室内楽のCDの発売 @ タワレコ、アマゾンなど | お喋り笛吹きの音楽&ベルギー見聞録 #4

お喋り笛吹きの音楽&ベルギー見聞録 #4

ヨーロッパの小王国ベルギーに住む笛吹き。フルートと篠笛での音楽活動、パリ&ブリュッセル篠笛教室主宰、ベルギーでの音楽祭・演奏会の主催しています。衣装で着物を着るようになってから着物大好きに。仕事柄海外で和洋折衷です。海外生活や自身の音楽活動記。


テーマ:

フルート&ピッコロ、ヴィオラを中心にした室内楽曲のCD、Early 20th Century Jewelsが、タワーレコードサイト、アマゾンなどで購入できるよう出来るようになりました。

 

 

タワレコさんは実際お店ではどうかわかりませんが、ネット上では可能ですので、近代室内楽曲に興味のある方特に、宜しくお願いします。

 

曲目はドビュッシー以外は(ドビュッシーでさえ)聞きなれないものかもしれませんが、フルート&ヴィオラレパートリー(という時点でレア物でしょっていう噂も)の参考にもしていただければ。

 

個人的にはシュルホフのピッコロの楽章(4楽章は途中でフルート持ち替えで高音域でわざわざ吹くという…)が楽しかったです。ピッコロで真剣な室内楽曲(でもこの楽章は可愛い系かな)吹きたい方には是非。

 

ドビュッシーはクラシック界では鉄板曲。ルーセルもヨーロッパクラシック界では良く聞かれる作曲家です(日本ではどうでしょうか?)

 

そしてカタカナ表記が曖昧なベルギー人作曲家、ヒュイブリュスツ(又は、ユイブレシュト、ハイブレクツ、アイブレクツ)アルファベット表記Huybrechtsのソナチネは、ベルギー関わる人間以外誰も知らない勢いだけれど、名曲なので聞いていただきたいです。

 

CDは英語解説のみにも関わらず、タワレコさんのサイトでは、”神田望美”の名前が漢字表記であり驚きでした。簡易な紹介もついていたので調べてくださったのでしょうか…自分の名前を殆ど漢字表記で見かけないので不思議な感覚です。

 

その他、管楽器のダクさん(@新大久保)、ムラマツフルート、山野楽器銀座本店フルートサロン、ミヤザワフルート東京アトリエ@池袋

 

では、わたしの他のCD2点、東京ブリュッセルトリオの1stアルバム、私の1stアルバムSky Echo ”空の響き”、も取り扱っていただいています。ムラマツフルートさんでは、季刊誌のCD新刊で紹介していただけるようです。

 

 

どこかで見かけましたら、宜しくお願いします。

 

 

 

2018年、残り49週と3日頑張りましょうニコニコ

お喋り笛吹きさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス