スーパーボウルの日   (スポーツ)  押川 | 押川雲太朗の万事いいかげん

押川雲太朗の万事いいかげん

漫画家 押川雲太朗のブログ。日々の何でもない事や、たまに仕事の告知など、書いていきます


テーマ:

アメリカンフットボールは秋に開幕し、毎週試合が行われます。

 

そして、2月のスーパーボウルの日にシーズンが終わります。

 

私は毎週面白そうなカードを録画して見ています。

 

月曜日に行われた試合を金曜日に見たりすることもあります。

 

アメリカンフットボールはマイナーで

誰かが結果を言ったりすることがないので

これで十分なのです。

 

ところがスーパーボウルだけの結果だけは別なのです。

 
全世界で放送される一大イベントだからなのかもしれませんが、
色んなとこから結果が漏れ伝わって来るのです。
 
朝録画したものを夜見ようとすると、
結果を知ってしまったり、
ほとんど結果がわかるような言葉を聞いたりします。
 
だから、スーパーボウルだけは
生放送に近い形で見るというのが毎年のことになっています。
 
しかし今年に関してはあまり面白くないカードだと思っていました。
 
「イーグルス?またスーパーボウルまで勝ち上がって負けるんでしょう。
しかも、ブレディーにボコボコにタッチダウンパスを決められて…。」
 
それで、録画をしたまま見ずに仕事をすることにしました。
 
仕事場ではラジオがかかっています。
 
ラジオの出演者でアメフト好きの人がこんなことを言うのです。
 
「ブレディー、あそこはやっぱり投げるよなあ~。」
 
結果が分かってしまいました。
 
なんとイーグルスが勝ったのです。
 
「あそこは投げる」ということは、
ペイトリオッツが劣勢の状況に立たされている、ということです。
 
そして、結果が悪かったということを表しています。
 
多分、試合の中盤ペイトリオッツが負けていて
追いつくために、ブレディーがロングパスを投げたということです。
 
そしてその結果はインターセプト。
 
家に帰ってすぐに見ました。
 
結果はそのとおりでした。
 
まあ、イーグルスの初優勝なので
それはそれで楽しかったです。

押川雲太朗さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス