今年のタイガース     (スポーツ)  押川 | 押川雲太朗の万事いいかげん

押川雲太朗の万事いいかげん

漫画家 押川雲太朗のブログ。日々の何でもない事や、たまに仕事の告知など、書いていきます


テーマ:

オープン戦とはいえ、タイガースが4連敗。

 

オープン戦の序盤だから気にならないとはいえ、

去年と同じで、点が入らないというところが気になります。

 

矢野は、監督就任時

「金本監督の野球を継承していく。」

というようなことを言っていました。

 

では金本のやりたかったこととは、何だったのでしょうか。

 

その理想は、生え抜きの中心選手を作って野球をすることだったと、

私の目にはうつりました。

 

特にクリーンナップを打つ選手を自前で育てることだったと思います。

 

だから、多くの若手にチャンスを与え、

その目も出てきたように思えますが、

残念ながら一本立ちする選手は作れず、

退任に追い込まれました。

 

矢野の言う「継承」はその部分であると

私は思います。

 

去年のタイガースが打てなくて最下位に沈んだことは、

誰が見ても明らかです。

 

ところが、目立った野手の補強はありませんでした。

 

それどころか、補強したのは良かったはずの投手。

 

中日とオリックスの勝ち頭を補強しました。

 

矢野の考えは、編成の考えなのか

それとも前監督である金本の考えなのかわかりませんが、

若い野手を育てようという意思が見えます。

 

つまり、全ては彼らにかかっているのです。

 

若手の野手の中から、一年を通して活躍する選手が

何人か出れば大成功です。

 

多分、タイガースの順位もあがるでしょう。

 

しかし、そうならなかったときファンとマスコミが騒ぎ出します。

 

矢野監督、一年退任という最悪のシナリオすら考えられます。

 

矢野はそういう厳しい現状であることを分かっていると思います。

 

就任挨拶のときの顔は厳しいものでした。

 

だったら応援するしかありません。

 

若手野手がグラウンドで大活躍し、

ベテランがベンチで見守るタイガースの未来を思い描きながら

今シーズンを見ようと思います。

押川雲太朗さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ