<他の入居者との家賃の違い>(1)#賃貸借契約問題   Q&A Vol.25-1 | 内閣府認証NPO法人日本住宅性能検査協会 建築・不動産ADR総合研究所

内閣府認証NPO法人日本住宅性能検査協会 建築・不動産ADR総合研究所

「日住検」は建築・不動産を巡る紛争の予防および解決を目的とする第三者機関。有識者による7つの専門研究会、弁護士や一級建築士等による第三者委員会で構成。客観的な立場から公正・公平な評価を行ないます。
無料相談受付中 03-3524-7215(代)


#賃貸借契約問題   Q&A Vol.25-1(第347号)


<他の入居者との家賃の違い>(1)

(質問)

住んでいる物件の他の部屋の入居者募集がが数千円安くなっていた
そこで、管理会社に、家賃減額をお願いしたら、「いやなら退去してもよい」と言われてしまった。
何とか、家賃減額を勝ち取る方法はないのでしょうか?

(回答)

借地借家法上、近傍同種の物件と比較して、家賃が不相当となった場合には、家主・借主のどちら側にも、賃料の増減請求権が認められています
したがって、法的には、家賃の値下げ交渉を行う権利がありますが
だからといって、素直に家賃値下げに応じてくれるかどうかは別問題です。

管理会社が、「退去していい」と言っているとのことですが、本気でそのように言うはずはありません。
退去者が出ても、「満室保証」などを行っていない、通常の管理委託契約であれば、管理会社自体の収入はダウンしませんが、家主の収入は明らかにダウンします。

万一、家主の収入ダウンを促進するようなことを、管理会社が行えば、
家主に対する背信行為となります。
家賃値下げ交渉は、管理会社を相手にしても、あまり意味がありません。
家主に対して行ったほうがよいでしょう。
管理会社との交渉がうまくいかなくなったときには、家主と直接交渉するほうがよいかもしれません。