☆親知らずについて☆

テーマ:
こんにちは!







今回は親知らずについてお話ししたいと思います。







親知らずとは、大臼歯(大人の奥歯)の中で最も後ろに位置する歯であり、第三大臼歯が正式な名称です。親知らずは中切歯(最前方の前歯)から数えて8番目にあり永久歯(大人の歯)の中で最後に発育します。

一般的には、上あごの左右2本と下あごの左右2本の計4本ありますが、もともと親知らずの無い人や、必ずしも4本が揃っていない人など個人差があります。親知らずの生えてくる場所が不足している、あるいは生える方向が通常と異なるために、埋伏(埋まった状態)していたり、傾いてきちんと生えてこないことがしばしばみられます。







親知らずは歯みがきしにくいことから歯周ポケットに汚れがたまり、歯茎が炎症を起こしやすいです。

さらに

・親知らず自体や手前の歯が虫歯になる

・横向きに親知らずが埋まっていて前方の歯に悪影響を及ぼす(歯並びが悪くなる)

・いつも食べ物がつまる、歯肉の腫れ、痛みを繰り返している

このような場合は抜歯することが適当と考えられます。






親知らずがあるかないかの確認や抜歯をする際には歯科用レントゲンやCTを使って検査します。生えている方向や根の数、周囲の骨の状態などを正確に把握するためには、CT検査が望ましいでしょう。






親知らずの治療や抜歯をしないまま放置しておくと、虫歯や歯周病の悪化を招くだけでなく、ほかの歯にも影響を与えることになります。歯並びの崩れや顎関節症の原因にもなるため、早めに対処することがおすすめです。






当院では親知らずの検査や診断、抜歯を行うことが可能です。もし検査や診断を行って当院での抜歯が不可能な場合は大学病院への紹介状をお書きします。親知らずについて気になることがあればぜひ当院へお越しいただき先生やスタッフにご相談ください!