あ、えーともぐもぐ














なぜ龍一が参加してくれたかは、、









遡る事キョロキョロ











昨年10月の南座新開場のパレードにむけてイヒ












龍生の袴を選んでおりました中、イヒ













桂太郎が、研修生の時に兄の松助に教わった最期の世代でした。ほっこり













松助が亡くなった際の、形見分けに
袴を頂きました。
けれど、寸法が小さいものなので、
松助さんがお若いときのものか、
もしかすると松也さんのものなのかもしれない。
今の龍生に合う寸法かもしれないから。と、











持ってきてくれました。うーん













実際、龍生は脚が長いと、よく言われるのですが、龍生にも短かった。










ただ








松助のものを開いた時に、











松助がとても近くに感じて










松助と南座に行こうかと










思えたものでございました。










音符音符音符










そんな話も松也にしたくなってもぐもぐ










松也をみつけたときにもぐもぐ










来年「挑む」はどうするんだいうーん?












聞いたらば?












「挑む」は松也の自主公演です。流れ星













開催しない動きのようでしたんでぶー













私の方で、舞踊公演か、何かしらイベントを開催したい旨を申し出てもぐもぐ










キラキララブ要員に、御願いしました。











松助の袴からお願い家族でやらせて欲しい。と










繋がったお話です。











松助への祈りもこめて









お願い走れメロス










お楽しみに