パウエル議長の議会証言を受けての市場は!? | 場勘ハンターおたまるのブログ【商品先物版】

パウエル議長の議会証言を受けての市場は!?

メールサービスメンバー募集します

ここをクリックして入ってください

 

 

小生『これは日本生命が悪い』

🐱『名前と生年月日さえ分かれば日本生命の契約者の電話番号、住所がわかるシステムを気軽に社員が見れるのがおかしいです。』

小生『以前、契約した顧客の奥さんが日生で、貴方の住所はここですねってプリントしたの見せられた。幸い変な客ではなかったので良かったのですが・・』

🐱『怖いね』

小生『こんなことも以前勤めていた会社であった』

 

31歳の小生内線電話に出る

内勤※らた『日本生命の生命保険入ってますよね』

小生『入っていますが、個人で入っているんで』

内勤ば※た『担当者を※※部長の奥さんに替えてください』

小生『は?』

内勤ばら※『※※部長亡くなったので、会社として奥さんを支援することになりました』

小生『お断ります。あと、個人情報を外部の人間に漏らしたあなたの責任を問います』

内勤※※※『専務に言われてやってます』

小生『なら、専務の責任を問います』

 

🐱『31歳のおたまる尖ってんな』

小生『マジ切れしたで。社員の生年月日、氏名の個人情報漏らすか?』

🐱『でも、それだけで個人情報わかる日本生命のシステムが悪い』

小生『未だに、生年月日、氏名で、全顧客のデータ、一般社員が見れるのおかしいでしょ』

 

 

ブログの無制限で公開継続の条件は  

2000ポイントです。

 

下のボタン、押してください。お願いします

下のボタン押してあげて🐱

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へにほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へにほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

 

さて、注目のパウエル議長の議会証言ですが・・・

 

 

9日パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長

『最近のインフレデータは2%への穏やかな進展を示唆』

『会合ごとに政策決定を続ける』

『我々が直面するリスクはインフレの上昇だけではない』

『より良いデータが増えればインフレに対する確信が強まるだろう』

『労働市場は強いが過熱してはいない』

『インフレが持続的に2%に向かうという確信をさらに高めるまでは利下げは適切ではない』

『1-3月期のデータはより高い信頼性を裏付けるものではなかった』

『労働市場は完全にバランスを取り戻したようだ』

『次の動きが利上げとなる可能性は低い』

 

市場が思っていたほどハト派ではなかったのでは??

 

下記は昨日の米金利

米2年債利回り:4.618(-0.0105)
米10年債利回り:4.2939(0.0156)
米30年債利回り:4.489(0.0244)

 

米金利はマチマチ小動きでしたね・・。

 

下記は米2年債利回り30分足

クリックしてください。大きくなります。

 

議長の議会証言中は2年債利回りは上昇しいてます。

やはり、それほどハト派ではなかったということの反応でしょう。

 

 

下記はNY金15分足

クリックしてください。大きくなります。

 

パウエルFRB議長の議会証言以降に下落の動き。

最終的にはアジア時間比で変わらずでした。

 

 

次は為替

下記はドル円15分足です

クリックしてください。大きくなります。

 

パウエル議長の会見以降にドル円は上昇していますね。

市場の警戒ほど議長会見がハト派ではなかったことは、ドル円、米金利から示されています。

 

 

 

白金は…ほぼ割愛

 

金市場以上に下げているが、もう一段下げるか見てみたい。

 

 

(茶々丸の茶ペン先生)

P議長の議会証言は7月利下げが警戒されるほどハト派ではなかった。
 

 

 

もっと読みやすいブログにします

ボタン押してください。お願いします!

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へにほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へにほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ