すでに「週間現代」などで報道されていた事実が、事件に発展か


週刊現代などが報道し、市会で、われら無所属クラブ議員が追求してきた問題の結果が、明らかにされてまいりました。


一昨日

横浜市長であった中田宏が、自身と交友関係にあった「奈々さん」が

「結婚すると言って体を奪われた」として開いた記者会見を、名誉毀損

として、奈々さん等を刑事告訴した事件は、その後の調査によって、証拠提出された中田と奈々さんの交換メールが真正なものと認められたりしたことにより、不起訴処分となりました。


このメールをもとに、「不倫報道」を行った週間現代を中田が刑事告訴していましたが、当然にこれも、不起訴処分となる見込みです。


奈々さんの、中田に対する「結婚詐欺・慰謝料請求訴訟」において、

中田は、証拠提出していた「交換メール」を、奈々の自作自演であり

偽ものと訴訟答弁していましたが、刑事事件で、メールが、本物とされたことから、今後は、窮地に立たされると思います。


これから、公共物を私して、市民に莫大な損害を与えた事件が、

次々に、暴かれていくことでしょう


恐ろしいのは、全体の奉仕者であるべき公務員が、市長に加担して

悪事の片棒を担いだ形跡があることです。


横浜市政では、とんでもない事実が明るみに出てまいります。


横浜市会議員として、恥ずかしく、申し訳ないことですが、

膿は、出しつくさなければなりません。


私は、明日の横浜の為に、命をかけて、問題を解決してまいります。