矢野野球の行方     押川  (スポーツ) | 押川雲太朗の万事いいかげん

押川雲太朗の万事いいかげん

漫画家 押川雲太朗のブログ。日々の何でもない事や、たまに仕事の告知など、書いていきます


テーマ:

プロ野球が開幕してから10日。

 

3カード9試合が行われ、

タイガースは4勝5敗の借金1。

 

東京ドーム三連敗という屈辱があったことを考えれば、

上々のスタートだと思います。

 

とはいえ、今年も最下位なら

シーズンオフには「矢野監督解任」などということになるのが

この世界の常であります。

 

一体矢野監督はどんな野球をしようとしているのでしょうか。

 

去年、二軍監督時、「超積極野球」を掲げ、

記録的な盗塁数を打ち立て二軍優勝を成し遂げましたが、

これをそのまま矢野監督の野球と考えるのは

違うと思うのです。

 

金本監督の就任前、

二軍のクリーンナップは主に

原口、中谷、陽川といったメンバーでした。

 

彼らは皆、足は遅いが長打力が期待できる、

いわゆる将来の四番候補です。

 

ところが金本が監督に就任し、

彼らを一軍に上げ、どんどん起用しました。

 

それぞれ活躍する時期はありましたが、

レギュラーをとるまでには至らず、

それでも一軍に帯同するようになりました。

 

その状況で二軍監督となったのが矢野です。

 

二軍には長打力はないが、

スピードのある選手たちが残されました。

 

熊谷、植田、島田、高山、江越といった面々です。

 

四番を板山が務めていたというぐらいですから。

 

こうなると、走りまくるしかありません。

 

つまり、状況が走りまくる野球を選んだのであって、

矢野監督の目指すものとはいえないと思うのです。

 

もちろん、戦力を十分に把握し、

優勝に導いたという手腕は十分に評価されるべきだと思います。

 

しかし、一軍のメンバーと二軍のメンバーは違います。

 

また、二軍のメンバーを一軍で使っても、

二軍のように塁に出たり盗塁できるとも思えません。

 

クリーンナップに座るバッターまで

盗塁するなどという野球ができるわけないのです。

 

ただし、甲子園でペナントレースの半分を戦うということを考えた場合、

長打力で勝ち切ることは難しいと思われます。

 

ホームランの出にくい甲子園では、

少ない点数を守り切る野球をするしかないのです。

 

そのためにはまず投手、特に中継ぎ投手をそろえる事、

そして守備力と走力のある選手を使わなければなりません。

 

一点を守る野球では守備範囲の広さが勝負を分けます。

 

また、僅差のゲームで一点をとるためには

走力が突破口になるのです。

 

去年の阪神はそれとは違うチームでした。

 

結果があらわす通り、狭い球場では打力で勝つものも

甲子園では走力のなさと守備のミスが目立ち

競り勝つことが出来ませんでした。

 

オフにオリックスと中日の勝ち頭を獲得し、

メッセンジャーが日本人扱いになることで

協力な中継ぎ助っ人も獲得できました。

 

投手力は仕上がっています。

 

あとは走力と守備力をいかに確保し、打力を落とさないか

矢野監督の手腕に期待します。

 

4月7日日曜日のマツダスタジアム。

 

9対0で迎えた9回裏

 

完封へのマウンドに西野があがりました。

 

その守備陣は、

ショート植田、センター近本、ライト江越、レフト中谷でした。

 

「ああ…これが理想だな。」

と私は思いました。

 

もし彼らがスタメンに入って9点取れるならね…。

 

さあ、明日からホームゲーム甲子園の開幕です。

 

「東京ドームではやられたけど、

甲子園では絶対に勝たさんで。」

と巨人ファンに言いたいのです。

 

私の夢を叶えてください。

押川雲太朗さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ