お節介塾とは?

テーマ:

わたくし「おせっかい社長」こと渡辺千春が、「おせっかい」を始めたのは、
印刷会社経営時の2007年、今から10年前のことでした。
以来、「おせっかい社長」ブログで発信したり、
「おせっかい交流会」なども開催。
2011年には、印刷会社を解散させ、
「おせっかいサロン」をオープン。
本格的な「おせっかい活動」をスタートさせました。
そして、5年半が経った今・・・

「お節介塾」を始めます。

「おせっかいサロン」では、多くの方の相談に乗らせていただいております。
今回「お節介塾」では、共に世の中を良くする為の「お節介」の同志を創ります。

人生のお節介経験の中から、人にたくさんのお節介をすることで、
人から感謝され、
人から感動され、
人から信用され、
人から信頼され、
人から応援され、
人から協力され、
人から大切に思ってもらい、
人から愛され、
人から仕事も多くいただくようになり、
自分の人生がもっともっと充実して楽しくなり、日々幸せと感じられるようになりました。

一方、昨今では、陰湿な事件、
見て見ぬ振り、
自分さえ良ければよいという人、
他人への無関心、
社会へのあきらめ
心と心が通じていない表面の付き合い
未来への不安、、、
世の中の陰惨な事件の多くは、お節介の心があれば救えたこともたくさんあります。

今の日本の世の中にこそ、お節介が必要と思い、
「お節介で世の中を変える!」

これからは、自ら実践してきた「お節介道」をより多くの人に伝え、
お節介な人を世の中にたくさん輩出し、
お節介に溢れる社会を作っていきたい。
また、日本人にお節介(愛と思いやり)の文化を、
日本の後世に繋いでいくことが、自分の残りの人生の「集大成」と強く感じました。

お節介塾の「お節介」とは、「愛」と「思いやり」から成り立ち、
「節度ある介入」意味します。
その人の為に何ができるかを考え、
半歩先回りし、相手が喜ぶアクションをする。
「親切」を超越したものが、「お節介」です。

そこで、皆さんに、理屈でなく、日々人にお節介をすることで、
感謝→信用→仕事→→→幸せの上昇スパイラルになる。
ということをいち早く実感していただきたい。
そのための「お節介塾」なのです。
 

AD