ミニ発表会@ブリュッセル教室 | お喋り笛吹きの音楽&ベルギー見聞録 #4

お喋り笛吹きの音楽&ベルギー見聞録 #4

ヨーロッパの小王国ベルギーに住む笛吹き。フルートと篠笛での音楽活動、パリ&ブリュッセル篠笛教室主宰、ベルギーでの音楽祭・演奏会の主催しています。衣装で着物を着るようになってから着物大好きに。仕事柄海外で和洋折衷です。海外生活や自身の音楽活動記。


テーマ:
週末はブリュッセルのフルート教室でミニ発表会。帰国で本発表会に出られない生徒がいて、折角だから企画しました。
 
 
帰国する生徒は上級レベル。エネスコのカンタービレを演奏し、フランス(一応)近代曲はピアノと合わせるのも大変なのですが上手に吹かれていて、楽しそうだったのが何より嬉しいです。
 
アンサンブルではフランス人編曲の教会音楽みたいなさくらさくらモーツアルトのメヌエットで、最後がシンコペーティッドクロックを演奏。
 
早速買いたてのアルトフルートも使ってのアンサンブルに、生徒以上に大満足な先生(私)。
 
シンコペーティッドクロックは、特別ゲストを迎えてのパーカッション入りで出来て、お陰様で楽しさ倍増になりました音譜
 
吹奏楽でもパーカッションの人の忙しさって見てて楽しいのですが、今回の特別ゲストさんも、お一人でウッドブロック、鈴、スライドフルート(下のビデオ)と、お忙しそうでした!
 

 

スライドフルートは間抜けな音だけど、元々は真剣に現代曲の中で使うために購入したもので、子供劇公演とか、アンサンブルとか…「あったらいいね」「これを機に買うか」とかいって、どんどん楽器が増えていくのねー。
 
他にも、ギロ、鳥笛、鉄琴、鈴、磬子、アゴゴベル、カスタネット、太鼓、ピアニカなど、まだまだ沢山持ってるので、いつでも登場させる気満々です。
 
フランス近代音楽や、バッハなど真剣レパートリーを真剣に教えるのも楽しいのですが、楽しい曲で真剣に遊ぶのも楽しいのです。
 
 
講師演奏では、フルートの現代奏法でも見せようかなと、ノリノリのアルトフルートの曲を演奏。とかいって、本当はアルトフルートを自慢したくて仕方ないだけ。
 
 
古楽器って日本の生徒さんには特に馴染みが少ない楽器なので、もう一人講師の高橋さんには、専攻のトラベルソ演奏してもらいました。
 
お客さんは台湾人が多かった!聴きに来てくれた生徒のお友達もずっとニコニコ聞いてくれていて、アットホームでいい雰囲気でした。
 
ということで、たった30分の間に、たくさんバリエーションのある発表会が出来ました。
 
音楽がある空間はやっぱり楽しいですねぇ。
 
最後に。シンコペーティッドクロックの男声合唱バージョン
 
 
2018年、残り 43 週 頑張りましょうニコニコ 

 

今後の予定

 

3月15日(木)午後8時

@王立モンス音楽院ホール

ドビュッシーコンサート

エスタンプ

神田望美(フルート)

ダニエル・ルービンシュタイン(ヴィオラ)

イングリッド・プロキュルール(ハープ)

 

3月16日ー18日

Made in Asia

@ヘイゼル エクスポ

Atelier de flûte 

篠笛・箏

デモンストレーション

 

3月22日−24日

 @ストラスブール音楽院(フランス)

フュージョン・ジャポネーズ 

みやざきみえこ(箏&歌)

辻秀明(三味線&ギター)

 

4月6日ー7日

SaYonne'ara 

 in Sens (フランス)

Atelier de flûte 

ワークショップ&デモンストレーション

 

4月28日(日)

Matsuri Japan

 in ゲント

with 高橋雅芳(箏)

 

お喋り笛吹きさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス