傘  -そして- (日常) 押川 | 押川雲太朗の万事いいかげん

押川雲太朗の万事いいかげん

漫画家 押川雲太朗のブログ。日々の何でもない事や、たまに仕事の告知など、書いていきます


テーマ:

春雨の季節がやってまいりました。

 

去年の秋、雲プロの傘立ては、

もう刺さらないぐらいパンパンでした。

 
それが少しずつ減っていったのですが、
この雨に季節になって、またパンパンです。
 
もちろん、犯人は私です。
 
傘立ての傘が減ったのは、朝手ぶらで来て
帰るときに雨が降っていたのでしょう。
 
増えたのは、朝家から傘を刺してきて
手ぶらで帰ったからでしょう。
 
本人に自覚はありませんが…。
 
ということは、事務所の傘と家にある傘を合わせれば、
その本数は変わらないはずです。
 
ところが、家の傘があまり減っていないのです。
 
どうやら傘の総数が増えているようなのです。
 
またしても名探偵の推理が始まります。
 
一体この傘はどこから来ているのか。
 
ヒントは現場(傘立ての中)にあるはずです。
 
傘立ての傘をよーく見てみます。
 
すると、見覚えのない新しいビニール傘が
何本か刺さっています。
 
しかもこのビニール傘、全て同じメーカーの同じ種類の製品です。
 
一体この傘たちはどうやって…。
 
すぐにわかりました。
 
犯人は、一人ではないのです。
 
主犯はもちろん私、
家から傘を持ってきては傘立てに刺して帰っています。
 
しかし、同じことをやっている人間がもう一人いるのです。
 
雲プロは私とアシスタントの中の人と謎の三人。
 
中の人は常に折り畳み傘を携帯していて
傘を置きっぱなしにすることはありません。
 
そう、今度こそもう一人の犯人は謎です。
 
謎は天気予報を見ないので、
午後から雨という日でも傘を持ってきません。
 
帰るときに雨が降っていれば、雲プロのビニ傘を刺して帰ります。
 
それで以前傘立ての傘が無くなったときに
そのまま返してないのではないかと私に疑われました。
 
それもあって、持って帰った傘は必ず次の日に持ってきているようです。
 
それどころか、謎は自分の傘というものも持っておらず、
朝雨の降っているときにはコンビニでビニ傘を買って出社するのです。
 
そして私と同じ、帰るときに雨が降っていなければ
そのまま傘を置いて帰るのです。
 
同じ種類のビニ傘が何本もあるのは、
謎が同じコンビニで傘を買っているからなのです。
 
これはまずいことになりました。
 
傘が無くなるのも困りますが、
このままでは本当に傘立てに傘が刺さらなくなります。
 
謎に言うしかありません。
 
「傘立てから持っていった傘は、もう持ってこなくて良いよ。」
 
まったく私も謎も、自分の私物が管理出来ないダメ人間です。
 
まともなのは中の人だけ。
 
まあしかし、ダメ人間はダメ人間なりの工夫をして生きていくしかありません。
 
「傘は天下の周り者。」

押川雲太朗さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。