おしゃべり笛吹きのベルギー見聞録 in 三浦半島ナウ

おしゃべり笛吹きのベルギー見聞録 in 三浦半島ナウ

三浦→横須賀→ベルギーと過ごしたフルート&篠笛奏者、神田望美のブログ。人生の半分弱暮らしたベルギーを離れ、長唄篠笛と箏を勉強しながら横須賀拠点に音楽活動中。和楽器を世界に広める活動中♪フルートでも邦楽テイスト。日本の音楽が世界で実行される日が来ますように

また久々の更新。年末ということで、上半期の目標メモみたいなの読んでたら、ブログの更新でした。何を書くかですがね。

もともとオタク気質ではあるけど、最近、まわりが引くほどのオタクになろうって思ってます。

 

なぜか

 

それは、11月23日水曜日に、フランス近代音楽の演奏会@8Kギャラリーを行い、2019年にブリュッセル音楽院の生徒だったフランス人の作曲家のカプランさんが書いた篠笛の曲をようやく披露したことにあります。

 

サロンコンサートは、お馴染み、フルート&バイオリンレパートリー満載!安心と信頼の長浜恵子さんと

 

帰国してしばらくして、私がベルギーでやってたような、いわゆる”THEクラシック”は日本では本当に馴染みがなくて、敬遠されてしまうものなのだと理解しました。

 

そこに持ってきて、さらにこんな現代音楽は、きっとお客様はよくわからないだろうと思いずっと地元では避けてました。

でも、わからなくて良いのでということを説明し、私のイメージする感じを説明して聴いていただきました。こんな作品も存在するのですという紹介です。

 

クラシックは敷居が高い

でも、このクラシック音楽の敷居の高さは、クラシックの良さだと思うのです。特徴というか? 敷居を低くすると、なんだかクラシックの特徴もなくなってしまう気がして。

 

トルストイにはトルストイの良さ、赤川次郎には赤川次郎のよさ。高級フレンチにはその良さが、地元居酒屋にもその良さが。

 

 

確かに、クラシック音楽界にはウンチク垂れすぎて、知識のない人をバカにしようとする高飛車な人もいます。それは単純に性格が悪い人です。クラシック音楽に罪はありません。


ただ知識があればより楽しむことが出来る奥深さがあるのは間違いないのがクラシックで、むしろその敷居の高い部分を楽しんでもらえるようにしたいなと思う昨今


 

聴衆の方々に馴染みのある音楽をやらないと、楽しんでもらえないという面は確かにあるのでバランスも大事ですが、カヌレも20年前には日本にないけど、今はみんな知ってる。

 

 

そういうわけで、皆さんには馴染みのないものを馴染みあるようにする努力をする方が自分に向いてるなと思ったのでした。

 

 

聴衆の方に馴染みのない音楽を聴いてもらって一緒にディスカッションするのも、クラシックの醍醐味です。シューベルトサロンみたいな。ちょっとお洒落じゃないですか?

 

 

過去には、演奏会の曲を客が気に入らなくて聴衆が騒ぎを起こし、警察沙汰になったこともあるくらいです。そんな熱い時代もあったのかと、羨ましく思います。


中途半端に世の当たり障りのないところに寄り添っても芸術は生まれない。芸術は、ようは徹底したオタクですからね。

 

 

 

 

私は、知識こそいらないものの、ある種敷居越えに躊躇すると言われる、いくつかのコアな世界のコアなファンです。〇〇オタと呼ばれる系かもです。正直周りは引いてる人はたくさんいることでしょう。

 

しかし、周囲が引くほどのそのコアな世界の現場にいる人たちは、その独自の世界を満喫しており、その産業は栄えています。

そしてそのオタを続けること何十年も経つと、最初は引いてる人も、いや今でも引いてるかもだけど、同時に周囲は不思議と認めてくるなって感じます。

 

だからクラシックも堂々とクラシックして生きたい。時には恐ろしく長い演奏時間ですが、演奏会で寝落ちしながら、だんだんと長さにも慣れます。そこから、和音の美しさは時代によって違うことに気づき、音色の変化という繊細さがあり、その変化にも歴史や時代背景があり、そんなのを知るのも楽しい。はまればはまるほど楽しいなぁと思ってくれる人が増えたらいいな。

 

 

そして11月19日には、今年から運営・企画に携わっているJOYユースオーケストラの本番が先月19日にありました。

 

 

今回も、プロオケから何人かお呼びして一緒に演奏して頂いたり、1回目より、少し発展して大編成ドボルザークに挑戦。金管楽器が加わり更に若さというか元気が加わって、ユースのオーディションをして協奏曲したり・・・と、新しいこともあり、オーガナイズも楽しかったです。

 

 

今回、プログラムの解説をユースメンバーに書いてもらうことにして、募集したら「書きたい」と直ぐに挙手があり、意欲的で嬉しく思いました。若いエネルギーが私に希望を与えます。(もはやおばあちゃん目線)

 

 

このオケに全エネルギーを費やしたといっても過言ではなかった2022年です。ちょっとこのオケについてもまた書きたいと思います。

 

少しずつこの何百年もの歴史のある音楽の世界が広がったらな〜と思った11月でした

 

YouTubeページ1000人登録目指してます♪

篠笛&フルート演奏
コンサートライブ
色々企画
などなど
クラシック分野で4万5千回
篠笛では約8万回
再生
 
10万回再生目指してます
ぜひご登録ください!
今880人くらい
ーーーー

 

私の演奏をアマゾンでもご購入いただけます♪