『精神科作業療法士が身体領域で確実に結果を出せる治療アプローチ』 | 作業療法塾 切磋琢磨物語★マネジメントで療法士人生が変わる!★

作業療法塾 切磋琢磨物語★マネジメントで療法士人生が変わる!★

 カリスマどM貴公子(鬼講師)な作家OTが、
 アナタの療法士人生を180°変えるボディ&メンタル改善法を教えます。
 ガチ度の高いアナタ!ついてこれるかな?


テーマ:

どM貴公子(R)齋藤信精神科作業療法士

『精神科作業療法士の苦手を克服する3日間』

*5、6月に解禁!*
5月→仙台、6月→東京にて開催します。

脳と学習のメカニズムを集団療法に組み込む方法

*5月16、17日に開催!*

精神科OTの為の身体アプローチ入門講座



▼ 以下、2014年に開催した際の講義概要です ▼

・触りたいけど、触れない。
・頼られても応えられない。
・機能改善に全く自信が持てない。
・学生時代の実習以来、身体アプローチをしていない。
・アプローチをしてみても、結果が出せたのかワカラナイ。

アナタは、精神科作業療法の現場で、そんな悩み
を抱えていませんか?
でも、悩んでいるだけではマズイですよ!

今や、精神科作業療法の現場……とりわけ、長期入院になっている方を多く抱える病院では、患者さんの高齢化が問題になっています。

介助量・介護量が増え、教科書で言われるような精神科的なアプローチを行えない現実を目の当たりにしていますよね。
しかも、看護師さんから……

『出来るでしょ、やってよ』
『この方、歩行の状態が悪いんだけど、リハビリしてくれる?』
『トランスファーの研修してくれない?』
『今度、私たちでも出来るリハビリを教えてよ』

そんな依頼が来ていませんか?
そして、アナタはそれを断っていませんか?
これって、悔しくないですか?
期待されていても、応えられないもどかしさにガッカリしませんか?

そんな悔しい思いを一度でもした事があるなら、取るべき選択肢は二つです。

諦めるか、勉強するか。

勿論、諦めるという選択肢はこの際無しです。

でも、実際に何から勉強したらいいのかワカラナイ。
でも、経験年数が少ないから自信がない。
でも、今更どう手を付けていいのかが不安。
でも、でも、でも……

理由はあげればキリがありません。

ですが確かに、身障系の作業療法士や理学療法士に教えてもらうには抵抗がありますよね。
だったら、精神科で12年間、作業療法士をしてきた、僕からならどうでしょう?
僕が現場で使ってきたテクニックならどうでしょう?


僕自身、精神科でのみ10余年働いてきました。そのなかで、変化の少ない精神科の患者さんがじょじょに身体機能が低下していく事に危機感を覚えました。
色々と独学で試してみても、どうにも上手くいきません。
作業療法の枠のなかで、ストレッチングや運動を取り入れたレクリエーションを週に3回以上行ってきました。
それでも、高齢化にあわせ機能面の低下を防ぎきれませんでした。

「このままではいけない!」

僕は思い切って、
2011年9月から(社)JIR協会会長の仲村ケイ先生(作業療法士)に弟子入りしました。

・身体面からメンタルに影響のあるアプローチ法
・脳環境の調整法
・日常生活のなかで患者さんに指導すべき事
・その他、身体症状、不定愁訴、腰痛などの調整法

様々なテクニックと理論を学びました。
お陰様で、確実に結果を出せるようになり、患者さんのメンタル面や認知面に変化が出せるようになったのです。

今回、その学んだ内容を特に精神科作業療法士さん向けに簡易化し、
効果的なテクニックを提供することができるようになりました。


精神科特有の薬物療法由来の副作用からくる身体症状、不定愁訴、腰痛、メンタル面に対して変化を出してみたくありませんか?



【この講義で学べること】

■結果が出しやすい技術を習得することで「自分が患者さんを良くしている」という実感を持つことが出来るようになれます。
■確実に効果が出る2つのテクニックを集中して学び、現場ですぐに使っていただけます。
■機能的な変化により精神科的なアプローチの効果が変わることが実感出来るようになれます。
■向精神薬の副作用に対してこれまでとは違う視点で考えられるようになれます。
■精神科の現場で実際に行う際の流れをセッション形式で体験できます。
■今まで伝統的な精神科作業療法に対してなんとなく行なってきたことの、シンプルかつ本質となるエビデンスをお伝えします。
■エビデンスに基づいたアクティビティの作成を行ないます。
■受講者間でアクティビティを共有します。



【 講 義 内 容 】

【1日目:身体アプローチ克服編】
 ・初めて触れる身体アプローチのための心得。
 ・触診トレーニング。
 ・筋肉と骨に触る。
 ・受講後すぐに使えるテクニックを完全習得
 ・集団で行なう身体アプローチ・エクササイズ習得


【2日目:精神科作業療法のエビデンス構築編】
(有田先生のお話は2015年8月の国際統合リハビリテーション協会学術大会にてご講演いただきます。)

有田秀穂セロトニン道場

 ・東邦大学医学部名誉教授 有田秀穂 博士 による特別講義
 ・精神科作業療法を脳の生理学でエビデンスする。
 ・対他職種への精神科作業療法のエビデンス伝達法。
 ・エビデンスに基づいた、アクティビティ構築法。


【3日目:アクティビティ構成克服編】
 
・5ミニッツ・アクティビティ41名41ネタ。週1回、1年分のレクリエーションネタを全員でシェアします。
 こちらについては、申し込み後(2月に入ってから)
 事前に作業療法塾レクリエーション構成法を
 動画で学んでいただき、その内容の冒頭部分5分間を全員でシェアします。
 全員分録画し、後日受講生限定公開動画化し、受講生さん全員にお届けします。


【作業療法塾のやりたいこと】
 兎に角、沢山のメリットを皆さんに提供したいというのが本音です。
 しかも、もっと拡散していきたいんです。
 僕自身がとんでもない落ちこぼれだったのは、 山形医療技術専門学校出身のOTさんにきいてみれば バレバレの事実です。
 そんな僕でも、今は偉そうに(?) みなさんに技術提供などができるようになっています。
 僕は、ぼくだから救える人がいると いつも思っています。
 だから、僕の失敗体験や成功体験をシェアしていきたいんです。


【受講のメリット30】
【1日目:身体アプローチ克服編】
 1:精神科作業療法士だけが集まって研修をします。
 2:誰もがスタートラインです。
 3:触診の『し』の字から行ないます。
 4:一つ一つのテクニックを、わかったからできたまで練習します。
 5:すぐに効果の出るテクニックを習得していただきます。
 6:患者さんの便秘を解消できます。
 7:患者さんの歩行状態に変化が出せます。
 8:個別の患者さんにアプローチする流れをお伝えします。
 9:個人だけではなく、集団のセッションで行なえる方法をお伝えします。
10:精神科患者さんのためのBCW認定を発行します。

【2日目:POTエビデンス克服編】
 1:セロトニン研究の第一人者である有田秀穂医学博士を招いての特別講義が受けられます。
 2:心の三原色について学べます。
 3:脳内セロトニンのメカニズムがわかるようになります。
 4:セロトニンを活性化する方法が研究データとともに学べます。
 5:脳内セロトニンと腸内セロトニンの違いを説明できるようになります。
 6:セロトニン症候群を回避する方法を講義します。
 7:脳科学研究の世界的権威トニーブザン氏のもとで学び、インストラクターをしている齋藤が脳科学に基づくアクティビティ構築法を伝えます。
 8:記憶のプロセスをアクティビティに組み込む方法を伝えます。
 9:人の8つある欲求がアクティビティにどう影響するか講義します。
10:それらをもとに、アクティビティの作成を行ないます。

【3日目:アクティビティ克服編】
 1:前日に行なった内容を実践します。
 2:実際に行うことで、内容をブラッシュアップできます。
 3:あなたの技が他の人の救いになります。
 4:最大参加者41名が参加すれば、41のアクティビティをシェアできます。
 5:41週間のアクティビティネタに困りません。
 6:前回参加者のアクティビティネタも20以上シェアします。
 7:録画しますので、後日受講生限定の専用サイトから何度でも視聴できます。
 8:同じ悩みを持つOTと情報を共有できます。
 9:あなたのオリジナルアクティビティが全国のOTRに使ってもらえます。
10:あなたのアイデアが他のOTRの救いになります。


などなど……他多数用意しております。

苦手克服第二期

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【 講 習 会 詳 細 】

■対 象 : 精神科領域で働く作業療法士のみ

■定 員 : 40名

■開催日時 : 平成27年 1月18日(日) 10時~16時半 身体アプローチ克服編

        平成26年 12月20日(土) 10時~16時半 POTエビデンス克服編
        平成26年 3月23日(日) 10時~15時半 アクティビティ克服編

■会 場 : 東京 神田小川町 あすか会議室(予定)


■受講料 :
以下のページをご参照ください。
*12月に解禁!*
東京にて開催します。

脳と学習のメカニズムを集団療法に組み込む方法

*1月18日に開催!*

精神科OTの為の身体アプローチ入門講座



■講 師 : 齋藤 信(さいとう まこと)

どM貴公子(R)齋藤信自己紹介

作業療法士 作業療法塾 塾長
(社)JIR協会 グランドマネジャー
(社)JIR協会 マネジメント講師
カリスマ講師養成クラブ(R)認定講師
・昭和52年生まれの巳年男。
・山形医療技術専門学校1期生入学、3期生卒。
・留年2回。臨床実習を32週間、卒論は4回書いたという元落ちこぼれOTS。
・最初の職場を2年半で追われ、半年間SIRWOTの吉益淳子先生に師事。
・その後上京。医療法人社団青雲会北野台病院(精神科)にて10余年働く。
・その間、作業療法塾開始。2010年に「作業療法学生の虎の巻」出版。
・やたら叩かれつつも、仲間になってくれる隠れファン急増。
・翌2011年IRA研究会の仲村ケイ会長に出会い、創立メンバーとして共に活動を開始。
・療法士.comの国家試験対策アプリの42~46回の作成をIRA研究会メンバーにて行う。
・仲村会長に弟子入り。精神科の患者さんの身体を変える事でメンタルに影響をあたえられるようになる。
・2012年IRA研究会認定インストラクターとなり、セミナー活動を開始。
・精神科作業療法士向けに身体アプローチの提案を始める。
・療法士の達人化や情報発信ブームのなか、突き抜けた講師となるため、カリスマ講師養成クラブ(R)の門を叩き渋谷文武先生に師事。
・2013年カリスマ講師養成クラブ(R)認定講師となる。
・IRA研究会過渡期のさなかIRA研究会(JIR協会)GM就任。
・JIR協会のマネジメント業務を行いつつ、都内にコンディショニングルーム那由他の開院。
・療法士と講師向けのコーチングや施術、コンサルティングを中心に行う。
・仲村会長に命名された「どM貴公子」の商標登録完了。(R)がつく。
・作業療法とカリスマメソッドの融合にて、どM貴公子(R)セミナーの満足度が常に87%超。
・日本一作業療法士と名乗らせてはいけない男となる。
・臨床実習指導法に特化した情報発信とセミナーの開催開始。
・ThinkBuzan TLIマインドマップ(R)インストラクターとなる。
・あらたなヴィジョンとともに、クリ∞ィブマインドで新企画を水面下で進行中。


お申し込みはコチラ!
*12月に解禁!*
東京にて開催します。

脳と学習のメカニズムを集団療法に組み込む方法


*1月18日に開催!*

精神科OTの為の身体アプローチ入門講座


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


また、2012年6月29日に厚生労働省から発表があった、精神科入院の上限が原則一年となる縛り。

言い換えれば、精神科リハビリは一年で結果を出さなければならないということです。

療養病棟でもGAFが効果判定に使われる事が現実味を帯びてきました。
また、作業療法士協会では、26年度の改訂に際し、身体アプローチ基準の申請をしましたね。

精神科作業療法士の苦手克服

精神科作業療法、精神科リハビリに動きがあるなか、
あなたは無関心でいられますか?

このまま、


確実に変化が出せるアプローチを
行えなければならない時代で、
アナタは生き残ることが出来ますか?



お申し込みはコチラ!
どM貴公子セミナー申し込みはコチラ

作業療法塾主宰 齋藤信さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス