入院した夕方より点滴治療、モニター管理が開始となりました。
しんどさが勝っていたため、モニターを特にいじることもなく、ごろごろしたり、寝てくれたりとそこまで困らなかったじろう。

消灯時間も過ぎた22時すぎころ。
見回りと点滴の確認に来た看護師さん。
私も寝ていてそれまで気づかなかったのですが、点滴の固定部分が濡れているとのことで、再固定しますと。

そりゃーお願いします!
となるわけですが、点滴が抜けたら大変なので、看護師さんふたりでするのですが、ひとりは新人さんなのか、手際が悪くて……(私にもこんな時ありましたので、いらいらすることもなく、暖かい眼差しで見てましたよ!(笑))
それで息子が起きてしまいギャン泣き😒💔
大部屋の4人部屋は満員だったのでちょっときまづい😂
他の子はじろうより大きい子だったので、しっかりお話出来るので、会話も筒抜け。
起こしちゃって申し訳なかったです。
ただ、大部屋だから、お互い様ですしね。
もうね、仕方ないです。

で、再固定してくれたのですが、1:30頃再度見回りで見てもらうと濡れていると。
はい、再固定。
はい、ギャン泣き。
今回はギャン泣きに加えて動きもあって、私もじろうに覆い被さるように固定しました。
が、私も睡魔と戦ってましたので、ちゃんと固定できず……(笑)

たぶんルートとの接続部が緩んでいたみたいなんですけど、ホントに?って思ってしまって😭

この点滴が息子の人生を左右するくらい大事な治療なのに(大げさ)ちゃんと点滴入ってるよね?血管外に漏れてたらなんの意味もないんですけど!!!
と、心の中で思ってましたが、その深夜に再固定してからは漏れずに、再挿入にいたらず、安心しました。

で、入院2日目。
ご飯も幼児食ですが、パクパク食べてくれて、量は一歳用とかではなく、みんなと同じ量なので、残すのが普通ですが、半分以上食べてくれて、一安心。
ただ、朝はパンばかり出していたからか、おかずしか食べず米はほとんど残してしまい……
毎食朝をパン食に変更してもらいました😒💔

私の楽さとかでパンにしていたことを少し反省しました😭

そしてもうひとつ問題点。
朝御飯の時間が遅いこと。

いつも仕事の時は7時にはご飯を食べ始めるので8時にならないとご飯が来ないので、その間なだめるのが大変でした。
持ち込み食も禁止でおやつも持ち込みはダメだったので、じろうは『パンパンー😭😭』とお腹すいたアピールがすごかったです………。


こんな感じで……(笑)

抱っことおもちゃでなんとか紛らわす。

ゆっくり寝てくれると助かるのですが、生活習慣についてはみんな一緒で回りの子達も、普段保育園や幼稚園で早起きなんでしょうね。
5:30とかには起きてて、めっちゃ遊び始めててその声でじろうも目が覚めるっていうパターンでした。

やっぱり大部屋は大変です😭




さすが、免疫グロブリン。
2日目の昼には熱も下がり、じろうは元気一杯に。
酸素モニターを外すばっかり。
点滴中はベッド上安静なので、可哀想でしたが、柵をもってひたすら、つたい歩き。



これで体力消耗してもらって昼寝をするって感じでした。
で、その日の夕方には点滴は終わりましたが、効果が得られなかった場合追加投与があるとのことだったので、ルートはそのまま残したまま、モニター類だけはずしてもらえました。

その日の夜は点滴をしてなかったので、見回りも少なく、ぐっすり寝ることができました。