高校受験】10月に模擬試験を受けた方が良い理由【Sもぎ・Vもぎ】 | 江戸川台発”勉強がわからない”は宝物!小中高生対象の個別指導
新型コロナウイルスに関する情報について

江戸川台発”勉強がわからない”は宝物!小中高生対象の個別指導

流山市の江戸川台にある学習塾・個別指導ワンツーレッスンの室長ブログ。小中高生の生徒へ向けてフレッシュな情報を発信中!

 

どうも、金澤です❗️

 

僕もこの連休は都内の方へ出かけたワケですが、人混みはほぼコロナ禍前に戻っていました。

 

外国人観光客も姿もチラホラと確認でき、特に中国の方が多かったようです😊

 

さて、そんな4連休が終了し、本日から教室もスタートひらめき電球

 

テスト返しが始まったであろう東深井中の生徒の結果が気になりつつも、10月に定期テストを控える流山北部中や西原中の生徒への対策も始めます💪

 

とりわけ中3生はこの時期から定期テストの他にも実力テストや外部模試、さらには各種検定を受ける生徒もいたり、受験が終わるまではあっという間です。

 

受験生はすでにやるっきゃない時期に突入しているので、志望校に向かって一直線に進みましょう👍

 

そうそう💡

 

塾生には伝えましたが、10月の外部模試は可能な限り受けてください。

 

10月の模試を受けておくと10月末〜11月上旬に学校で予定されている三者面談の材料として使えます。

 

そして、秋の三者面談で進路についておおよその方向が決まります。

 

この辺の話について動画内で詳しくお話ししましたので興味がある方はぜひ↓

 

(最新動画はこちら)

 

・【高校受験】10月に模擬試験を受けた方が良い理由【Sもぎ・Vもぎ】

 

 

(前回動画はこちら)

 

・【高校受験】過去問に取り組むタイミングは?【県立・市立・中堅私立向け】