こんにちは。Tomokoです。

ご訪問いただきありがとうございます。

わたしのことについては→ このブログとわたしのこと

 

 

キラキラスターキラキラスターキラキラスター

 

ありがとうございます♡
読んでいただいて参考になったと感じて下さったら、ぜひ応援してください。

ポチっとひと手間ですが押してくださるとうれしいですお願いキラキラ
よろしくお願いいたします♡

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村

 


にほんブログ村

 

?

OSHO禅タロットの解説書をお持ちの方、もしくはアプリをダウンロードされている方、まずは、このカードのOSHOの言葉を読みましょう。

リーディングの最も深い読みはOSHOの言葉です。分からないまま何かを感じながら読む、ということ自体がリーディング力を上げていきます。

 

き

 

内側に向かう : Turning
<小アルカナ:水:感情>
 

<カードの読み解き>

 

小アルカナは4つのエレメントに分かれています。火・水・雲・虹。 四大元素です。雲は四大元素では風。虹は、土。

「内側に向かう」のエレメントは水。水は感情。水のテーマは感情と受容です。

 

き(深さ1) 

「ない」と感じているものを追いかけず、「ある」ものを見る。
探しさまようのを止める。

 

 

きき(深さ2)

このカードのOSHOの言葉は、人が何かを探し求めている精神状態をとてもよく描写しているのですが、タイトルの「内側に向かう」からカードのメッセージを読むのが難しく感じられてしまうカードです。

それは、人は「内側に目を向けなさい」と言われると、ついつい何が間違っているのか原因を探してしまいがちだからです。

けれど、むしろ「それを止めなさい」と言っているカードです。

 

ききき(深さ3)

OSHOの言葉です。このカードはOSHOの言葉を何度も読んでみることを特におススメします。
その言葉の一部です。
「内側に向きを変えることは、向きを変えることではまったくない。 ・・・・(中略) 内側に向きを変えるということは、あなたがあれこれと欲望を追いかけてきて、追いかけるたびに何度も何度も欲求不満にみまわれつづけてきたことを意味しているだけだ。・・・(中略)欲望を通しては満たされることはないということだ。あなたはけっしてどこにも行き着かないということ、満足することはありえないということだ。」

何かがうまくいかない、では内側を見てみよう、と向きが変わったその瞬間は「内側に向かう」というあり方なのです。
ですが、そこからずっと原因を探しつづけるのは、欲望を追いかけるとの同じことになっています。
そのことをとても詳細で繊細にOSHOは言葉にしています。

 

 

きききき(深さ4)

さらにOSHOの言葉です。
「この、欲望を追いかけてもどこにも行き着かないという真理を見て、あなたは止まる。止まろうと努力したら、またしてもそれは追いかけることだ――微妙な意味で。あなたはいまだに欲しがっている――あなたが欲しがっているのは、今度は無欲かもしれない。」

とてもよく描写してくれていると思います。この感じは多くの方が分かるのではないでしょうか。まさしくもがいている時が(深さ3)のOSHOの言葉からこの4の言葉なんですね。

これらは全部、「追いかけている」あり方です。そしてこれを止めましょうと言っています。

 

 

ききききき(深さ5)

では、どうしたらよいのか?
解説の言葉で、「このイメージの女性は、かすかな笑みを浮かべています。じつは、彼女は心(マインド)のたわむれをただ見守っているのです――。それらを判断せずに、止めようとせずに、同化せずに、まるで通りの往来か池の水面のさざ波でもあるかのように、ただ見守っています。」とあります。

瞑想とはこうあるものだ。という言葉も最後の方で出てきます。自分の中で湧いてくるものを否定も肯定もせずにただ見守ること。余分な力をそこに与えないこと。

と同時にわたしたちは日常生活をして生きていますので、目の前に見るべきことやるべきことがあるはずです。それを、「わたしの欲しい物じゃない。わたしのしたいことじゃない。わたしの求めているものじゃない。」と見てしまっていないか、改めて自分に問いかけてみることも必要でしょう。
目の前のことを受け取っている人は、「無いと感じているものを探し求める」ということをしなくなります。そうすると、湧いてくるいろんなマインド(欠乏感や不足感になっている欲望)をただ眺めることもしやすくなるでしょう。

 

 

 

き

 

Turning inwards is not a turning at all. Going inwards is not a going at all. Turning inwards simply means that you have been running after this desire and that, and you have been running and running and you have been coming again and again to frustration.
That each desire brings misery, that there is no fulfillment through desire. That you never reach anywhere, that contentment is impossible. Seeing this truth, that running after desires takes you nowhere, you stop. Not that you make any effort to stop. If you make any effort to stop it is again running, in a subtle way. You are still desiring--maybe now it is desirelessness that you desire. If you are making an effort to go in, you are still going out. Any effort can only take you out, outwards.
All journeys are outward journeys, there is no inward journey. How can you journey inwards? You are already there, there is no point in going. When going stops, journeying disappears; when desiring is no more clouding your mind, you are in. This is called turning in. But it is not a turning at all, it is simply not going out.

Osho This Very Body The Buddha, Chapter 9.

 

き

 

 

 

矢印アプリでリーディングできます。

OSHO禅タロット無料アプリ
OSHO禅タロット有料アプリ(課金なし)

 

しずく

LINE@で マカロンOSHO禅タロットバーチャルCafeカップ 始めました!

友だち追加
アゲアゲ↑アゲアゲ↑アゲアゲ↑ こちらクリック

 

お友達登録は上の画像をクリックしてください。お友達登録ページに行きますので、そこで「追加」というボタンを押してください。

パソコン画面の場合、QRコードに飛びます。<LINE ID @xum7523o>