頑なにカルテを渡さない錦糸眼科 | 30過ぎたおっさんの無意味言

30過ぎたおっさんの無意味言

猫派です。デブなのでダイエットします。

レーシック手術を受けて不具合を抱えてしまった場合、自分の眼の状態を知るためにもカルテの確保が必須になります。

普通のクリニックは簡単にカルテを開示してくれて、コピーもくれるのですが、錦糸眼科だけは違いました。

錦糸眼科はカルテを決して渡さず、コピーもさせないのです。

なぜなのか?

そんなの決まっています。

やましいところがあり、訴えられるのを避けるためです。

 

私は粘り強く交渉し、カルテを見せてもらい、手書きで別紙に数値などを書き写しました。

その時に思ったのは「こんな簡単な数値とかだけでよくも手術をしたもんだ」である。

そこらにある安価なメガネ屋の検査結果と大差ない内容のカルテ。

隠したがるわけである。

錦糸眼科は、それほど杜撰なところでした。

まあ、そんな隠ぺい行為も空しく、訴えられて閉院に追い込まれたわけですが。

 

ちなみにXクリニックで再手術を受けた際、錦糸眼科のカルテは不用でした。

 

錦糸眼科みたいなところはないとは思いますが、別のところで見てもらう際に基本的には必要なので、カルテは持っておいた方が良いと思います。

レーシックを受けないこと、受けても不具合が出ないこと、それらが一番ですけどね……。