切迫早産

テーマ:
たまに、書くか。
だいぶ、ストレス溜まってきたし。

6月20日に、日本へ第2子出産の準備で帰ってきて。
6月24日の検診で、病院へそのまま強制入院させられ。
7月24日に至る、と。

切迫早産なので、シャワー、トイレ、食事以外は、絶対安静。
本を読む以外に、何もできない。テレビ、あんまり見ないし。
こんなに長くなるなら、何かの資格の勉強でもしとけばよかった。

最初の二週間、ちび君が風邪を引いたため、
病院へ見舞いに来てくれることもできず。
この2年間毎日一緒にいて、離れることもなかったので、
とても長ーい二週間に感じられた。

幸いにして、大のおばあちゃんっ子で。
日本に着いた瞬間から私よりも私の母になついていたので。
案外、まったく問題なく、じじばばと日々を過ごしているらしい。
立派な魔の二歳児で、二人とも大分手を焼く時もあるようだけど。

ちび君は、じじばば親戚でも面倒は見て貰えるけど、
お腹の赤ちゃんは、私にしか面倒はみれないので。
私の不注意で、早産で産まれたとしたら非常にいたたまれないので、
仕方なくというか、感謝しつつ、病院生活を送っているところ。

でも、結構、キツイ。
精神的に、暇すぎて疲れる。なんともいえない、疲れ。
でも、変にお腹の張りが増す不安よりは、絶対マシ。

もう少しの辛抱かな。

イギリスだったら、内診もないし、子宮ケイカンの長さがどうのこうの、
なんて見もしないし、意外と早産を防ぐ気持ちも少ないので。
やっぱり、日本に帰ってきて、よかったと思う。

イギリスの検診で、助産婦さんに、
赤ちゃんが下がってきてる気がするし、お腹もすごく張る、と言ったのに、
「大丈夫よ、もっといっぱい歩いてね!」
と、むしろ一番避けるべき行為を勧められて。
やっぱり、イギリスだなぁと溜め息をついていた。
イギリスの妊婦検診は、本当に無意味。
助産婦さんとのおしゃべりで終わる感じ。
産後、24時間以内に退院させられるので、
産後の母体へのサポートもどれくらいあるかわからないし、
私は、あまり、信用していない。


ちび君は。
日本へ来る前は、父には英語、母には日本語、と、
意外と上手く使い分けはじめてたところだったので、
そのままの言語教育をしたかったところだけど。

今回、完全に日本語環境になったので、
今はいっぱい日本語を発達させているところ。
ま、そもそも、イギリスに居たときも、
私は、敢えて英語を避けさせて日本語ばかり教えてたので、
元から、完全に日本語優位だったのだけれども。
やっぱり、自分のしゃべったことが周りの人に通じるのは、嬉しいらしいし、いい刺激になってるっぽい。

来年9月からナーサリーなので。
それが始まったら、嫌でも英語は覚えていくだろうから。
今は、日本語に集中しておく最後のチャンスだと思っているところ。
最初は英語ができなくて心配かもしれないけど、
子供は吸収が早いから、きっと大丈夫。
父母の会話が英語だから、やっぱり教えてなくても少しは分かってるみたいだし。

この滞在中に、いっぱい日本のことを経験してほしいな。
スコットランドにはない、夏らしい夏を過ごして欲しい。
ほんとはそういうちび君の成長を間近でみたいけど、
今は、仕方がないので。病院で大人しくしてよう。

いっぱい書いて、ちょっとすっきりした。
早く、落ち着くといいな。
といいつつ、気づけば1ヶ月以内には正産期なので。
あんまり、落ち着く暇もないかもね。
AD

最近の私の新しい興味。

バイリンガル教育。


噂に聞くところ、なかなか、難しいらしいバイリンガル教育。

でも、チビボーイ君には日本語も英語も話して貰わなくちゃ、困るので。

頑張って行こうと、母は思っている次第であります。


今は、チビ君は日本語の方が多く発してるけど。

幼稚園とか行き始めたら、すぐに英語を吸収するだろうし。

実際、プール教室とかベビーグループとかになると、

私こそが、英語でチビ君に話し始めてしまってるので。

そもそもにおいて、まずそこで私が日本語を使う勇気を持たねばならない、と。


ポーランド人とか、アラブの人とかは、結構自分の言語も堂々としゃべってる。

私は、周りの人が私が何言ってるか分からなかったら申し訳ないと、

なんだか意味のわからない気の使い方をして、中途半端になっている。

でも、ボーイさんの家族とかと一緒に居る時は、やっぱり遠慮してしまう。


が、そこで急に私が英語で話しても、日本語主体なチビ君は、

私が何を言ってるか、きっと、急にわからなくなった気分にさせられてるハズで。

それはそれで、やっぱり良くないよなぁ、と。

迷いが生じる。


手探りで試行錯誤しながら、やっていこう。

とりあえず、最近は、NHKの幼児用教育番組『いないいないばぁ』と、

アンパンマンのDVDで、日本語を聞かせるようにしてる。

あとは、昼寝や就寝前の本読み。


もっと色々やっていかなくちゃなぁ。

ベネッセのベビー・子供チャレンジもそのうち始めるつもりだけど、

どうも、いまいち私が、しまじろうを好きじゃないんだよね。

ちょっとしか見たこと無いけど、ストレートすぎるよね。


NHKの教育番組は、非常に工夫され上手く作られていると最近感心している。


そんな感じ。


AD

時間が出来たとはいえ、家事を放置してる状態での、

「時間ができた」だけれども。


今日は、チビ君が昼寝をあまりしなかった分、早く寝てくれ。

最近行き始めたジムで張り切りすぎたボーイさんも、寝てしまい。

夕食の準備、しなくて済んだ!


それだけで、凄いお得に感じてしまうくらい、主婦感丸出しな最近。


以前ほど、「もうちょっとしたら仕事に戻りたい。」という焦りもなくなり、

少し、落ちついてきてる。いや、いつかは仕事する人に戻りたいけど。

履歴書の空白期間を、もう気にしないことにした。


しばらく、日記を書かない間に、色々してたと言えばしてたけど。

あまりわざわざ書くようなことをしていたわけでもなく。


七月末におじいちゃんが亡くなって。

心身共に、自分が生まれたときから身近に居てくれた人を亡くすのが、

初めての経験だったので。思ったよりも落ち込んではいないけれど。

二ヶ月以上たった今でも、やっぱり毎日思い出すし、涙する。

でも、日本に帰って、最期の時間をちゃんと一緒に過ごせたので、納得。



八月末には、初ヨーロピアンスタイルホリデーで、ギリシャへ。

日本人って、「休暇と言えば、観光!色々見て周るぞ!」

というのが、結構一般的なんじゃないかと思うのだけれど。


ヨーロッパ人たちのホリデーって、すっごく、怠慢。

暖かい海のある場所に行って、一週間から二週間、

ただボーっとプールサイドにいて日光浴したり、泳いだり、

若い子達だと、夜は街に繰り出して、パーティー三昧、みたいな。


観光をすることの充実感と達成感に慣れている私としては、

なんて、無駄な時間の過ごし方なんだ、とつい思わずにはいられなかった。

そんなもんなのかね。


そして、女性陣。

結構、堂々と、トップレスになって、日光浴してる。

中年以降の人に多めだったけど。

噂には聞いてたけど、実際目撃すると、衝撃。

いや、隠そうよ、みたいな気になってしまう。



九月半ばには。

チビ君が、予防接種の影響で、夜中に高熱を出し。

それだけならいいんだけど、なんと、無意識で痙攣してしまって。

NHS24 という、イギリス医療サービスの電話相談へ連絡し。

その後、救急隊も来てくれて、一応、病院で明け方から午後まで過ごした。


小さい子が熱で痙攣することはよくあるらしいのだけど。

偶然、私がその日に、本を読んでる最中についうっかりと目を離し、

チビ君がベッドから落ちて、頭を打ってしまってて。

その頭を打った、というのがもしかしたら影響があるかも、

ということで、救急隊が来てくれ病院まで行けることになった。


そして、病院の尿検査でさらに偶然見つかったのが、

なんと、大腸菌のなんかに感染していたらしいということ。

たぶん、それはその日に行ってたプールで水を飲んだせいだと思うのだけど。

早めに見つかって抗生物質を飲めたことで、腎臓にも異常がなく。


不幸中の幸いというか。偶然が重なったというか。

予防接種で熱を出して、それで痙攣してなかったら、

NHS24には電話してなかったし。

その日偶然に、チビ君が頭を打ってなければ、

救急隊も来ず、病院で尿検査もしてなかった。


NHSのイメージ、向上。

付き添いの両親にも、わざわざ朝ごはんのトーストを出してくれたし。

なかなか、悪くない。



それから。最近の出来事は。

ボーイママに、ついに全て思ってたことを打ち明けて。

話し合おうとしたものの、全く話にならないということが分かり。

こっちが出したトピックを上手く摩り替えて、自分が悪く見えないようにして、

逆に、自分の不満を出してきて、けなげで可哀相な自分を演出して。

自分の勝手な想像で、何もかもすべて私が悪いかのように仕立ててるのも分かったし。

すっごい、嫉妬深いし、競争心強いし、被害妄想の塊だし。


結論として、私の中で、もうどうでもいいや、ということに落ち着いた。


でも、ボーイさんから一つ学んだのは。

西欧の問題解決の仕方と、

私の知ってる(たぶん日本式の)問題解決の仕方は違うということ。


西欧の問題解決の方法は。

相手に不満なことがあったら、まずそれを相手に伝える。

そして、お互いにその不満があることを表面に出してから、

対策を考え、お互いにとって心地よい解決策を見つけたら、

じゃあ、それまでにあった泥沼的な感情は、もうおしまいね。

水に流して、さぁ、新しい関係を築きだしましょう。


なんだそうな。

「あれだけ、泥沼の感情を聞いておいて、

相手のこと、もう信じられねーよ。水になんか流せるか、あほ。

これで本性もわかったことだし、以降一切関り合わないのが理想です。」

と思ってしまう私とは、対照的な考えなようで。


ま、そう思ってしまう私も多少大人気ないけれども。

が、しかし、最初からなにも無かったかのようには、振舞えないでしょう、普通。

感覚が、違うんだなぁ。。。


なんというか、かんというか。

まだ、その方式には、私は馴染んでない。


ってか、そもそも今までの人生で、

一回嫌いになった人を、再び、好きになったことがないので。

どうしたらいいのやら、と正直困ってるところ。


当面は、どうでもいいや、というくらい適当に扱うことにしたけれど。

そんなこんななので。

家族の時間とされる、クリスマス。ものっすごい面倒くさい。

例年以上に、めんどくさい。



それから、最後に。

あまり最近、ブログに意味を感じてなかったので、何も書いてなかったけど。

今後、たまにでも書くとしたら、

チビ君のバイリンガル教育が新しいジャンルに加わるかな、と。



ブログは、きっと細々書いていきます。

止めようかと思ったけど、止める理由もないし。

時間が出来て、気が向いた時に、書きます。


さて、家事やるか。

あ、あと、最近、引っ越す家も探し中。

なかなか、次々とやることが出て来るので、悪くない。


ってか、そろそろ、Life in the UK の勉強しなくちゃ。

ビザ切れたら、この国にいられなくなるもの。

そこが、本当は、最優先事項だった。。。

AD