押川雲太朗の万事いいかげん

漫画家 押川雲太朗のブログ。日々の何でもない事や、たまに仕事の告知など、書いていきます


テーマ:

タイガース戦をほとんど毎試合テレビ観戦していると、

よくうつるファンがいます。

 

「また来てるよこの人。」とか、

「最近あの人見ないな。」とか思ったりします。

 

阪神ファンの間では、有名な姉妹がいます。

 

子供の頃からやってきて何年ぐらいたったでしょうか。

 

今は中学生ぐらいか、関東で行われるタイガース戦は全て

甲子園でも土日は必ず球場にやってきます。

 

つまり関東に住み、学校には通っているようです。

 

まるで座敷わらしのようにいるので、

わらし姉妹などと言われています。

 

シーズンが終わり、開幕するまでの期間見ないでいると

少し成長しており、「おおきゅうなったな。」などと

全国の阪神ファンが親戚の子を見るかのような目で見ているのです。

 

彼女たちは毎試合映ります。

 

二人ともかわいいということもありますが、

いつもプラカードを持ってそれを見せているのです。

 

「かっとばせ糸井。」

「誕生日おめでとう鳥谷。」

名前と文句は別々のカードになっていて、様々なパターンを見せてくれます。

 

前に書いた文句は、正確ではありませんが、

なかなか気の利いた文句で、

そちらにカメラを向けざるを得ないのです。
 
想像するに、プラカードの数は相当な数で
持ち運ぶのも大変だろうなと思われます。
 
先日東京ドームで、秋山がホームランを打って完封しました。

 

試合後、秋山のヒーローインタビューを待つわらし姉妹の出したカードが

「虎の二刀流秋山。」でした。

 

よくそんなプラカードまで作っているなと思ってしまいます。

 

秋山が打たないで勝った場合は、違うプラカードがあるということなのでしょう。

 

「二刀流」というのも、今風だなあと思いました。

 

昔なら、江夏の再来といったところでしょうか。

 

 

ところで、インタビューで打撃のことを聞かれたときの

秋山の答えが歯切れが悪いです。

 

「野手でもいけるんじゃないですか。」と言われても、

「いえ、全然です。」という答えが帰ってきます。

 

秋山は高校時代、愛媛の西条高校で4番でエース、

高校通算48本のホームランを打ち、伊予ゴジラと呼ばれてました。

 

そのため、プロ入り後投手になるのか打者になるのか

騒がれました。

 

本人は「100%投手をやりたい。」と言い、

ルーキーイヤーに華々しくデビュー。

 

しかしその後、長く低迷が続きました。

 

その間「秋山はやっぱり打者の方が良いのではないか。」

という雑音が入った来たと思われます。

 

しかし秋山はそれを否定し続け、去年やっと花が咲きました。

 

だからあまり打撃のことは言われたくないという気持ちもあるでしょう。

 

しかし、そのバッティングセンスとパワーは誰にも明らかです。

 

そろそろ封印をといて、言っちゃってもいいんじゃないんですかね、

あのセリフ。

 

「野球は一人でもできるもんや。」

押川雲太朗さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。