百年に一度と言われる不景気の中、K株式会社では、増員のチャンスととらえ、積極的に求人広告を出し、面接を繰り返していた。その際、ある主婦(おそらく40代後半)が面接にやってきた。面接の約束時間は、14時にもかかわらず、14時20分に到着した。
AD