ニュージーランドのワイン産地 ホークスベイ | おたおたブログ ~ニュージーランド セントラルオタゴワイン専門店 ワインショップおたご屋ブログ~
2011-07-10 23:18:20

ニュージーランドのワイン産地 ホークスベイ

テーマ:ブログ

夜に勢いで書いた日記を


朝冷静になって読み返すと、


かなり恥ずかしい内容だった・・・




この記事もそんな感じで


7月10日の晩に勢いよく作成、


アップロードしました。




が、今(7月11日)の朝に読み返して


恥ずかしくなり画像や文章を


慌てて手直ししました。




皆さんおはようございます。


ケニーです。






____________________________________






今回はNZの北島にあるワイン産地


ホークス・ベイ Hawkes Bay

と呼ばれるエリアについて書きます。




おたおたブログ ~世界最南端のワイン産地オタゴワイン専門店 ワインショップおたご屋 ブログ~





ホークス・ベイはニュージーランドの北島の東部、


ギズボーンの南に位置するワイン産地です。

中心の街は日本のティシュペーパー「ネピア」の


名前の由来となった街ネイピア。


南太平洋に面した温暖な海洋性気候、潮風により


日中の温度差が激しい気候となっています。






北島最大の生産地で、国内ではマルボロに次いで


2番目の生産量を誇ります。






僕がワイン産地としてこのホークス・ベイで考える最大の特徴は土壌です。

「ギムレット・グラヴェルズ」と呼ばれる扇状地(グラヴェルとは砂利の意味。)は

名前の通り石ころだらけ。






おたおたブログ ~世界最南端のワイン産地オタゴワイン専門店 ワインショップおたご屋 ブログ~





この砂利が太陽の光を反射、太陽の熱を蓄えることにより、


夜間でも気温が平均気温が10℃を下回ることのない


ワイン栽培に理想的な環境といわれています。




このホークス・ベイはニュージーランドのピノ・ノワール以外の


赤ワイン用品種、カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、シラー等をはじめとする


ブドウ品種の約7割を栽培、ニュージーランドのボルドータイプのワインや


シラー等の赤ワインの代表的産地となっており、

特に「ギムレット・グラヴェルズ」エリアのものは評価が高いです。




ニュージーランドのホークス・ベイのワインでギムレット・グラヴェルズのブドウを


使用しているものには、ラベルや名前に


「ギムレット・グラヴェルズ(Gimblett Gravels)」


表記されていることが多いので、この名前を見かけたら、


「おおっ!!」


って思ってほしいですね。







赤ワインが有名ですが、温暖な気候から


トロピカルなシャルドネやソーヴィニョン・ブラン、


ピノ・グリ、ヴィオニエ等の白ワインも非常に素晴らしいものが多く、

このエリアのシャルドネは個人的に好みです。




非常に高品質なワインを輩出しているのにも関わらず、


ホークス・ベイの産地の知名度は

日本ではまだまだ低い気がしますね。










このエリアのシラーなども


個人的にとても好きなので


いいワインが見つかり次第、


扱いたいと思っております。




(2015年3月追記)
念願叶って、ホークス・ベイのシラー
ティンポット ハット シラー2012
入荷しました。

http://otagoya.com/?pid=87872783







ほなまた、ケニーでした。






ワインショップおたご屋 ブログ担当 ケニーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。