クライアントさんと話していると、
お腹が張って苦しいんです、、、、。
ガスが沢山でるんです、、、。
と訴えらえる方は、何人もいます。
 
 
オステオパシーでそういうのって、
改善されますか?と聞かれます。
 
またそれを期待していなくても、
身体の調子を聞いた時に、
苦しさを訴えます。
 
オステオパシーは、手技療法です。
手で身体の骨格の歪みを矯正することで、
妨げられていた身体の生理的な機能を
活性化します。
 
循環が改善し、血流が良くなったり、
リンパの滞りがとれて、むくみが解消したり。
もちろん、腰痛、頭痛、背中の痛みが
解消したり、などなど。
 
オステオパシーには、内臓テクニックも
あるので、内臓にもアプローチできます。
 
 
ただガスが溜まって苦しい。
お腹が張るっていうのは、
何が原因で起きているのかが、
よくわからず、
何を改善してあげればいいのか、
わかりませんでした。

前にネットニュースで見た
ある女性の写真に衝撃を受けました。
 
お腹が張った時の写真だったのですが、
まるで妊婦さん。
そして翌朝、スッキリとへこんだお腹。
その落差にビックリ!
朝の写真では、スタイルの良い女性でした。
 
短時間で、急激に膨らみ、
そしてまた、へこむ。
この原因は、、、?
 

私にも思い当たることが、、、。
 
ある夜、気が付きました。
そういえば最近、寝る時に、
お腹がすごくゴロゴロいって、
ガスが溜まって苦しい、、、。
お腹がポコンと膨れて、
苦しくて眠りにくい。

でも朝には、治まっているのです。
なんで、、、?
 
私は、ここ半年程、
緩やかな糖質制限をしています。
 
今までは、夕食後にテレビを見ながら、
お菓子を食べてましたが、
それを絶つために、まずは
替わりのモノを用意したのです。

それは、身体に良いと言われる、
ナッツです。
ミックスナッツを1kg買いました。
 
ここのところ、毎晩、
そのナッツを食べていたのです。
お腹が張るのは、この後です。
ナッツが原因なのかなぁ、、、。

そういえば前に読んだ本で、
「ナッツは、ココナッツ以外は
 安心できない」
って書かれていたっけ?
 
ココナッツ以外のナッツは、
カビ毒などの毒素リスクが高くて
酸化しやすく、
炎症性のオメガ6脂肪酸が
高濃度なので、やや注意食品だと、、。
 
改めて読み返してみてみると、
アーモンド、カシューナッツ、
ヘーゼルナッツ、クルミ、、、
ハイリスク食品寄りになってますね、、、。
 
ナッツには、フィチン酸が多いので、
食べる際には、水に浸けるか、
発芽させるか、もしくは両方やる
のがいいそうです。
そして、食べるのは少量にすること。
 

ナッツは、身体を炎症させる
ハイリスクに近い食品になるのです。
 
特に私のナッツは、小分けパック
じゃなかったし、
連日で1ケ月くらい食べ続けていたし、
最近、ちょっと量も増えていたのかな。
 
 
まずは、ナッツ止めてみました。
すると、、、
お腹が張りませんでした。
 
ナッツかぁ、、、、。
ガッカリだけど、仕方ない。
 
そういえば、本ではチアシードも
ハイリスク食品分類されてました。
チアシード、好きだったのに、、、。(泣)
 

お腹が張って苦しい時は、
その前に食べたものを
思い出して下さい。
 
それは、合わない食品を
摂取した可能性が高いです。
 
その食品に含まれる
毒素に反応したり、
その食品に対して、
不耐性があったりします。

今回、私はナッツでした。
あるクライアントさんは、
大好きなお蕎麦でした。
 
その食品、しばらくやめましょう。
もしくは、連続で食べるのは、
やめましょう。
今回、私が読み返した本は、
以下です。↓

「シリコンバレー式
 自分を変える最強の食事」
     2015/9/18
 デイヴ・アスプリー (著),
 栗原 百代 (翻訳)

著者の熱い探求心が伝わる、
とてもタメになる面白い本です。
とってもオススメです。(^-^)/
 

●●● オステオパシー整体院「Harmony●●●

<<優しい原因追究型のオリジナルアプローチで身体スッキリ>>
「池袋」東口(22)出口より徒歩4分…PARCO側出口です。
〒170-0013東京都豊島区東池袋1-36-7
アルテール池袋409号室
Tel:03-3986-5793
mail:osteopathy-0802@osteopathy-harmony.com
URL:http://osteopathy-harmony.com/

 

 

セラピスト:神 永 Osteopathe D.O.

欧州基準 仏政府認定オステオパシー最高資格
Diplome d’Osteopathe取得済
.
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
.
.
.