2006-03-08 08:52:35

真冬に・・・

テーマ:小樽の様子
冬に・・・ 昨日の記事から一変。今日はなんと吹雪になってしまいました。また、冬に逆戻りです。今日は私の誕生日なので、毎年の今日の様子は大体記憶にあります。こんな真冬並みの猛吹雪の日は、あまり無かったような・・・。今年の雪解けはいつになるのやら。あと一ヶ月で、ロングビーチ開幕戦が始まります。カリフォルニアとはえらい違いですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-03-07 08:57:01

だいぶ春めいてきました

テーマ:小樽の様子
3月の声を聞いてだいぶ春めいて来ましたが、雪の山はまだまだ融けません。道路や人が歩くところはいいのですが、路地裏、庭先など手を入れなければ、あと、1ヶ月半は残っているでしょう。雪にまつわるゴミや砂の後始末はゴールデンウイークくらいにやっていると思います。わが協議会もボランティアの皆さんと雪解け後の、清掃ボランティアをやりたいと思います。日時はまだ決めてませんが、ゴールデンウイークになるでしょう。場所はずばり、レーストラック周辺です。スタッフの皆さんに盛り上がっていただくのと、周辺の方々へのアピールも兼ねて、掃除したいと思います。ボランティアのみんな、たくさん参加してね。もちろん、一般の方の参加もやりたいですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-01-07 14:03:12

日露フェリーも

テーマ:小樽の様子
日露フェリー 雪、ホントたいへんです。雪ネタばかりですが、今の小樽の様子をお送りします。レーストラック候補地のすぐそばには、日露フェリー乗場があります。そのすぐそばの道路《小樽港縦貫線》と並行して、ソーラス条約のフェンスが延々と500mほど立っています。フェンスの高さは3mほどで、FIAの規格外です。(規格はベース1m、高さ4m) そのフェンスはもうすぐ雪の中に埋もれてしまいそうな勢いです。ソーラス条約による外敵(?)防御のためのフェンス、密出国(?)防止のためのフェンスらしいですが、あまり効果がないような・・・。そうか、小樽は積雪時には外敵がやってこないのです。W。小樽名物フェリーのトップデッキというか、ブリッジの上に積み込んだ日本車も見えます。時化るとロシアにつくまで2~3台は日本海に落ちるそうです。日本じゃ考えられません。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-01-05 08:48:59

雪かき、お疲れです

テーマ:小樽の様子
雪山 今年は北海道、東北、北陸は記録的な大雪だそうで・・・。雪国の皆さんは毎日の雪にうんざりしていることと思います。お疲れさんです。家のうらの雪捨て場の写真をご覧下さい。近所の10軒ほどで捨てているのですが、もう2階に届こうかというくらいになっています。1月、2月にまだ降るとしたら、ぞっとします。2月の第2週には『雪明かりの路』というイベントがあります。毎年雪が少なかった印象でしたが、今年はまだまだ増えそうですね。皆さん小樽に遊びに来て下さいね。これだけ雪があると、公道レースという気分にもならない新春です。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-12-29 18:40:13

ヒルトン小樽

テーマ:小樽の様子
ヒルトン ヒルトン小樽さんのロビーに移ったチャンプ・カーです。正面玄関の左手ウイングベイ小樽への通路側にあります。ウイングベイ小樽1階からはネイチャーチェンバーという広場がヒルトン小樽さんとの連絡通路になります。ウイングベイ小樽2階からは3番街のライト・オン前の連絡通路でホテルの2階レストランから1階に降りるとすぐです。レストランのテラスからロビーを見ると、この写真のように見えます。結構、人が多く以前の展示場所より目立つと思います。スタッフが付き添える時は、従来どおり乗車できます。今日は100人くらい乗車撮影してましたよ。年末年始は30日、31日、2日、4日、7日、8日、9日とスタッフがつく予定です。お近くに来た方はぜひ、ヒルトンさんまで足を伸ばしてください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-12-25 09:44:39

一日後には真っ白

テーマ:小樽の様子
雪のウォール 寒気が入り、雪が降っちゃうと一日でこんなになります。暖気で雪が水分を含み、そして、しばれるとガチガチに固まってコンクリートウォールのようになります。これでFIAの基準がクリアできたりして。しかし、今年の小樽は12月にしては雪が多いです。だから、道幅が狭くなり幹線道路ものろのろ運転です。だいたい毎年30日、31日と大晦日の買い物と降雪が重なり、市内の全体渋滞があるのですが、今年はクリスマスから渋滞です。皆さんご苦労さんです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-12-24 08:57:26

ウォール

テーマ:小樽の様子
ウォール レーストラックの回りにはFIAの基準にあったコンクリートウォールが置き巡られます。合計2000個ほど置きます。想像がつかない光景かなと思っていたら、我が北国には、そう、雪のウォールが毎年12月~3月まで設置されています。特に幹線道路は、交通をスムースにするために道路の脇に積み上げ、路肩で削ると壁状になるので、『仮設スノーウォール』が延々と続きます。もちろん交差点は開口しており、車両はいつものように走っているのです。ここは、道道臨港線の中ほど、有幌交差点付近ですが、暖気のため路面に雪が全くありません。次の降雪まで路面は見えています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-12-18 17:48:15

久しぶりです

テーマ:小樽の様子
公子 リッカしばらくPCの前に座っていなかったような気がします。実は昨日の夜にミニコンサートを一発企画して開催したのです。レースとはまったく関係ないのですが、友達が帰国コンサートを開きたいと小樽にやってきたのです。イタリアはフィレンツェからやって来て、イタリアン・ポップスを日本に広げようという女性でKIMIKOといいます。イタリアン・ポップスといっても、ボサノバやカンツオーネとジャズをMIXしたような音楽であり、基本的にはアコースティックで旧大陸チックです。東京や千葉で何回かコンサートを開き、小樽は2年前に引き続き2回目なのですが、小樽のことを気に入っているみたいです。小樽の雰囲気もお客の反応も気に入ったみたいで、我々みたいな素人が企画するコンサートでも一生懸命やってくれました。チケット売りからポスター作り、機材運びや会場設営まで全部、素人がやったので悪いなーと思っています。しかし、イタリアにも友達ができ本当にうれしいです。特に、ギターのリッカルドとは、非常にうまが合い、ぎこちない英語でもいろいろとコミニケーション取れているみたいです。小樽の食べ物も人間も気に入ってくれたみたいで、『来年も来るぞー』と、言って帰って行きました。また、お会いしたいですね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-12-10 08:58:04

月見橋の上

テーマ:小樽の様子
月見橋 小樽は昨日からの雪で積雪が10cmになってます。雪がなくなり天気が良くないと、道路の様子をお見せ出来ない季節になってまいりました。だから、公式HPにもある写真で説明いたします。マーティンさんが、歩道に腰掛けて鋭い眼光で通過する車を見ること15分。高低差約5mの橋です。後ろにある軽車両に高さで高低差が解るかなってとこです。しかも、橋を渡りきると、見通せるのですが、右カーブになっています。しかも、渡る前の直線道路は200mくらいあったと思います。つまり、200m直線→高低差5mの橋→うっすら右カーブ→直角左ターン という、ドライバー泣かせのポイントとなりそうな地区なのです。しかも、路面のアスファルトは轍となって削られているのです。マーティンさんは15分の観察の後、『OK、OK、橋のデザイン自体は欄干を見れば解るが、申し分ない。しかし、路面は坂の途中はアスファルトを足し、橋の頂上付近はアスファルトを削って、路面を補修しなくてはいけない。』風なことを言っていました。ここは、レーストラックの候補地のひとつであることは 間違いないのであります。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-12-08 21:18:15

運河出口

テーマ:小樽の様子

運河にかかる橋 運河が海に注ぐところにある月見橋です。コースデザイナーのマーティンさんが地べたに座っているのが公式HPにアップされてます。少したそがれていましたが、車がジャンプしそうな傾斜になっています。チャンプ・カーならぬジャンプ・カーになりそうな・・・。しかし、ロケーションは最高です。ここから見える白い船は、第一管区海上保安庁の船3隻で、ここが彼らのベースになっています。また、左手の建物(港湾福祉センター)の屋上あたりから橋通過する車を撮ると、海面も一緒に写ります。多分。結構いい写真になると思うのですが・・・。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。