倅がまだ幼い3歳の時に



博多へ訪ねて参って



同室の歌江さんこと
ウタコと



喜んで遊んでいたのが10年前。




この写真が引き出しから出て参り



感慨深くなる。



ウタコは倅の誕生日に亡くなられたので



彼は誕生日に、ウタコに手を合わせる



ケーキのローソクを吹く際に

歌江さんにもケーキを切ってお供えしよう。

甘いもの好きだったよね。



神様のところに
出会った素敵な人達はたくさんいる。と



ウタコが亡くなられた時に教えた事を信じているピュアさ



こちらも心が綺麗な少年を目前に
少したじろぎます。



ウタコが子守唄を歌って
倅を寝かせてくれて
芝居の場に居合わせたような頃



言葉が通じていたのかいなかったか
甘える子と可愛いがる老婆に見えた



花見月に入り
3月26日を想います。